最後の晩餐にはまだ早い


北千住「スザ ビストロ」

 経験した人は何の用だかお判りだと思うが、月一回位の頻度で北千住の某官庁へ出向く事になったので、当地のランチレポートをしたいと思う。
 リクルートが実施している「みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」と云うものがあり、2016年版の首位が吉祥寺から恵比寿に交代した事は報道されていたが、別ジャンルで「(住むのに)穴場だと思う街(駅)ランキング」があり、ここでは昨年に引き続き北千住が首位との事、北千住駅は5路線が乗入れする利便性の良さに加え、4つの大学がキャンパスを構えたことで街に活気があり、大きく変貌をしているのが理由らしい。昭和の猥雑な雰囲気の北千住を知っている人間には信じられないが、時代も街も変わるものだ(笑)。街が発展すればいい飲食店が出来る、それがまた人を呼ぶと云う好循環が生まれる。
 この日まず行こうと思ったのが、このブログでも記事にした事のある、担担麺の美味しい「鶴亀飯店」だが、店まで行ったら前日に近くの建設現場で足場が強風で崩れ、一帯が交通規制された事により臨時休業の貼り紙があり落胆、「さて、何処入ろうか?」と井之頭五郎的に悩んだが(笑)、以前から行きたいと思っていたビストロがあったのを思い出し、少し歩くが訪れてみる事にした。

     160430-1.jpg

 店は江戸時代から続く「日本五街道」の一つ日光街道沿いにある、店名は「スザビストロ」で、‘SUZA bistro et boulangerie’の仏語表記どおり、パン販売もしている。この店を記憶していたのは、WEB情報で料理人は六本木にあった「パ・マル」で働いていたとの情報があったからで、それなら名料理人と謳われた、故高橋徳男氏の直系になるので興味を覚えた。 
 11時半のランチタイムスタート直後に店へ到着、ドアを開けると入口近辺はパン売場になっている、美味しそうなパンが並んでいるので、これは後の楽しみにする事で、ランチを食べたい旨を告げカウンター席へ案内された。

     160430-2.jpg

 思っていたより店内は広く、テーブル席&カウンターで20席以上ある、キッチン内は男性が一人、サービスは女性一人で担当するが、どうやらご夫婦みたいだ。テーブルには懐かしい赤白チェックのクロスで、雰囲気は1980年代のビストロだ(笑)。
 ランチメニューは1,000円(税別)、肉または魚を選び、サラダ&自家製パンを加えたワンプレートとドリンクになる、私は肉を選び+200円でスープを追加してもらった。

        160430-3.jpg
・ベーコンと蕪のスープ

     160430-4.jpg
・骨付き鶏モモ肉のコンフィー、ハチミツマスタード風味、パン、サラダとサツマイモ

        160430-5.jpg
・コーヒー

 スープは神田の「パ・マル」で売っていた様なスープを期待したが、これは普通でした(笑)、値段を考えるとあまり原価はかけられないと思う。
 続くコンフィーは通常なら鴨の骨付きモモ肉で作る処を鶏肉にしている、皮目もパリっと焼かれて香ばしく、骨の周りまでしっかり火が入っていて美味しい、マスタードベースのソースが古典的でしっかりした味、「ああ、これは高橋氏のDNAだな」と思った(笑)。コーヒーも良かったし、何より自家製パンが美味。
 食後、料理人と少し話をさせてもらった、須崎さんと云う名前で店名は其処から付けたとWEB情報にあった。昨年5月に開業し、北千住を選んだのは奥様の親戚筋の地元だったからとの事、高橋徳男氏とは「アピシウス」退店後で、神田と六本木の「パ・マル」時代に一緒に働き、銀座「カイラダ」の料理長も仕事仲間になるそうで、ショップカードが置いてあった、高橋さんのお弟子さん達は今でも年に一回は集まって師を偲ぶそうだ。
 ランチタイムでその後来客があり、あまり仕事の邪魔をしてはいけないので切り上げたが、今度は夜に来て、高橋氏現役時代の話をぜひ聞いてみたいと思った(笑)。

     160430-6.jpg

     160430-7.jpg

 帰りにパンを買って帰ったので、以下に紹介しておきたい、なおパンは須崎氏ではなく専任のパン職人が居る、つまり二業種が同一店舗で営業している珍しい形態だ、パンも自然派で余計な味を加えず美味しかった。

        160430-8.jpg
・パン・ド・カンパーニュ1/4カット(税込280円)

        160430-9.jpg
・ライ麦(140円)

        160430-10.jpg
・クルミとレーズン(400円)

 こうしてブラリと立ち寄れるビストロがある街はいい街だと思う、私が住む場所にもビストロ欲しい(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -