最後の晩餐にはまだ早い


足立大谷田「大谷田温泉 明神の湯」

 私には温泉趣味がなかった、子供の頃は銭湯通いの家だったので、昨今の若い人に居ると聞く、「他人と同じ湯船に入るのが嫌」と云った潔癖症ではなく、要はただ面倒くさかっただけ(笑)、「温泉への往復や風呂に入っている時間が勿体ない、それなら音楽を聴き、本を読んでいたい」と思ってしまうのだ、そのため我家から自転車で行ける距離にある日帰り温泉(スーパー銭湯)にも興味を持たなかった。
 ところが今年3月に前職場を辞め、セミリタイア?生活を続けていると、時間の余裕が出来る、だからと云って外食ばかりしていると、何処かの国みたいに財政状況破綻が確実だ(笑)、昔と違いパチンコ店は時間を消費する場所ではなくなった、ハッキリ云うと「行く所が無い」のだ(笑)。
 それで日帰り温泉行を思い付き、自転車に乗って訪れてみた。

        160629-1.jpg

 場所は足立区の大谷田、環状七号線道路の大谷田陸橋から水元方面へ向かう途中、中川に架かる飯塚橋の手前にある。施設の名前は「大谷田温泉 明神の湯」で、外食店舗や社員・学生食堂等を手掛ける㈱共立フーズサービスが運営している、埼玉県行田市にある「行田天然温泉 古代蓮物語」も同経営だ。
 開業は2004年なので、今年で12年経った事になる。実はこの施設がある場所は、私が通っていた中学の通学路だった、当時は日立亀有工場の広大な施設があり、その関連施設の跡地だと思う。

     160629-2.jpg

 事前にWEBページで調べて、平日午前中が最安で一律700円で入湯可との情報を得ていたので、当然その時間を狙って訪れる(笑)。
 地上部分は広い駐車・駐輪場で、施設全体は2階にある。まずは靴を下駄箱に入れるが後で返還されるコイン式で100円、無料だとおそらく何ヶ所も使うイタズラがあるからではと思った、私も子供の頃銭湯でやりました(笑)。
 入湯料金は自販機で券を買い、フロントヘ出すやり方、700円の入浴券を買おうとしたが、食事とのセット券があるとの事で「ブランチセット」(1,000円)を購入する、つまり300円でランチが食べられる事になる、どんなものが出るのか怖い気持ちもあったが、ここは経験が大事と決めた(笑)。

     160629-3.jpg
 脱衣場は結構広い、個人ロッカーも大きく使い易い、ただ此処も後で還るが100円を入れる、下駄箱と計200円必要。

     160629-4.jpg
 内部の撮影は無理なので、WEBページから引用した画像、これは内風呂の「大ひば湯」。
 大浴槽は屋内外に各一、それぞれ「ぬる湯」と「あつ湯」に仕切られる、その他に小さな湯船、蒸し風呂、サウナと水風呂等に別れている。洗い場はあまり広くはないが、余程の混雑時でなければこれで足りるのだろう。
 まず驚きだったのが、平日午前中だから空いているだろうと思っていたのだが、結構人が来ている、それもお年寄りばかり(笑)。以前からリタイア世代の男性達は何処に行っているのだろう?と疑問だったが、こうした場所へ来ていたのですね、700円で何時間でも居ていいなら時間潰しには最適だ、中高年男性は家に居ても邪魔になるだけ(笑)、駐車場に車があったので、夜勤明けの個人タクシー運転手も来ているみたいだ。
 私も共同湯は久しぶりだったので最初は戸惑ったが、すぐに慣れた、特に気に入ったのが露天風呂で、青空を見ながら湯に使っていると、身体の中から澱んでいたものが抜けて行く気がする。なお通常は循環湯だそうで、週に一日だけ「源泉かけ流しの日」がある。

        160629-5.jpg
 風呂上がりにはやはり牛乳だが(笑)、今はサンダーバードの格納庫みたいなハイテク冷蔵庫になっている、コーヒー牛乳かフルーツ牛乳か最後まで迷う、結局両方飲んでしまった(笑)。

        160629-6.jpg
 結果はコーヒー牛乳の勝ちかな?昔大好きだった「パンピー」は2001年に製造中止になってしまった、残念(笑)。

        160629-8.jpg
 そして期待と不安のランチだが畳敷きの広間で食べる、この雰囲気何処かで見たと思ったのだが、暫くして気付いた、今はなき「船橋ヘルスセンター」だ(笑)。

     160629-7.jpg
 メニューは結構豊富だった、アルコール類もここで飲める。

     160629-9.jpg
 そして本日のブランチメニューは「ロコモコ丼とかけそば」、肝心の味はまあ見た目どおり(笑)、おそらくセントラルキッチンで作った物の再加熱だと思うが、値段を考えたら何とか食べられる味だった。

     160629-10.jpg
 館内はゲーム機にスロット、各種自販機等色々な物が揃い、家族連れで楽しめる娯楽施設になっている、私が嬉しいのは最新式のマッサージチェアがあった事(有料)、風呂上がりには極楽(笑)、頼めば「手もみ処」でマッサージも可能。
 想像していたより楽しかった、つやつやの肌が何とも気持ちいい(笑)、700円なら不満ない。
 気持ちの整理が出来ない時や行き詰った時、露天風呂に浸かっていると、何か今迄見えなかったものが見えて来るかも知れない、そんな時にお勧めです(笑)。
http://www.myoujin-no-yu.com/(明神の湯サイト)

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. その他
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -