最後の晩餐にはまだ早い


南青山「MAMA」(2016年5月)

 昨年9月に或る食事会で利用したのが、南青山のレストラン「MAMA」、フレンチ高級店出身の料理人とワインに精通したオーナー2人が作った、箸を使い日本茶も出す新しいタイプのレストランだが、今年からランチ営業を始めたと知って、行きたいと思いながら、我家から遠方な事もあってなかなか伺えないでいた。
 4月から昼の自由時間が大幅に増え(笑)、やっと訪れる事が出来た、前回利用からもう半年以上経っている。東京は行ってみたい店が多過ぎで、一度訪れた店に「また行きたい」と思いながらも、再訪出来ないでいる店が増えて行くばかりだ(笑)。
 前回は夜暗くなってから行き、表参道駅周辺の賑わいから10分歩いただけで、随分寂しい場所にあるなと思ったが、今回は昼で車の往来も多く界隈の雰囲気もかなり違う、そのため店を何時の間にか通り過ぎていた、「こんな下り坂の道だったかな?」と後ろを振り向いたら、店らしき入口が見えた(笑)。

        160605-1.jpg
 
 エントランスには特設のベンチ、そこにはランチメニューの案内と、一周年を迎えた店からの挨拶があった。
 入店後、オーナーの平垣内氏に挨拶しカウンターに座る、前回この場所は左右から座れる大テーブルだったが、通常はカウンター席として使用している。奥では年配の男性二人が食事中、偶然かも知れないがこの日のランチ客は私も含めて全員男性だった。

        160605-2.jpg
 
 本山 賢司氏のイラストみたいな絵心あるメニュー、ランチはカレーライス(税込800円)からあり、1,200円の「日替わり定食」は「そぼろ丼」との事、迷ったが事前に調べて「今日はこれ食べたい」と思っていた、「イベリコ豚のとんかつ定食」(2,200円)、これをお願いする事にした。店のWEBページでは「スペシャリテのイベリコ豚の天使の羽根を使用 、肩甲骨のあたりの部位で一頭から約500グラムほどしか取れない希少部位。 やわらかくて味のある部位は、豚肉の域を超えてます。」と説明がある。

     160605-3.jpg
まずは小鉢が出て来るのだが、これはどう見ても通常のバージョンより品数が増えている(笑)、平垣内氏が私の退職を知り配慮してくれたみたいだ、内訳は右上より時計回りで、 
・グリーンサラダ
・アスパラと蕪のマリネ
・キャロットラペ、クルミ
・富士宮サーモンのマリネ
・マカロニサラダ
・白アスパラのヴルーテ
 料理人の市村氏はフランス料理出身ながら、バターやクリーム類を殆ど使わず、店名のとおりに素材の持ち味を「そのまま」出す事を心がけているそうだ、それは食べて理解出来るし、何気ないグリーンサラダやマカロニサラダでも、「これはプロが作った味だ」と納得させる。

     160605-4.jpg

     160605-5.jpg
・イベリコ豚のとんかつ定食
 一周年記念で、この他にカダイフによるエビフライが付いたが画像撮り忘れ(笑)。

        160605-6.jpg
・イベリコ出汁の豚汁

        160605-7.jpg
・ご飯(栃木米)

        160605-8.jpg
・ファーブルトンを使ったパフェ
 実はもう一品あったが、個人的事情により割愛させてもらう(笑)。

        160605-9.jpg
・素敵なカップに入ったコーヒー

 コーヒーは記念日サービス、デザートも本来品よりバージョンUPしている、もし同じ物が食べたかったら、事前に要相談です(笑)。
 イベリコ豚は別名「プルマ」、日本だと「かぶり」と呼ぶ部位で、前回はローストだったが、揚げるとまた違った味わいになる、個人的にはこちらの方が好み。ロース部分に比べて肉自体に味と香りがあり、噛むと肉汁が湧いて舌を刺激する。
 そして「定食」の基本であるご飯と豚汁が美味しい、料理長の出身地である栃木米だそうで、多めに炊いて炊き加減のいい部分を提供している、イベリコ豚風味の豚汁は絶品、これとご飯だけでも充分満足出来ると思う(笑)。
 デザートも良かった、平垣内&市村両氏共に甘い物好きみたいなので、「何か出せばいいだろう」で作ったものでは決してない(笑)。

     160605-10.jpg

 この店の近くに引っ越して来たくなった(笑)、料理だけでなく店のインテリアや食器類も洗練され、とても居心地がよく落ち着く、二人が以前働いていた店は何度か利用したが、銀行のロビーで食事しているみたいで、料理はともかく雰囲気はどうも好きになれなかった。
 稲荷町の「キエチュード」が「女性が来たくなる店」なら、此処は「男性が来たくなる店」だと思った(笑)。私もリタイア世代になって、街中に高齢男性の居場所が本当に少ないと感じている、パチンコ店しかない(笑)。これから超高齢化社会を迎えるこの国において、カレーライス一杯でも落ち着いて食事出来る場所があるのは嬉しいし、これからもっと増えて欲しいと願う。

 平垣内&市村さん、美味しく心温まる午後になりました、我家から往復560円かかりますが(笑)、それでもまた伺いたいと思います、ありがとうございました。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. とんかつ・洋食
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -