最後の晩餐にはまだ早い


南青山「MAMA」

 私が住んでいるのは、東京の起点日本橋から見て鬼門(北東)の方角で、一応東京23区内だが外れも外れ(笑)、埼玉県にはあと僅かと云う場所、都心へ出るのには時間も交通費もそれなりにかかってしまう、そのため外食する店も自宅や勤め先からアクセスの良い、都内北東部が中心になっている。もっと若い頃は遠出も厭わなかったが、最近はすっかり億劫になってしまった、年を重ねると特に夜遅い電車で立って帰るのは辛いものだ(笑)。
 今回記事にする南青山の「レストランMAMA」も、知人から誘いを受けたから行けた店、アクセスも店のコンセプトも「私には遠いかな」と、何も知らなかったらずっと行かないでいたと思う。
 誘ってくれた人の話では、料理人とサービス二人で今年5月にオープン、共に「エディション・コウジシモムラ」で働き、特に店主が提供するワイン類にはこだわりがあるとの事。WEBページを見ると夜だけの営業で、レストランと云うよりワインバー的な店なのかな?と勝手に想像していた。

 店がある場所は渋谷からも表参道からも結構歩く、私は表参道駅から行ったのだが15分位かかった、首都高速渋谷線の下を潜り、恵比須方面へ向かう途中だが、この辺りは表参道駅周辺の賑やかさが嘘みたいなひっそりとした住宅街で、「こんな処に店あるの?」と疑ってしまうが、本当にあった(笑)。
 ドアを開けると迎えてくれたのが、オーナー兼ソムリエ兼サービス担当の平垣内氏、「エディション・コウジシモムラ」時代の彼に見覚えがある。
 JAZZが流れる店内は予想していたより広く、部屋の中央には大テーブル、周りには小テーブルを配して別に個室もある、カウンター席中心のバーではなく、狙いはあくまでレストラン路線みたいだ。照明やインテリア等はスタイリッシュ、並べてあるリキュール類等を見ても、アルコールの品揃えには相当力を入れている。

     151013-12.jpg

 この日の参加メンバーが集まった時点で始まったが、まずは料理を紹介しておく、8名の貸切り対応だったので、普段出している料理とは少し違っているかも知れない。

・自家製ポテチ等

     151013-1.jpg
・クロケット(ブーダン、ブランタード)

        151013-2.jpg
・マーブル(フォアグラ、葡萄、イチジク)

     151013-3.jpg
・えびフライ(海老のカダイフ揚)

        151013-4.jpg
・カリフラワー(帆立貝とカリフラワーの冷製スープ)

     151013-5.jpg
・舌平目のムニエル

     151013-6.jpg
・アワビ(鮑のリゾット)

        151013-7.jpg
・イベリコ豚の天使の羽根(焦がしたジャガイモのピュレ、むかご)

        151013-8.jpg
・フロマージュ2種

        151013-9.jpg
・プリン ア・ラ・モード

        151013-10.jpg
・煎茶

     151013-11.jpg
・ソムリエ厳選ワイン

 料理人は市村氏、「エディション・コウジシモムラ」では長く副料理長を務めたそうで、ベースはあくまでもフランス料理だが、和食器に盛付け箸で食べる事を想定して造りは小さくしている、料理自体のクオリティはかなり本格的だ。中でもカダイフを巻いた海老は、「シモムラ」の的鯛を使ったスペシャリテを連想し、冷製スープも記憶のある味だ。
 イベリコ豚の「天使の羽根」とは、頭から肩肉の中間あたりの肉で、一頭あたり500g位しか取れない貴重な部位、これをオーブンではなくプランチャ(鉄板による直火焼)により火入れしているが絶妙、さすがは下村氏の店で長くストーブ担当をしていただけの事はある。
 最後には静岡の旅館で働いていた事があると云う平垣内氏が淹れる静岡茶、これもフランス料理店では珍しくて上質。私がワインを語らない方がいいと思うが(笑)、この日のメンバーのために平垣内氏が選んでくれたワインも、マグナムボトルが2本あり、内容も素晴らしいものだった。

 おまかせメニューの他にも、カレー、麻婆豆腐、スパゲッティ、とんかつ?等の、日替わり一品料理も提供しているとの事で、これは「スタイリッシュでコンテンポラリーな21世紀の居酒屋」だなと思った(笑)。
 料理もサービスも人材が足りていない今の東京では、スタッフや容れ物にお金をかける従来型のレストランの運営は難しくなった、今後もこの店みたいな調理一人サービス一人、あるいは一人で全部まかなうミニマムレストランが増えて行くと予想する、人で賑わう20世紀型の大型店はもう昔話になりそう、そして日本人の還る場所はやはり居酒屋的な店なのかも知れない。
 なお店名は「きょう、ママンが死んだ」の‘maman’ではなく‘mama’、「ありのまま」から付けたとの事で、出典は「アナと雪の女王」かも?

 美女たちに囲まれた事もあって、美味しく楽しい夜になりました(笑)、お誘いいただきご一緒出来た皆様、平垣内さん、市村さん遅くまでお付き合いありがとうございました。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -