最後の晩餐にはまだ早い


五反野「ジュモー」

 我家から自転車で行ける範囲内のパン屋は殆ど行ったと思っていたが、一軒だけ抜けていた店があった、それが東武伊勢崎線(スカイツリーライン)五反野駅近くにある「ジュモー」だった。店の存在は知っていたが、日曜日が定休だった事もあり、つい行きそびれていた。
 ある日WEB上でこの店のパンを褒めている記事を見て、これは行かなければならないと、猛暑の中だが愛車(自転車)を飛ばして行く事にした(笑)。
 店の場所は五反野駅を出てすぐ、高架下の道路を渡って右側、マクドナルドの裏手にある、開業は2008年9月なので間もなく満7年になるそうだ、ガラス張りで店内がよく見える様になっていて、店名の‘BOULANGERIE JEMEAUX’の文字が大きく書いてある。この外観はちょっとパリ、それも中心地ではなく14区とか15区辺りにありそうな小さなブランジェリーと云った印象で、東京下町的ではない(笑)。
 店は双子の兄弟で経営しているとの事で、店名はそれに因んだもの、仏語では男性の双子なら‘Jumeau’で女性なら‘Jumelle’、‘Les Jemeaux’は「双子座」の事になるが、‘aux’がロゴに入ると何となく格好いいから店名にしたのかも?まあ細かい事はいいでしょう(笑)。

     150806-1.jpg

 「パン屋には何時頃に行けばいいのか?」は、その店によって違うので難しい、個人経営店は製造量が少なく、おおむね午前中にはパンを焼き上げてしまうため、夕方行ったら殆どパンが残っていない店が結構ある、販売ロスを出さないために仕方ないと思うが、勤め人には厳しい処だ、特にこの店は日曜休みなので、行くなら土曜日しかない。
 この時は土曜日の午前10時頃だったが、ちょっと早過ぎた(笑)、まだ棚には余白があり、これから種類が増えそうだった、店内で待っている訳にもいかないので、置いてある物から3個選んで購入する事に。
 パンとは直接関係ないが、レジのお姉さんがモデルさんみたいに細くて格好いい(笑)、真っ白いシャツに黒のベレー帽と腰までのタブリエ、このスタイルがとても似合っている、他の下町パン屋では人生の渋みが出たみたいなパート女性が居たりするが、この店に関してはパリよりレベルが上かも知れない(笑)。

     150806-2.jpg

 家に帰って撮影と試食を、それぞれの印象と共に紹介したい、

        150806-3.jpg
・パン・オ・ヴルターニュ(税込 230円)
 「ブルターニュ」ではなく「ヴルターニュ」と表記されていた、リュスティックみたいな外観だが、実際にはもう少し柔らかくプレーンなパン、ブルターニュ地方にこの種のパンがあるのかは不明、粉と油脂が悪かったら不味いパンになってしまうと思うが、しっかり粉の旨味が感じられる素朴な美味しさだった。

        150806-4.jpg
・コロッケパン(220円)
 太宰治の「富士山には月見草がよく似合う」みたいに、「下町パン屋にはコロッケパンがよく似合う」(笑)。どうしてもブログに書いた一個千円越えの高級ハンバーガーと比較してしまうが、私にはこちらの方が安心して食べられる(笑)、過去食べたコロッケパンの中ではトップクラスの出来だった。

        150806-5.jpg
・アップルタルト(220円)
 これはいい出来だった、この種の物としては都心のカタカナを沢山並べた高級店に引けを取らないと思う、生地、フィリング、焼きどれも申し分なく値段も安い。名前だけの「外資」には騙されるな(笑)。

 WEB情報によると、兄弟はそれぞれ別の製パン大手で働いていたが、やがて二人で念願だった独立店を立ち上げる、選んだ土地が足立区五反野と云う濃い下町だが、競合相手もまだ少ないし、かえってこれから期待できる環境だと思う。
 最近、街場のベーカリーの数は減っているが、少ないながら新規開業する店はレベルが上がっていると感じている。理由の一つにはコンビニやスーパーで24時間パンが買える時代に、差別化を図るためにレベルを上げていかないと、おのずと淘汰されてしまうのだと思う。
 怖い時代でもあるが、本当にいい物を作ろうとする意欲のある若者には、自分の実力を試すいいチャンスなのかも知れない。
 交通費無料で行けるのはありがたいし(笑)、これから他の種類も買いに行ってみたい店、地元の個人営業店は可能な限り応援したいものだ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -