最後の晩餐にはまだ早い


大阪・高麗橋 「桜花」(2016関西食べ続け④)

 関西二日目は強行軍で、和歌山「オテル・ド・ヨシノ」から大阪のホテルに戻ったのが午後5時過ぎ、ここで胃薬を飲んで、バスタブにお湯を張って足湯に浸かる、消化を早めたい時はこれが一番効くと経験で学んだ。ベッドで横になりたいのを我慢し、休む間なく6時を過ぎたらまた夕食へ出かける、自虐的とも云える「食苦行」だ(笑)。
 向かったのは今回唯一の本格的和食で、これが三年連続になる「高麗橋 桜花」、昨年の利用後に「旬菜 桜花」から改名したが、今大阪の食通からも注目される店になりつつある。

        160305-1.jpg

 地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅で下車、5分も歩かずに店に着く、店内に入ると去年と雰囲気が少し違うと感じた、森田料理長を手伝うのが従業員から奥様に替わり、同時に空気感も変わった。
 この日は在関西の友人が参加してくれたので、静かにしているつもりでいたのだが、結局またも料理や器、日本文化等のマニアックで且つ難しい話をしてしまった、一期一会の食事時に迷惑をかけました(笑)。
  
 まずはともかく、当日の料理をご覧ください、昼がフランス食文化の究極形だとしたら、これは日本の食文化の粋、「どちらが優れている」ではなく、これだけ秀逸な食体験が一日で出来るのが、今の日本の凄い処だ、料理名は後で森田料理長から説明があったものをそのまま記しています。

     160305-2.jpg
・前菜
 つぼつぼにするめ烏賊塩辛 辛味大根柚子おろし 八尾若牛蒡の稲荷巻 市田柿にクリームチーズ味噌漬け 牛蒡炭煮

     160305-3.jpg
・煮物椀
 蟹真丈 春子椎茸 蕾菜 香茸醤油煮

     160305-4.jpg
・割鮮
 太刀魚 きうち うるい 白葱けん 金時人参 防風 山葵 鰹 大葉 おかひじき 造り醤油 ぽん酢にかんずりおろし もろみ醤油

        160305-5.jpg
・揚げ物
 さば河豚竜田揚げ ばちこ天麩羅 酢橘 蓮根饅頭おかき揚げ 海老芋芥子の実揚げ 

     160305-6.jpg
・主菜「しもつかれ」
 鮭 粕汁 厚揚げ 金時人参 煎り大豆 からし菜 聖護院大根鬼おろし 煎り唐墨・雲丹散らし

        160305-7.jpg
・能勢米煮えばな

     160305-8.jpg
・酢の物
 公魚 蕪 牛蒡黒胡麻煮 土佐酢 木の芽 氷餅

     160305-9.jpg
・御飯 能勢米 
 おかず味噌 海老佃煮 千枚蕪 昆布佃煮 白菜浅漬け 河内鴨炭火焼き 菜の花胡麻よごし 

     160305-10.jpg

        160305-11.jpg
・甘味 ぜんざい 蓮の実 揚げ餅 あんぽ柿団子 くこの実 珈琲

 料理全体の印象では、前回より肩の力が抜けて柔らかくなったと感じた、店名が変わっただけでなく、目指す方向性も「旨いものを提供する場」から、より本格的な懐石料理店を目指している様に受け取った。
 各料理は食べた一口目で唸らせるのではなく、一皿食べ終わった時に頂点が来る仕上がりになっていると思う。器も大阪で使われる事の多い派手目な色絵磁器は使わず、染付磁器や織部等の陶器が中心、これは個人的には好ましく感じた。
 まずは「煮物椀」と称した懐石の花形である椀、鰹出汁は控え目に最上質の真昆布を使った出汁が秀逸で、疲れ始めた胃に浸みて行く(笑)。造りでは「この季節に?」と疑ってしまった鰹が意外な程に美味で、ちょっと驚く。
 「しもつかれ」とは元は栃木県の郷土食で、初午(2月)に神社に奉納する行事料理、鮭頭や節分で使った大豆、野菜を酒粕と煮込む、三寒四温の時期にこれを食べると病気にならないとの謂れもあるそうだ。森田料理では勿論料理屋的にアレンジを加えている、北大路魯山人が家庭料理について書いた文章の冒頭で、「世間の人は、自分の身近にある有価値な、美味いものを利用することに無頓着のようだ。」と語っているが、そうは言っても家庭で作る郷土料理を、店でお金の取れる料理にするのは難しいものだ、食材を少し整理するなど細部を詰めていけば、これから面白い料理になると思う。
 ご飯を炊き込みではなく白飯で提供し、煮えばなと炊き上がりの2回に分けて出すのは賛成、甘味の「ぜんざい」も良かったし、それに添えた珈琲が面白いアイディアだと思った。

        160305-12.jpg

 何時の間にか、厨房内には女優の黒木華さんみたいな美少女が登場、4月から正式採用予定の女性料理人だそうで、現在は調理師学校との兼務、これは男性客に楽しみが増えたか?興味のある人は実際に店へ客として行ってみてください(笑)。
 しっとりとした艶と雰囲気が増した感がある「桜花」、これから更に楽しみな店になりそうだ。森田料理長と女将さん、心温まるおもてなしありがとうございました、家庭と仕事の両立は大変でしょうが、またお会い出来るのを楽しみにしています。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 日本料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -