最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「ビストロ・コティディアン」(2016年2月)

 もう十年近い付き合いになる、四国で料理人をやっている友人が東京に来る事になり、「何処かで食事を一緒にしましょう」との話になった。
 このブログを読んでいて、その中から「行ってみたい」との希望があったのが、麻布十番の「ビストロ・コティディアン」、今回はこの店にすんなりと決まった。同業者が料理画像を見ると、どの位手をかけているか、料理のレベルかどの程度かは大体想像付くみたいで、プロが行きたいと思う店なら間違いないだろうと思う。
 私は過去数回訪れているが、家から遠い事もあって毎回ランチタイムだった、夜は今回初なので、昼と料理がどう違うかの楽しみもあった。

        160213-1.jpg

 土曜夜で賑わう麻布十番商店街を進み左折、飲食店が並ぶ細い通りを歩き、洒落たパティスリーの2階に店があるが、階段には仏語で店名を書き中にメニューを入れたニッチがある位で目立たない、でも一昔前のフランス料理店のセンスみたいに、仏国旗を出したりしないのはいい事だ(笑)。
 2階のドアを開けると迎えてくれたのは、サービス担当の男性と笑顔のマダム。
 店内奥の窓際席に案内されるが、すぐに須藤料理長が挨拶のため席にやって来た、トレードマークのスキンヘッドと髭は変わらないが、初めてこの店を訪れた頃と比べると随分スリムになって羨ましい(笑)。

        160213-2.jpg

 夜のプリフィックスコースは3種類、料理は紙に書かれた定番料理と黒板に書かれた「本日の料理」から選ぶ、閉店してしまったが、大阪本町の「びすとろぽたじぇ」と同じやり方だ。結局前菜2品∔メイン+デザート&コーヒーの5,600円(他に席料600円)のものをお願いする事にした。
 私が選んだ料理は以下のとおり、

     160213-3.jpg
・バター替わりの鶏白レバーのムース

        160213-4.jpg
・麻布十番「ポワンタージュ」のバゲット

        160213-5.jpg
・皮目を焼いた鱒のミキュイ

     160213-6.jpg
・フランス産温かい山羊のチーズのサラダ

     160213-7.jpg
・この日グラス提供可の赤ワイン3種

     160213-8.jpg
・静岡産猪ロースのロティ、ジュのソース、シェリーの香り(+1,500円)

        160213-9.jpg
・ラム酒風味のクレームキャラメル

     160213-10.jpg
・ガトーバスク
・コーヒー

 まずはアミューズ的に出された鶏レバーペーストを、ポワンタージュのバゲットに付けて食べると止まらなくなった(笑)。
 サーモンや鱒のミキュイ(半生)は、日本人料理人が得意な料理だが、須藤料理は皮部分をこんがり焼き、柔らかで全く臭みの無い身と一緒に食す、テクスチャが違うので最後まで単調にならない、この店は肉料理ビストロのイメージが強いが、魚料理もいい(笑)。次の山羊チーズサラダは見かけ簡素だが、丁寧な野菜の扱いによりプロの料理になっている。
 そしてこの日の主役が猪ロースト、シーズン最後の入荷と聞く3歳位の静岡産で、しっかりとした身の弾力と脂身の甘味が特徴的、低温調理ではなく昔ながらのローストだが、表面の歯応えと芯部分の身の旨味を感じる柔らかさの対比が絶妙、定番料理にするか、プラス料金の猪にするかで迷ったのだが、これを選んで正解だった、ガルニの人参ピュレとトランペット茸も効いている、ジュ主体のソースも塩辛くなる寸前で止めてあり、肉の強さを生かしている。
 デセールのラム酒を聴かせたクレームキャラメル(プリン)は、この店定番の美味しさ、最後のガトーバスクも良かった。

 夜の利用は初めてだが、基本は昼と大きな違いはないと感じた、選べる料理が増えるので「選択する楽しみ」が増す。最近「おまかせ」メニューだけの店が増えているので、たまにはこうして料理を選んで組合せる勉強をしないと、グルメ指数が落ちてしまいそうだ(笑)。
 どの皿も一定以上のレベルで料理間にムラがない、「どれも美味しいので、あなたの食べたい料理を選んでください、満足させます」との料理人の自信にも感じた。
 友人も須藤料理長の風貌から、もっと脂や塩が強い昔のビストロ料理を予想していたらしいが、意外にも優しく柔らかい味付けに感じたとの事、今の東京で料理人を続けるからには、マッチョなだけでは生きて行けない(笑)。
 マダムとコックコート姿の男性二人によるサービスも居心地よく寛げる、隣席では5人グループが日本語、韓国語、英語が混ざった会話を続けていて、さすが麻布十番らしいグローバルさ、多国籍な彼等でも充分「旨い」と唸らせる料理だったと思う。
 須藤料理長&マダム、美味しい時間をありがとうございました、また伺わせてもらいます(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -