最後の晩餐にはまだ早い


人形町「イレール」(2015年10月)

 1958年、当時ニューヨークにあったMLBの人気チーム、ドジャーズとジャイアンツは揃って西海岸へ移転を決め、それぞれロスアンジェルスとサンフランシスコに本拠地を構えた。移転の大きな理由には観客減があった、同じニューヨークにはリーグは違うが人気チームの強豪ヤンキースがあり、3球団で観客の取り合い状態になっていたのだ。移転には地元のファンやマスコミの反対も大きかったが、その後それぞれの都市で新たなファン層を獲得し、西海岸を代表する人気チームとして、移転から半世紀以上経過した現在でも存続している。
 この日遠方から来た友人と、久しぶりに人形町のフランス料理店「イレール」で土曜日のランチタイムを楽しんだ後に、上記の事を連想した。この店のオーナー兼料理長の島田哲也氏は、東京恵比寿で独立開業し12年、パリ「アルページュ」仕込みの現代フレンチを続けた後に白金高輪駅近くに移転、ビストロ的に気軽に食べられる料理路線にシフトし、更には2013年9月に下町人形町に再移転、店名も恵比寿時代の「イレール」に復活し現在に至っている。
 恵比寿、白金なら東京では「レストラン銀座」みたいなもの(笑)、街の角々にはフレンチかイタリアンが存在する様な競争の激しいエリアだ、そこから下町地区への移転は相当勇気が要った筈だが、こうして満席の盛況を見ると、決断は正解だったと思う。

        151017-1.jpg

 前置きが長くなったが、まず当日のランチメニュー(3,500円)を紹介したい、

     151017-2.jpg
・海老のセルヴラ仕立て、カシスマスタード

     151017-3.jpg
・自家製パン

        151017-4.jpg
・赤ピーマンとトマトのスープ

     151017-5.jpg
・イサキのポワレ、ラビゴットソース

        151017-6.jpg
・沖縄本部牛のロースト 

     151017-7.jpg
・ガトーショコラとバニラのアイスクリーム

        151017-8.jpg
・ジェイソン ウィンターズ ティー

 前菜の「セルヴラ仕立て」のセルヴラとは、仏アルザス地方名産のソーセージの事で、海老のすり身をそれに見立て作り輪切りしたもの、私がフランス料理を食べ始めた1980年代には、こうした魚介のすり身を使う料理が流行っていたが、手間がかかり過ぎるのか最近は見なくなった、でも久しぶりに食べてみるとやっぱり美味しいし、「この料理、手間かけているな」感がある(笑)。赤ピーマンのスープは、一世を風靡した「赤ピーマンのムース」と材料が同じなので、味の方向が似ている。
 魚料理のイサキのポワレは、前菜とは対照的に真中直球的だが、酸味あるラビゴットが効いていて爽やかな一品。肉料理の沖縄本部(もとぶ)牛は初めて体験するが、噛み応えある赤身肉がなかなかの美味、短角赤毛種かと思い、サービス担当の宮脇氏に訊いた処、黒毛和牛だそうだ、まだまだ知らない牛は各地に居る(笑)、マデラ酒を使ったソースは何処か懐かしい味。
 デセールのガトーショコラは島田氏のスペシャリテ、柔らかな仕上げで店売りでは無理なレストランならではのものだ。ジェイソン・ウィンターズ・ティーは飲むとお腹がスッキリとする。

 一昔前までは「ビストロ」と聞くと、量が多くて塩分や油脂の強い料理を出す店、みたいな印象もあったが、このイレールの料理はそれとは違う、現代的に軽くなっていて健康面にも気を配っているし、手をかける所は抜かず、土台がしっかりしているから美味しい。
 店内はあっという間に満席になった、1,500円のランチを食べ終わると、すぐに出て行く客も居るし、滞在時間の長い女子会グループも居る(笑)、ディナー時以上にこの店の使い方は多様だ、皆ガイドブックを見て初めて来たのではなく、使い慣れたリピート客が多いように見受けた。 
 料理人の往き方は様々だなと思う、「星を取りたい」と躍起になる人もいるし、「コンクールで優勝する」果ては「勲章が欲しい」と願う料理人も居る(笑)。人それぞれで勿論構わないと思うが、島田氏みたいな経歴豊富な料理人が、下町地域に定着して地元客を相手に、若いスタッフ達と楽しそうに仕事をしている姿を見ると、「ナンバーワンよりオンリーワンで充分ではないか?」と思ってしまう(笑)、島田氏の表情も以前より穏やかになった印象を受けた。
 最後は店前で記念撮影、島田氏はコックコートを着ず、エプロンにフランス人が好きな青ボーダー柄のシャツ姿だが、贅肉なく若く見えるためよく似合う(笑)、オープンキッチンなのに、ヨレヨレTシャツ姿の料理人がいるが、あれでは作る料理も不味そうに見えてしまう(笑)、ファッションセンス見習って欲しいものだ。

        151017-9.jpg

 サービス担当の旧知の宮脇さんにも会えたし、懐かしくて美味しいランチになりました。場所も値段も年金生活者になっても此処なら行けると思う(笑)、それまで続けてください、また伺います。 
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30