最後の晩餐にはまだ早い


下町の銘菓「モンテール」のプリン

 私は基本下戸で甘党だ、レストラン以外ではまず飲まないし、ましてや家で飲酒する事は滅多にない、そのため家の中には料理用の日本酒と味醂、海外土産のマデラワインがある位、父母共にアルコールは嗜まなかったので、その血を継いでしまったみたいだ。
 でも甘党だからと云って、有名パティスリーや和菓子店へ買いに行く事は滅多にない、本当に美味しいデザートは(料理も)作ったその場で食べるべきで、家に持って帰る物でないという変な信念があるからだ(笑)、甘い物が食べたくなったら、パン屋で菓子パンを買うか、スーパーやコンビニで売っているスイーツで満足出来る人間だ(笑)、ただメーカーには結構こだわる。一番多く見かける大手の「F」とか「Y」等はどうもマスプロ的で好きではない、もっと小規模ながら結構楽しめるスイーツを製造している会社がある、具体的な名前を挙げると「シャトレーゼ」「ドンレミー」「モンテール」等だ、今日はこのうち「モンテール」を取上げたい。

 ㈱モンテールは私の地元である東京足立区に本社がある製菓メーカーで、主にスーパーやコンビニで売られているスイーツ類を製造している、元は千住で昔懐かしい「金太郎飴」等を製造販売する小さな菓子工場から始まったそうだ、「ドンレミー」も同じで全国区になった「ヨックモック」もスタートは足立区、都内でも土地代が安いので工場立地が可能だったのだろう、スイーツとは関わりが深い地域だ。
 現在のモンテールの主力製品はシュークリーム、ロールケーキ、プリン等で、東京のスーパーで売っているシュークリームはこの社の製品が多い筈だ、私が特に好きなのはプリンで、既発売の「焼きプリン・モンブラン」と「北海道かぼちゃのプリン」は共に美味しい。

          120426-1.jpg

          120426-2.jpg

 プリンの作りは柔らか過ぎず適度に固さがあり、上に乗ったクリームも上質で全体のバランスが優れている。勿論有名パティスリーの1個400~500円する高額スイーツに比べると使っている材料は違うし上品さには欠けるが、それでも1個200円以下でこの味を出せるのは立派だと思う。
 今年4月の期間限定で発売されているのが「ハニーナッツのプリン」で、メーカーのWEBサイトには、「蜂蜜の濃厚な甘みやコク、素材の味わいをふんだんに楽しめるプリンです。牛乳と蜂蜜をブレンドして仕立てたプリンに、ホイップクリームとハニーペースト、粒々ナッツをトッピングして仕上げました。」と商品説明がある。これもライトな感覚で美味しかった、期間限定では終わらない事を望みたい。
          120426-3.jpg


 この社の製品をスーパーで見つけたら、一度試してみる事をお薦めする、東京・下町か誇る名スイーツメーカーと言っていい(笑)。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -