最後の晩餐にはまだ早い


2015年「今年印象に残った店」(料理編)

 今年も残りはあと一週間になった、ブログ更新も2回の予定なので、毎年恒例の「今年印象に残った店」を、自分の忘備録の意味でも残しておきたいと思う、昨年同様に「料理編」と「デザート・スイーツ編」の2回に分けたい。
 断っておきたいのは、あくまでも私の主観による「印象が強かった店」なので、今年行って選ばなかった店が「美味しくなかった」と云う訳ではありません、食ガイドのランキングや格付けとは全く意味が違うので、それを汲んで読んで欲しいと思う。
まずは料理編からで、

・外苑前「フロリレージュ」
 今年の東京フランス料理界で一番の事件は、フロリレージュの移転(3月)だったのではと思っている。ただ店が動いただけでなく、コンセプトが大幅に変わった、新店へ行っていない人には、「とにかく一度行ってみてください」としか言えないのだが、賛否両論ある事は承知の上で、これからの東京レストラン界を牽引する店である事は間違いないと思う。

        151224-1.jpg
 料理は新店訪問一回目の「分かち合う 緑苺 (北海道産仔羊)」

・六本木「ル・スプートニク」
 今年、東京フレンチは新店ラッシュだったが、その中から一店選ぶとなると、やはりこの店だろう、前「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」料理長だった高橋雄二郎氏が、7月に開業した店。感性豊かな料理&デセールに定評ある料理長が提供する料理と、女性支配人田村さんの細やかなサービスが印象的、これから更に進化して行く店だと思う。

     151224-2.jpg
 料理は3回目訪問時の「スコットランド産グルーズ(雷鳥)のロティとカイエット、内臓のソース」

・大阪上本町「コーイン」
 「私の大阪」ならこの店。誰にでも薦められる店ではない、ある意味「終末道場」みたいな、フランス料理を食べ尽くした人間が、最後に辿り着く店だと言える。高原価な食材と自ら作った野菜を、「これでどうだ」と料理に物量投入する孤高の料理人には、狂気と背中合わせの「醒めた理性」を感じて、毎回寒気を覚えてしまう(笑)。

        151224-3.jpg
 料理は2月訪問時の「高知産雌鹿のロワイヤル、畑のジャガイモのピュレ」
「今年の一皿」は、これか前述の雷鳥かで甲乙付け難い。

・麻布十番「グリグリ」
 仏政府が提唱した「グー・ド・フランス」の日の特別メニューは、1990年代テイストでこの店へのイメージを変える料理だった、「フランスのフランス料理が、本当に美味しかった時代」を思い出させてくれた、この料理なら何度でも食べたい(笑)。そう云いながら、その後今年は行けなかったので、伊藤料理長すいません(笑)。

        151224-4.jpg
 画像は「オランダ産リ・ド・ヴォーのフリカッセ、モリユとアスパラガス、焦がした粉のニョッキ、シャルトリューズ風味」

・札幌「プロヴァンサル・キムラ」
 今年もやはり札幌はキムラで決まりか(笑)。職人気質な料理長とそのまま「PARISのマダム」の絶妙コンビは健在でした、夫婦漫才同様に夫妻二人で営むフランス料理店は減少しているが、札幌では佳店がまだ幾つかある、「我家に招かれたみたいな」店へ行きたいのなら、迷わず札幌へ行くべき(笑)。

     151224-5.jpg
 料理はこれが本場物の「ボーヤファーム産仔羊のキャレとタン、旭川野菜」

・池袋「シュヴァル・ド・ヒョータン」
・曙橋「ジュー・ドゥ・マルシェ」
 「女性活躍推進法」の意義はよく判らないが、女性料理人ならようやくこの業界に本格的な進出が始まったと思う、今年訪れた女性料理長の店は、共に非凡な才能を感じさせてくれた、来年は彼女達に続く人材が出現するのを期待したい。

     151224-6.jpg
 前者からは「オーストラリア産仔羊芯のロースト、オッソイライティチーズ風味」

     151224-7.jpg
 後者は「北海ホタテとシモタ農芸野菜のミルフィーユ、ハーブの香り」

 1980年代生れと云う、激若な料理人達が登場して来たのも今年の特徴、私が行った中で挙げておきたいのは、

        151224-8.jpg
・稲荷町「キエチュード」の「アスパラガス サラダ フヌイユ」

     151224-9.jpg
・麻布十番「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」の「アナゴの白焼、スモモと水ナスのサラダ、オレガノ、バルサミコ」

     151224-10.jpg
・新橋「スブリム」の「発酵マッシュルーム 卵」

 行きたかったが叶わなかった、名古屋「レミニセンス」の料理長は何と1985年生れとか、恐ろしい時代になって来た(笑)。

 フレンチ、イタリアン以外で特に印象に残った店では、

     151224-11.jpg
・東上野「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」の「柔らかラムビリアニ」

     151224-12.jpg
・大阪・長居「又三郎」の「熟成肉のカツレツ」

 この2店を挙げておきたい、前者は驚異的なキャリテ・プリで、後者は熟成肉提供のパイオニアとして、遠回りしてでも訪れたい店だと思った。

 デザート&スイーツは次回に。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. レストランetc
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -