最後の晩餐にはまだ早い


東上野「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」(3回目)

 ブログには書いていない店を含めて、今年の夏はインド料理店へよく行った、頻繁に行った理由は、夏前半の酷暑で身体が刺激物を欲したのと、インド料理店のコストパフォーマンスに感嘆したのが大きい。

 仏文学者でパリ在住経験もある鹿島茂が著した「パリのパッサージュ」(平凡社・コロナブックス)によると、パリ北東部にある「パッサージュ・ブラディ」は、現在インド・パキスタン系の人達がコロニーを形成、インド料理店が数軒あるが、パリ市内では5ユーロ以内で食事可能なのは此処だけではないかと書いている。家賃も光熱水費も同じなら、最後は人件費をいかに安くできるかで料理の値段が決まる。
 東京の場合は、牛丼やラーメンみたいに一杯で完結する料理があるので「一番安い」とは云えないが、テーブルに座って二品以上の料理が出てくる店としては、中国系の人が経営する中国料理店と、インド・パキスタン系の人達が経営するインド料理店が双璧だと思う。
 今年これまでに行ったインド料理店で、料理内容も価格破壊的な値段も、最も印象に残ったのは、東上野にある「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」で、この日今夏で3回目の訪問をしてしまった(笑)。

     150911-1.jpg

 行った日は日曜日だが、開店時間の午前11時を少し回った時点で既に3席が埋まっていた、それも全員男性単身客、「インド料理店には、男子一人がよく似合う」のかも?(笑)。
 店側は厨房内には3人、店内サービスは2人の計5名体制、サービスの男性は前2回と違う人だった、この店は銀座、六本木、高輪、横須賀、藤沢と支店があるので、グループ内で人の移動があるのかも知れない。6店を年中無休で回せる程の人材確保が可能なのは、人口過多なインド&パキスタンならではだ、若年労働人口が減少する一方の日本では、これだけの人間を雇ったら人件費が大きな負担になる。
 メニューを一応見るが、この日は「パヤ」を頼もうと決めていた、パヤについてはメニューの説明を引用するが、
「インドやパキスタンで愛されている伝統料理です、特別なお客様を招いた時や、特別なパーティーなどでも、おもてなし料理として振る舞われます。子羊(原文のまま)の腿肉、玉ねぎ、トマト、ニンニク、複数のスパイスが、この美味しくヘルシーなインドの伝統料理の主な材料です」とある。以下は「パヤランチ」(1,030円)の内容、

        150911-2.jpg
・サラダ(サウザン+辛味ドレッシング)

     150911-3.jpg
・酸味を効かせたインドのスープ「ラッサム」

        150911-4.jpg
・マンゴラッシー(これはサービス)

        150911-5.jpg
・パヤ

        150911-6.jpg
・ナン

     150911-7.jpg
・ビリヤニ(これもサービス(笑))&ライタ

     150911-8.jpg
・インド風リ・オ・レの「キール」にアイスクリームが乗る

        150911-9.jpg
・ホットチャイ

 まさかビリヤニまで出て来るとは思わなかった(笑)、これで1,030円は東京のランチ価格帯の中では、どう考えても安過ぎると思う。
 仔羊のバラ肉を使う「ニハリ」に対して、パヤは骨付きモモ肉を使用、濃度も薄くなって北海道のスープカレーに似ている、これをナンに付けながら食べるのだが、量が多くて食べても、食べても減らない(笑)、味は羊の出汁がよく溶け込んでいて美味、「庶民のご馳走」的な印象だ。
 ようやく少し減ったなと思っていたら、「これサービスです」と男性が持って来たのが、この店の名前にもなっている「ビリヤニ」、通常の3分の1位の量だが、それでも多い(笑)、私は小食な方ではないと思うが完全に撃沈した(笑)。
 日本でも田舎に行くと、歓待として食べ切れない位の料理が出る事があるが、感覚としてはあれに近い、「ご馳走=量」の法則はインド&パキスタンではまだ生きている。
 残すのは罪悪だとの教育?を受けてきた世代人としては、苦しみながら食べたが、パヤは少し残してしまった。欲を言えばナンがもう少し美味しければいいのだが、この値段でこれ以上望むのは無理だろう、此処ではインド米のライスか、窯で焼かないパン「ロティ」を頼むべきだと思う。

 はち切れそうな位にお腹一杯になりました(笑)、最後支払いをしていると、サービスのパキスタン人?男性が握手を求めて、「また来てください」と流暢な日本語で話す、ランチ1,030円の支払いで此処まで感謝されるのはちょっと照れ臭いが、気持ちよく退店出来て「また来たい」と思ってしまう。
 「東京でランチに行く店に迷ったら、インド料理店へ行け」は間違いなく言えそう、店による当たり外れが少ないのも理由の一つだ(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -