最後の晩餐にはまだ早い


御茶ノ水「ビストロ・ヌー」(2016年3月) 

 御茶ノ水(末広町)にあるフランス料理「ビストロ・ヌー」は、東日本大震災のあった2011年3月に開業したので、今年で5周年を迎える、私の初訪問は2013年の1月だが、以降ランチが殆どながら何回か利用させてもらっている。
 私の家からは地下鉄千代田線一本で行けるので、急にフランス料理が食べたくなったら、ランチのカウンター席ならまず予約しないでも滑り込めるのでありがたい。帰りには私の「第二の故郷」(笑)、秋葉原を歩く事が多いのでその楽しみもある。
 この日も店への到着は開店時間の11時半、先客がいたのでちょっと驚いた(笑)、磯貝料理長に挨拶し、いつもどおりカウンター席に座る。料理一人、サービス一人の体制は変わらず、今人材不足の東京ではランチは料理人一人、つまりワンオペでやっている店も増えているので、この店みたいに定着したサービスが就いている店は、それだけで「財産」と云えそう(笑)。

        160410-1.jpg

 いつもの黒板ランチメニューは前菜+メイン∔コーヒーで税込1,620円だが、この他に黒板料理を主に組み合わせた「おまかせランチ」が2種あり、前回同様に2,700円の方をお願いした、提供されたのは以下のとおり、

        160410-2.jpg
・カンパーニュ系のパン

     160410-3.jpg
・カリフラワーのポタージュ

     160410-4.jpg

        160410-5.jpg
・5周年記念一杯500円のペイドック・シャルドネ

        160410-6.jpg
・イチゴとフォアグラのクリーム

     160410-7.jpg
・ホワイトアスパラガスのサラダ

        160410-8.jpg
・仔羊と野菜の煮込み

     160410-9.jpg
・紅玉のタルト、バニラアイス

     160410-10.jpg
・エスプレッソ

 ポタージュはこの店で何回かいただいているが、油脂はあまり使わず、カリフラワーの味・香りを強調したもの。次のグラスに入れたフォアグラクリームは新機軸で、なかなか面白い料理、個人的にはカットした苺とピュレ状にしたフォアグラの繋がりに、もう一工夫欲しいかな?とも感じた。
 季節のホワイトアスパラガスは茹でてから皮剥きで削ぎ切りし、スモークサーモンとポーチドエッグと合わせ、ビーツのピュレで食べる、これはまさに春を感じさせる料理で美味だった。
 肉料理はストウブのココットに入れたトマト味のナヴァラン、加えた白インゲン豆がいいアクセントになっている、プリフィクスのメニューではあまり煮込系を選ばないのだが、これはシンプルな美味しさで「もっと食べたいな」と思ってしまった(笑)。
 デセールもシンプルなタルトだが、パコジェットで作り立てのアイスが効いていて、キチンとしたレストランデセールになっている。
 全体的に安定さが増して、安心して楽しめるランチメニューだと思った。磯貝料理長はバーテンダーからフレンチ料理人になった異色の経歴の持主だが、同世代の麻布十番「ジャニコロ」の内野料理長とも共通点を感じる、変に素材をいじり過ぎず、主役がハッキリしていて「何を食べさせたいのか」の意図が明確だ。
 
 正午を過ぎるとテーブルは満席になった、予約なしで入って来た男性4人組は日本語と中国語で会話しているので、中国系企業とのIT関係等の商談だろうか?フランス特にPARISでは、ランチタイムに商談をするのは普通な事、日本もこうした時代になったかと、昔から女子ばかりのフレンチランチを見て来た私は、妙に感慨深くなる(笑)。
 食事後、秋葉原へ出て久しぶりに街中を歩いてみたのだが、平日ながら凄い人出だった。大阪難波&日本橋では中国・韓国の人達ばかりだったが、秋葉原は世界中から人が集って来ている、聴こえて来る言語も仏語にスペイン語、何処の言葉だか判別不能な会話もあった(笑)、その中で歩道にはメイドの格好をした美少女が立ち、笑顔で店のチラシを配っている、白日夢みたいなシュールな光景。
 大通り沿いにオープンした高級ハンバーガー店は多国籍な客で混雑している、値段は1,000円超だから「ここで食べるなら、少し歩けば1,500円ランチのいいビストロあるよ」と教えたくなるが、英語は苦手なので?やめた(笑)。
「もし東京に一日しか居られないのなら、秋葉原に行きなさい」と云いたい、とにかく刺激があって毎日カオス状態の不思議街だ。

 今から十年位前、仕事が忙しくて心身共に落ち込んでいた時、「苦しみしか感じない仕事は早く辞め、老後は一人静かにお得なフレンチランチを巡る生活がしたい」と願っていたが、どうやらその状態に近づいて来た(笑)、そんな目的にピッタリなのがこの「ビストロ・ヌー」、毎月は無理としても気軽に訪れたいなと思う、磯貝料理長これからも宜しくお願いします(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30