最後の晩餐にはまだ早い


表参道「グラッシェル」(2015年12月)

 「メディア向け新作レセプション」なるものに招待をいただいた、薄物を纏った長身女性が闊歩するあれではなく、このブログでも取り上げた事のある、表参道のパティスリー「グラッシェル‘GLACIEL’」での話だ(笑)。
 美人マヌカンも勿論いいが、スイーツも十分守備範囲なので、喜んで参加させていただく事にした、招待資格は零細ながら一応「ブロガー」と云う事で(笑)。

     151216-1.jpg

 Xmasイルミネーションが光り乱れる表参道通り、「横断歩道では立ち止まらないでください」との、パンダ見物並の誘導が煩い表参道ヒルズ前だが、東京ユニオンチャーチの角を曲がって進むと、急に辺りが静かになる、そこに「グラッシェル」がある。
 入口でレセプション参加者である事を告げると、2階のカフェスペースへ案内される、此処に来るのは4回目だ。
 18時の開始時間に、今回の企画担当者と本間シェフ・パティシェールの挨拶があり、さっそくアイテムのお披露目となった。その後すぐに試食になったので、食べた感想と共に紹介したい。商品は全て此の店の代表商品であるアントルメグラッセ(アイスクリームケーキ)で、今回の新作はナマコみたいな楕円形、店では「オーバルグラッセ」と名付けている。

     151216-2.jpg

     151216-3.jpg

・フレーズヴァニーユ(上の画像では右中、ピースの画像では真中)販売価格2,700円
 名前のとおり苺とバニラ、アーモンド生地に苺のアイスとマスカルポーネのソルベ、紹介のとおり一足早い「春」を感じさせる軽やかな味わい。個人的には何かもう一捻り欲しいが、これはアントルメグラッセ初心者向けのベーシックアイテムだと思う。

・フレーズピスターシュ(上では手前左、ピースでは手前右)3,300円
 ピスタチオの緑が鮮やか、構成はピスタチオソルベ、バニラアイスに木苺系のソースで上に苺スライスが乗る、これも全体的に軽やかな印象だが、苺と比べるとピスタチオの脂分がある違いか、濃厚感は増している。

・ラクテフランボワーズ(上では左奥、ピースでは手前左)3,400円
 タルト生地にフィアンティーヌとアーモンド、上にピスタチオとチョコレート、更にその上にはフランボワーズのソースとフランボワーズ入バニラとミルクチョコアイス、上にはフランボワーズ本体を乗せると云う、手の込んだもの、濃厚でミルクチョコの香りに包まれる印象。

・ティラミス(上では右手前、ピースでは左奥)2,500円
 おなじみのティラミスだが、これをアントルメグラッセで表現、コーヒーとマスカルポーネのアイスクリームが主体、見かけは他商品と比べると地味だが味は私好み(笑)、「食べた事のある味」は脳が安心するのかも知れない。

・キャラメルショコラ(上では右奥、ピースでも同じ)2,700円
 個人的にはこれが一番気に入った。サブレ・ブルトンヌにヴァローナのチョコレート、キャラメル&チョコレートアイスの中にはバニラアイスと云う、書いているだけで「美味しくない訳がない」。濃厚でいながら軽やかさもあり、幾らでも食べられそうで、ちょっと怖い(笑)。

 同店で既発売のアントルメグラッセに比べると、少し形を小さくし楕円形にしたのは、持ち運びとカットのしやすさ、更には求めやすい価格にする事で、若い女性のお小遣いでも買えるのを考慮したみたいだ。
 特に今回の商品発売は1月4日からとの事で、2月14日のバレンタインデーに狙いを絞ったのもあると思う、例えばフレーズヴァニーユやキャラメルショコラの2,700円は、見た目も洒落ているので、女性がこれで勝負を賭ける?には、いいアイテムになりそうだ(笑)。

     151216-4.jpg

     151216-5.jpg

 アントルメグラッセ5ピース食いで、一気に血糖値上がったが(笑)、更に試食は続き、フルーツを使ったソルベが2種出てきた、一つはレインボーキウイ、もう一つはジャバラと云う名前の珍しい柑橘、どちらも美味しいソルベでこれから人気が出そう、本間シェフが愛媛で見つけた食材との事で、実物も見せてくれた。

        151216-6.jpg

 アールグレーの紅茶も香り高く美味しかったし、シェフの提案で試したベルギー黒ビールとスイーツの意外な相性も面白かった。年末の慌ただしい中ながら、スイーツに囲まれて豊かな時間を過ごせました、ありがとうございました(笑)。

     151216-7.jpg

 1階のブティックで販売されるアントルメグラッセ等も、本間シェフの時代になって雰囲気が少し変わった気がする、「女性らしい」と云うと、今の時代適当ではないかも知れないが、夢と遊び心が感じられるアイテムが多くなった。

        151216-8.jpg

 女性スタッフ達の笑顔は素敵で居て楽しくなる店だ、カフェで過ごすのも、持ち帰りで楽しむのもいい、スイーツ好きなら一度訪れてみてください、きっと笑顔になれる筈(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -