最後の晩餐にはまだ早い


竹ノ塚「しおの風」

 塩ラーメンのブームが続いていて、このままだと醤油味を押し退けラーメン界を席捲しそうな勢いもある。
 私が子供時代の東京では、醤油味以外は「湯麺(タンメン)」位で、町の中華料理店メニューには塩ラーメンも味噌ラーメンもなかった。塩ラーメンの発祥についてWEB上で調べると諸説あるが、有力なのは凾館起源説で、ウィキペディアの記事には、
「古くからの開港地であった函館には、集積する昆布などの海産物の買い付けに、多数の華僑が訪れ、当時の函館の人が彼らを『広東さん』と呼称していたことから、江南出身の華僑が多く、函館における支那そば(ラーメン)のまっすぐの麺と澄んだスープの特徴からも、ルーツは広東系の塩味の湯麺であることが推測される」とある。
 どうやら湯麺も塩ラーメンも更には広東麺もルーツは同じで、中国広東に辿り着くみたいだ。
 東京育ちの私には、塩味より子供の頃から親しんだ醤油味の方を好むが、これだけ塩味系を提供する店が増えて来ると無視する訳にもいかず(笑)、最近訪れる事が増えたが、どの店もスープの味に工夫が感じられる。醤油味より塩味の方がバリエーションあり、他店との違いを表現しやすいのかも知れない。

 地元の足立区竹ノ塚に、塩ラーメンを名物にしている人気店がある、店名も「しおの風」と名付けているので、塩味に特化している店だ、担担麺が名物の北千住「鶴亀飯店」とは同経営で、以前から行ってみたいと思っていたが、最近行列店は極力敬遠しているので、後回しになっていた。この日は平日休みだったので、開店一番を狙って自転車で行ってみる事に。
 店の場所は竹ノ塚駅東口から北へ向かい、イトーヨーカ堂の近くで、ブログで紹介した「洋食かちゃくり」のすぐ裏手にある。

     160206-1.jpg

 11時の開店直後に着き「客か並んでいるかな?」と思ったのだが、開店一番乗りで誰もおらず拍子抜け(笑)。

        160206-2.jpg

 ドアを開けると目の前が「L」の字型にカウンター席、自販機方式だが、この自販機がゴチャっとしていて判り難い、すかさず店員が「(当店の)お勧めは特製塩です」と云って来る、いきなり高額(900円)メニューを勧めてくるのはどうなの?」との疑問も湧き、ひねくれ者の私はあえてベーシックメニューの塩らーめん(680円)にしてみた。ついでにネギチャーシューごはん(300円)まで食券を買ってしまい、炭水化物過剰摂取を後悔する事に(笑)。

     160206-3.jpg

        160206-4.jpg

 カウンター上には味変調味料が並ぶ、小甕に入れてあるのは、ねり梅肉、ガーリックチップ、柚子胡椒、それに胡椒やパルメザンチーズまで多種多彩。

        160206-5.jpg

 そして出来上がってきたのが塩らーめん、スープは澄んだタイプで、後で知ったのだが「熟成塩」になると白濁したスープらしい。具はチャーシュー、メンマ、水菜に茎ワカメ、珍しいのはクコの実と麩まで入っている事。
 まずはスープから飲んでみるが、勿論塩味だが味わいは複雑、塩も数種ブレンドしてあり、更には甘味も感じるので、おそらく砂糖等の糖分も加えていると思う、スッキリとしているがコクもあって、なかなかこの味は出せない。
 続いて麺だが、細めで縮れが少ないタイプ、自家製麺ではなさそうだが、スープの味とは合っている。具はどれも上質なもので、特にメンマが良かった。
 全体的にはバランスがとれていて、飽きずに最後まで食べられる。この店の近くにはブログでも紹介した、同じく塩味系で知られた「武藤製麺所」があるが、味的には甲乙付け難い、あえて言えばスープのコクで「しおの風」、自家製麺の味と歯応えで「武藤製麺所」だろうか。

        160206-6.jpg

 ネギチャーシューごはんは、細切りしたチャーシューと白ネギを醤油ダレで和えた小丼、普通に美味しかったが、ちょっとネギが多過ぎたか(笑)、「この店ならでは」の個性も感じなかったので、あえて注文する程ではないかも知れない。

     160206-7.jpg

 全体的には美味しかったが、少々残念だったのは、混んで来た事もあり、退店時に店員二人共何も声を発せず、自分達の仕事にかかりきりだった事、忙しくてもせめて「ありがとうございました」位は言って欲しいなと思う、客はちょっとした事で心象が変わるものだ。
 これはラーメン店に限らず、飲食店全般に言える事だが、「来て良かった店」と「また来たい店」は違うと思う、料理だけではなく、値段、サービス、店の雰囲気、こうしたものの総合で差が付く、客に「また来てみたい」と思わせたら店側の勝ちだ(笑)、避けられるミスで勝利のチャンスを逃してはいけない。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -