最後の晩餐にはまだ早い


札幌「Curry Power パンチ」~「ル・プティ・ブーレ・ショコラティエ・サッポロ」(2015札幌食べ続け⑤)

 今年の「札幌食べ続け」後半戦がスタート、初日に行ったスープカレーの店「Curry Power パンチ」を早速再訪する事になった、それも今回は車による送迎付きと云うありがたい設定(笑)。
 「リアン」に同行した札幌の友人と、「パンチ」の店主U君は旧知の間柄で、そこへ私がやって来たので、「皆で行きましょう」との話になり、友人の奥様まで運転手も兼ねて参加、3人で豪華自家用車(私は車の事は判りません(笑))によりスープカレー大名行列を敢行、初日に札幌駅から結構歩いたので助かった。

 札幌フレンチは市内西部に多い事を前記事で書いたが、スープカレーの有名店は市内北東部に多い、これは客層の違いとしか思えないが、この「パンチ」がある辺りはタワーマンションや新築住宅が増えているので、これから開発が進む地域なのだと思う。
 3台分の駐車場が塞がってしまう前に店に着こうと、午前11時の開店直後に到着したが、既に食事を開始しているグループがあった、カウンター席に3人陣取り、再びメニューを選ぶ。前回は「うまうまチキンベジタブル」だったので、今回は人気メニューの一つ「やわらかチキンベジタブル」に決め、プラス80円で梅スープにして、辛さは前回より一段階辛い「フック」にしてもらった。

     151110-1.jpg

 しばらくしてから運ばれて来たのが、「やわらかチキンベジタブル」+梅スープ(合計1,030円)、鶏つくねが骨付き鶏モモ肉に変わり、野菜の種類も少し違う、叩いた梅肉が加わり、これを崩しながら食べると、辛味と脂味と野菜の甘味に酸味が加わって味が複雑になる、リピーターが飽きない工夫だと思うが面白い。鶏肉は柔らかく煮込まれ食べ易く、何より美味しいと感じたのが具の3種類のジャガイモで、さすがは本場札幌、東京では出会えない味だ。

     151110-2.jpg

 ご飯は「ほしのゆめ」と云う北海道米だそうで、硬めに炊いてありスープカレーによく合う、この日はアルバイトのお姉さんが丁寧に盛ってくれたので、U君より美味しそうに見えた(笑)。
 3人共あっと言う間に完食しました、ごちそうさまでした美味しかったです、「札幌に行く時は、寄るのが必須な店」がまた増えてしまったが、来年も来ます、これから長く続けて欲しいと願って、U君とは別れた。

 食後、「デザートを食べに行こう」との話になり、友人夫妻お勧めの西8丁目にある「ル・プティ・ブーレ・ショコラティエ・サッポロ」へ向かう事に。2010年10月にオープンしたチョコレート専門店で、店主はPARISの有名ショコラティエ「ジャン・ポール・エヴァン」で働いていたそうだ。

        151110-3.jpg

 広い道路に面した1階店舗、外観はなかなか洒落た雰囲気で、PARISや東京でも充分通用しそうなセンスだ、扉を開けると蠱惑的なチョコレートの香りが漂ってくる、店に入ると左側が生チョコやケーキ類を並べた冷蔵ケース、手前と奥が焼菓子等を並べたスペース、訪れたのがハロウィン直前だったので、それに因んだ飾り付けをしていた。

        151110-7.jpg

 右側が2卓のイートインスペースで、友人から聞いて驚いたのだが、買ったケーキをここで食べる場合は、ケーキの販売値段を払うだけで占有でき、飲物の注文は必須ではなく、何も言わずとも無料の焙じ茶が出る、これは東京ではあまりないサービスだ(笑)。

     151110-4.jpg

 まずケーキを注文するが、結構種類が豊富なので何を選ぶか迷う、結局素材のチョコレートの味が判りそうなシンプルな外観から「クロリオ」(440円)を選んだ。後で店のWEBページを見たら「ビターなムースショコラとビターなチョコレートスポンジの一番シンプルなケーキ」とあったので、判断は間違ってなかった(笑)。「クロリオ」とはカカオ豆が成る樹の種類、ケーキ類の値段は東京の高級パティスリーや「ジャン・ポール・エヴァン」の日本店と比較すれば安い。

        151110-5.jpg

 肝心の味だが、チョコレートの甘味・酸味・苦味のバランスはいい、舌上での滑らかさもあって香りも感じる、全体に尖っていなくて優しい味だ。「PARISのジャン・ポール・エヴァンと同じか?」と訊かれると、これは少し違うだろうと思う、知人のパティシェも言っていた事だが、日本で入手可能な材料で作ると、完成度にはどうしても限界があるし、客層を考えたらそんなに高い値段は取れない、それを考慮すれば十分美味しく、家の近くにあれば嬉しい店だ(笑)。

        151110-6.jpg

 繰り返すが、ティーカップでサービスされた焙じ茶は「無料」だ(笑)。
 この日使ったお金はスープカレーとケーキで約1,500円、その割には充実感が大きい、高知の友人が上京し、東京の某有名パティスリーに入って、家族5人でケーキと飲物を頼んだら、支払いが1万円超えたと驚いていたが、東京は怖い所だ(笑)。そんな事考えると「札幌に住みたいな」とも思ってしまう、冬の豪雪はちょっと辛いが、それ以外の季節なら真剣に考えてもいいかも知れない(笑)。
 楽しい午後になりました、忙しい中付き合ってもらった札幌の友人夫妻に重ねてお礼申し上げたい、ありがとうございました。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -