最後の晩餐にはまだ早い


本郷三丁目「二代目甚八」

 文京区本郷から御茶ノ水を経て、神田神保町と小川町へかけては、学校や予備校が多く存在するが、有名なうどん店も幾つかある。特に知られるのは「丸香」「こくわがた」「竹や」「野らぼー」「水道橋麺通団」等だが、「はなまる」「丸亀製麺」みたいなチェーン展開によるセルフ店もある。
 蕎麦文化圏である東京でこれだけうどん店があるのは、地方出身者が多いための多様性対応があるのではないかと思っている。
 今回紹介する本郷三丁目の「二代目甚八」は、三重県出自のうどん店で、鈴鹿市にある㈱エビスカンパニーが運営する東京店。店の場所は地下鉄本郷三丁目駅と湯島駅の中間位、日本サッカー協会前の道を「サッカー通り」と呼んでいるが、その近くだ。
 この店については、WEB上の情報から「伊勢うどん」の店と認識していたのだが、ウィキペディアによると「伊勢うどん」とは、「たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なつゆ(タレ)を絡めてたべるものが主流」とあるため、数あるうどんの中の一種を指すみたいだ、二代目甚八ではメニューの中に「伊勢うどん」はあるが、その他のメニューもあるから、正確には「三重発祥で『伊勢うどん』も提供するが、讃岐系の要素も取り入れているうどん店」と思った方が良さそうだ。

     150903-1.jpg

 通りに面した店舗は明るくて入り易い雰囲気、年末年始等の大型連休を除いた年中無休店で、且つ11時から21時まで昼夜間の中休みなしで営業している、これは食事時間が不規則になり易い外回りのサラリーマンや近隣の住人にも、ありがたく重宝する存在だ。この日も午後3時過ぎに入店したのだが、こんな時間でも数人が食事中だった。

        150903-2.jpg

 店内は広く50席前後ある、カウンター席に座りメニューを見るが、問題の「伊勢うどん」(税込454円)にも惹かれたが、この日はとても暑い日だったので、冷たいうどんが食べたくなって、「野菜天のぶっかけうどん」(772円)をお願いする事にした、同時に野菜ビュッフェ(205円)も興味津々だったので注文する。

        150903-3.jpg

     150903-4.jpg

 まず野菜ビュッフェは、キャベツ&醤油ドレッシング、蒸しさつま芋、モヤシのナムル、キュウリ漬物の4種にデザートの意味なのかゼリーが1種、食べ放題だが原価は安い物ばかりだし、何回も食べたいとは思わない(笑)、ただ外食が続くと野菜不足になり易いので、単身者などにはいい試みだと思う。

 私の後から入って来た客に先にうどんが出ているのを見ると、どうやら天ぷらを注文毎に揚げているようだ、これはセルフ系店とは違い好感が持てる、店内にはうどん用地粉の袋が積んであり、自店で打っているのは間違いないと思う。

        150903-5.jpg

 暫くして運ばれて来たのが「野菜天のぶっかけうどん」、この赤色の丼はインパクトある、厚みのある野菜かき揚も綺麗に揚がっていて、見かけは美味しそうに見える(笑)。まずは冷たいツユを一口、おそらく讃岐と同じく昆布とイリコ主体の出汁?甘味に独特さを感じるのは、地元三重の醤油を使っているせいか。
 次いでうどんを食べる、歯応えは柔らか目だ、讃岐より大阪の「今井」とか「松葉」のうどんみたいで、コシは讃岐ほど感じないが喉越しはいい。
 薬味で上に乗せた大根おろしとツユ、うどんをかき揚げを崩しながら食べていくと、なかなかいい食感と味わいだ(笑)。

        150903-6.jpg

 最後は野菜ビュッフェにあったゼリーで終了、柑橘系味だがゼリーと云うより名古屋名物の「ういろう」みたいな味(笑)、でもこれはこれで悪く無かった。

 此処のうどんが気に入ったので、翌週すぐに再訪した、つまり「裏を返した」(笑)。この時は温かいうどんを食べてみたくなり、

        150903-7.jpg
・大判きつねうどん(605円)

        150903-8.jpg
・ついでに味ごはん(313円)も

 値段は東京価格だが、どちらもなかなか美味しかった、出汁の香りや味わいは良い。大阪うどんと讃岐うどんの中間位の位置づけになりそう、東京在住の西日本出身者が「うどんが食べたい」と思い、この店へ行けばある程度満足するのではないか、そうした普遍的な味だと思う。
 「そのために出かける価値がある卓越した店」と云うより、「東京圏では美味しいうどん店」だと思う、職場の近くにあれば週一で通う(笑)。
 東京の讃岐うどんの有名店は行列になる事もあり、食べていても忙しない、この店はその点ゆっくり出来るし写真も撮れる(笑)、近くに行く事あれば、寄ってみる価値あると思う。なお正式な店名は「本気のうどん 二代目甚八」で、初代の「甚八」は三重県亀山市にあるとの事だ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -