最後の晩餐にはまだ早い


御徒町「アーンドラ・キッチン」

 この日も上野で用事があり、何処かでランチを食べてと思ったが、「山家」と「キエチュード」は先日行ったばかり、ラーメンを食べたいと思う日ではなく(笑)、そうするとこのブログではお馴染みの、「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」のビリヤニかな?と思ったのだが、ブロガーの宿命みたいなもので、過去何回か取り上げた店&料理は、どうも気乗りがしない(笑)。
 出かける前に「上野には他にもインド料理がある筈」と思いWEB検索したら、これが沢山出て来た(笑)、上野~秋葉原間は東京でもインド・パキスタン・ネパール系料理の激戦地になっているが、その中でも一番人気の店が「アーンドラ・キッチン」だった、取りあえず此処に行ってみる事にした、もし満席だったら近くには別のインド料理店もある。
 店の場所は上野よりJR御徒町駅に近い、この店がある辺りは昔から宝石・貴金属類の問屋・販売店が多く、宝石取引をするスリランカやインド系の人達向けの現地料理店があった、それが一時殆ど無くなり隣の秋葉原へ移っていた、これは秋葉原にIT関連のインド人が、多数働く様になったからとの説があったが、実際にそうだったのかは不明。その後再び上野~御徒町駅近辺にインド系料理店が増加している。

        160621-1.jpg

 開店時間は11時15分と云う中途な時間で、これに合わせて店前に行くと、まだ開いていなくて客だけが居た、そのまま待っていたら地下から店員が出て来て開店し、同時に3組が入店した。

     160621-2.jpg

 店奥の厨房に近い席に案内される、厨房内はインド・ネパール系の男性2人、店内は日本人男性が1人で対応する。
 WEBではこの店では「ミールスを食べるべき」との情報があった。「ミールス」について本気で説明すると長くなるから(笑)、ごく簡単に留めるが、主にインド南部で昼に食べられている盆に盛った「定食」の事。米やチャパティを数種のカレーと共に食べるのだが、食べる側の好みにより盆の上で混ぜるのが特徴、インドではバナナの葉を器にする地域も多い。

     160621-3.jpg
 その「ランチ・ミールス」(税込1,290円)を含めてランチは5種類、でも迷わずにミールスをお願いする事にした。

        160621-4.jpg
 厳格なインド料理店では禁アルコールの店もあるそうだが、此処は冷蔵庫の中にインドビールやインドワインらしき瓶があった。

        160621-5.jpg
 先に出て来たのがラッシー、本当はチャイを飲みたかったが、ランチ時提供はラッシーだけみたいだ、日本人向けにはカルピスを入れると聞いた事あるが、この店は不明(笑)。

     160621-6.jpg
 そして登場したのがミールスだ、真ん中にある白い薄焼き煎餅みたいな物がパパド、その下にチャパティ、よく見えないがパスマティマライスとインドの漬物ピッケルもある。

        160621-7.jpg
 カレー3種で、下からチキン、野菜、羊肉

        160621-8.jpg
 合っているかどうか不安だが(笑)、下からサンバル、ラッサム、ポリヤルだと思う。

 ミールスの正調な食べ方は、盆(ターリ)の中でライス&チャパティの上にパパドを細かく割り、そこへ小鉢(カトリ)に入っている各種カレーを、自分の好みで少しずつ加えて混ぜる、本場では手でやるそうだが、日本では手で食べるのは少々勇気が要る、周りを見回しても皆スプーンでやっているので、私もそれに倣った(笑)。
 日本のカレーライスみたいに、長時間煮込んで素材が手を繋ぎ合った味ではなく、食材、スパイス、チャパティ、ライスがそれぞれの特徴を主張し口中に入った後に混ざる印象、刺激があるのと同時に、自分の配合で味の変化が作れるのが面白い、食べ終わりまで飽きさせない。
 感覚的には韓国の「ビビンバ」に近いが、日本にはこうした食べ物はないと思う、もっとも、おかずからご飯まで全部一度に卓上に並べる旅館食は、形態的には「ミールス」と云えない事もないが(笑)。

 パスマティライスがなくなる頃には、「ライスお替わりいかがですか?」と訊いて来るしラッサムの追加もあった、インド系の人達の陽気な対応とは違うが、客席の進行状況を把握する男性のサービスは、なかなか優れたものだった。
 12時前には店内はほぼ満席に、1,290円のランチはサラリーマンには高額だが、内容は十分満足出来た。これなら「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」のビリヤニランチ(1,030円)と甲乙付け難いと思った、値段のお得さと店の雰囲気なら「ビリヤニ」、多彩で充実感ある食印象なら此処の「ミールス」と云う感じ、どちらも捨て難い。
 「カレーが食べたくなったら、上野&御徒町へ行きなさい」と云いたい(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -