最後の晩餐にはまだ早い


春日「アヴランシュ・ゲネー」

 料理の世界では「次の動向」が注目される人達がいる、フランスから帰って来る、雇われシェフを辞める、有名店のスーシェフ(副料理長)が独立する等、実力があってこれまでの仕事が評価されている人ほど、マスコミやファンが話題にする、ブログ記事にしている「ル・スプートニク」の高橋料理長もその一人だろう。
 パティシェの世界でも同じ事が起きている、有名パティシェが独立するとなると、何処にどんな店を出すのかは皆が注目する、今回紹介する店もその一つだ。
 店の名前は「アヴランシュ・ゲネー」、シェフ・パティシェは上霜孝二氏で名門辻製菓学校のフランス校を卒業、その後仏ノルマンディー地方のパティスリー勤務、帰国後は「オテル・ド・ミクニ」グループ等で働き、神楽坂「ル・コワンヴェール」でシェフ・パティシェに就任、今回独立となった。

     150923-1.jpg

 実はこの店は私の勤め先から近く、店舗の立ち上げ途中から見ていた、その後経歴が注目されるパティシェの独立店と知り、9月4日のオープンを楽しみにしていた店だ。 場所は都営地下鉄春日駅近くで、白山通りに面している。遠くから嫌でも目立つ真っ赤な外装ファサードで、周囲の地味な商店とは正直違和感ある(笑)。

     150923-4.jpg
 
 店内へ入るとそれ程広くはないが、照明を落とし茶色を基調にした落ち着いた空間、外装の印象とはかなり違う。手前に焼き菓子等を置き、真ん中に生ケーキを並べたガラスケースと販売スペース、奥が作業場になっている、その間に小さいがカフェスペースがあるが、開店直後のためか現在は使用されていないようだ。

        150923-3.jpg

 販売は若い女性が二人で対応している、初回なのでまずは生ケーキを買う事にするが、チョコレート系やキャラメル系に力を入れているみたいで、ケース内は茶色いケーキが多い、値段は税込500円前後、銀座や青山ほどは高くないが、文京区内としては安くない(笑)。結局、茶色、赤色、白色系ケーキの中から各1個を選び購入した。

     150923-2.jpg

 私が入店時客は他に一人居ただけだが、その後次々と客がやって来て店内は一気に過密になった、それも近所の人が来たと云うより、遠くからこの店目指して来た感じに見える、何でも開店日には入店待ちの行列まで出来たそうだから、熱心なスイーツフリークは居るものだ(笑)。
 以下は今回購入したケーキの紹介と食べてみた印象、

        150923-6.jpg
・シャルロットパンデピス(税抜470円)
 ブルゴーニュ名産のパンデピスを使ったシャルロット、シナモン、ナツメグ、クローブ等パンデピス特有のスパイス香があって独特の個性、ベースはチョコレート味なので、結構ボリューム感がある、あまり他店ではないタイプのケーキなので好き嫌いは別れるかも知れない。

        150923-7.jpg
・アンペリール(460円)
 アーモンドクリームを焼いたタルト生地とベリー類のピュレを、ベリーのムースで包み、上にもベリー類を乗せたもの。とても丁寧な作りで見た目も綺麗、味もいいのだが、他店でも似た様な物はあるので、この店で買うべきケーキかと訊かれると、答えに詰まる(笑)

        150923-8.jpg
・モンドール(450円)
 個人的にはこれが一番気に入った、一種のレアチーズケーキだが、アパレイユにはカマンベールとクリームチーズのブレンド、土台にはカルヴァドスを使っているそうで、修業した想い出の地であるノルマンディーへのリスペクトが感じられる、優しい味のケーキだった。

 全体的な印象は、特徴ある店の外観同様個性的で、リキュール等を積極的に使い、味のエッジを際立たせるタイプだと思った。私自身ケーキは単体で食べるより、食後のデザートにする事が多く、その目的だと少し個性を強調し過ぎるかなとも感じた、以前にブログで紹介した、同じ文京区内で白山通りにある「エリティエ」とは対照的なケーキだ。ただ「三度の飯よりケーキが好き」と云う人も知っている(笑)、こうした人達には「この店ならでは」の特徴もあり、魅力を持つケーキ類だと思った。
 ケーキ自体のクオリティはビジュアルを含めて秀逸、PARISに店を出しても十分やっていけるのではないか?日本人料理人の評価は、ここ数年フランスで急上昇したが、パティシェ界も同様だ、それだけ今の日本の調理師&製菓学校のメソッドは高いと云う事でもあるのだろう。
 今度は別の種類を買ってみたいと思う、帰りがけに行けるのはありがたい(笑)。

        150923-5.jpg

 なお店名は店主が働いていた、フランス・ノルマンディー地方の都市アヴランシュ‘Avranches’にある、「パティスリー・ゲネー」に因んだもので、紙袋にはその店の地図まで載せてある、修業先へリスペクトする気持ちを忘れないのは、とてもいい事だ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -