最後の晩餐にはまだ早い


亀有「イタリ家食堂マルショ」

 葛飾西亀有にある「イタリ家食堂マルショ」は、2013年の11月に開業した地域密着型のイタリア料理店、店主と奥様(たぶん)二人で営まれている。
 亀有のイタリア料理店は、このブログでも何回か取り上げた「ティア・ブランカ」があるが、名前が知られると共に人気が上昇、特にランチタイムは地元のママさん達の集会所みたいになっていたので、足が遠のいてしまった。ベビーカーが並ぶ中で、中年親父が独りでパスタを食べているのは、正直云うと落ち着かなかった(笑)。
 超少子化時代に外食機会が少ない子育てママは応援したいが、それでも自分がその中に入ると「部外者」になってしまうので、これは遠慮した方がいいのかなと云う気持ちになる、この辺がサラリーマン&OLが客対象でない下町地域の外食、特にヨコメシ系店の難しい処だ。
 更に言うと、千円ランチをやればそれなりに客は入る、ただ殆どの人は水しか飲まない、客単価千円で20人来客があっても2万円の収入、そこから原材料費と人を雇っているなら人件費引いたら、利益は何千円でしかない、それならランチ営業は止め、夜から深夜営業にシフトして、アルコール類を飲んでもらい、客単価を上げようとする店も増えている、経営者としては正しい判断だと思う。
 そんな背景もあり、ランチ営業しているフレンチ&イタリアンを見つけるのは、特に下町地区では難しいのだが、この「マルショ」はたまたまWEB上で知った店、我家から自転車で行ける距離なので、平日休みにフリで訪れてみた。

        160121-1.jpg

 店の場所は常磐線亀有駅南口から綾瀬方面へ向かう途中、徒歩だと結構あるし、こう云っては失礼ながら、電車賃を払って来る客より地元客を想定していると思う、近くには意外な程に洒落たブランジェリーやカフェも開店しているので、亀有も昔と随分変わったと思う(笑)。
 店前にはチャイルドシートを取り付けた自転車が数台、「この店にも、やはりママさん集団?」と一瞬不安も覚えたがドアを開ける。
 店は手前にカウンター席とキッチン、奥は一段高くなっていてテーブル席がある、元は寿司屋か居酒屋だったのだろうか?

        160121-2.jpg

 先客はカウンター席に女性3人、奥のテーブル席に2人で、後から2人やって来た、予想どおり全員女性、ただ皆さん割と静かに食事をしているので、この中なら男子一人でも何とか気後れしないで済みそうだ(笑)、カウンター席に座らせてもらう。
 ランチセット(税込1,000円)は、サラダ+前菜盛り合せ+4種類のパスタorドリアから1品+コーヒー、これにランチケーキ(200円)を追加注文した。

        160121-3.jpg
・店の名前が入った特注カトラリーと、犬?の足跡をデザインしたレスト

     160121-4.jpg
・サラダと前菜盛り合せ

        160121-5.jpg
・スパゲッティボローニャ

        160121-6.jpg
・ミルクレープ

        160121-7.jpg
・コーヒー

 アンティパストミストは、この値段だから原価の高い物は使えないが、意外に盛り沢山で味も悪くない、いい加減に作ったものではない。
 続くボロネーゼは割と軽く仕上げてあり、日本の洋食屋で出る様なミートソースとは違う、残念ながら私はイタリアに行った事がないので、本場のボロネーゼがどんな物か知らないのだが、おそらくはこの店みたいな毎日でも食べられる、日常的な物ではないかと思う、最初は少し味が薄いかなと思ったが、食べ終わる頃には丁度いい塩梅だった(笑)。
 ドルチェまで作っているのかは不明だが、これはまあ普通でした、この値段なら文句は言えない(笑)、コーヒーは美味しかった。

 渋い雰囲気の漂う店主は40~50才位だろうか?前菜+パスタを食べただけだが、料理は真っ当で食べて美味しい、「なんちゃってイタリアン」では決してない(笑)。おそらくは何処かのイタリア料理店で働いていたのだと想像する、店のWEBページでは「"Marusho"(マルショ)とは店主の名前の一部からとったもので、全く深い意味はありません」とあるので、「丸」の字が付く名前みたいだ。
 客単価の望めないランチタイムも営業し、千円前後で提供しているのは、「食堂」を店名にしている事からも、地域に根付いて続けようとしているからではないか、こうした店はつい応援したくなってしまう(笑)、近くにあれば日常的に利用したい店だ。

     160121-8.jpg

 以前にもブログに書いたが、駅一つ毎に良いビストロとトラットリア、そして良いパン屋があれば、東京はもっといい街になると思うし、これからそうなる事を期待したいものだ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -