最後の晩餐にはまだ早い


東麻布「ローブ‘L'aube’」

 過去「新規開店直後の店」にはあまり行っていなかった、中でもフランス料理店はオペラ上演みたいに、綿密にリハーサルを重ね瑕疵を排して本番に望むのが理想だが、オープン間もない店は、料理やオペレーションに準備不足を感じる事もあり、客としてはストレスを覚えてしまう、そんな事もあって最低でも一ヶ月位経ってから訪れる事が多かった。
 ところが今回訪れる店「ローブ‘L'aube’」は6月30日に開業、訪問は7月11日と過去最短記録かも知れない(笑)。友人から誘われたのもあるが、料理長の料理とパティシェールのデセールは前店で体験済みだったので、ある意味安心感もあり、早速に訪れる事にした。

 店の場所は都営大江戸線赤羽橋駅近く、麻布十番からも歩いて10分位だ。あまり大きくはないビルの2階にあり、入口が目立たず隠れ家的な印象、階段を昇ってドアを開けると照明を落とした店内、窓際には星空や海を思わせるデザインの穴を開けたスクリーンが下がっている、メートルの案内で着席するが、眼の前にオープンキッチンがあり、ライブ感漂う雰囲気だ。
 キッチン中央に立つ主役は1980年生れの今橋料理長、横浜で料理人歴を開始、2006年に渡仏しブルゴーニュやニース、パリで働く、2009年から原宿「Rstaurant-I(現KEISUKE MATSUSHIMA)」、2013年から同店料理長に就任、今回独立開業した。
 そしてキッチン左側、舞台なら下手の位置に立つのが、本物の女優みたいなオーラを放つ平瀬パティシェール、2003~2011年までパリのパティスリー&レストランで働き、2013年から「KEISUKE MATSUSHIMA」シェフパティシェールとして今橋氏とコンビを組んでいた。
 私は2014年11月に同店で両者の料理とデセールを体験し、どちらも才能を感じていたので、今回の訪問は楽しみだった。
 夜ムニュは9,000円のおまかせ1種のみで、当夜の料理&デセールは以下のとおり、

HARMONIE(調和)
        160723-1.jpg
・ウェルカムジュース

        160723-2.jpg
・アオサ?のチップ

     160723-3.jpg
・フォアグラのクロケット、プランダード

        160723-5.jpg
・自家製ブリオッシュ

        160723-4.jpg
・鎌倉野菜 ハーブ(ガラス器が二重になっていて、下に畑の土←食べられません(笑))

     160723-6.jpg
・功刀鱒 アーモンド

        160723-7.jpg
・花ズッキーニ 浅利

     160723-8.jpg
・穴子 フォワグラ

     160723-9.jpg
・土佐鴨 無花果

        160723-10.jpg
・ブリアサヴァラン ヘベス

     160723-11.jpg
・バラ 桃

        160723-12.jpg
・中目黒「カフェファソン」水出し珈琲(冷)

     160723-13.jpg
・パティシェ自家製ショコラ

 今橋氏の料理は前店からそう大きくは変えていない印象、開店直後なので抑え気味にしているのもあると思う、全体的に鎌倉野菜を多用しライトな印象ながら、随所に非凡なセンスを感じさせ、夏場と云う事もあるが、油脂は抑え目にして南仏的な料理を意識している様に思える。本人はキッチン内で大声を出す事なく物静かなタイプ、繊細さと一歩後ろに引いて、次のデセールに客を集中させる様な料理構成の仕方は、もっと饒舌な1970年代生れの料理人達とは違う(笑)。特に印象に残ったのは、料理長自ら探して来た素材と云う、イチジクの葉に包んで焼いた土佐鴨の料理だった。
 そして食べている途中で「今年一番、それも二番以下とは相当差がある」と確信したのが、平瀬パティシェールのデセール、前店よりスケールUPしている、と云うより今迄はバンケット等もあったので、多少抑えていた部分があり、本領を発揮しているのかも知れない(笑)。一皿目のヘベスは「平兵衛酢」と書く宮崎産の柑橘、これをブリアサヴァラン(チーズ)と合わせ、鮮烈な酸味と香りを強調。二皿目の桃も過去日本で体験した最良の桃デセールだと思った、果物を使ったデセールは元の素材を超える事が難しいのだが、この二品はパティシェの手を経る事により果物以上のものになっている、最後のショコラも存在が強過ぎず、料理とデセールの余韻を消していない。

 店内サービスを担当する関支配人も「KEISUKE MATSUSHIMA」時代からの同僚で、新店ながらストレスを感じさせない柔らかな対応、更にこの日は不在だったが、世界ソムリエ選手権出場の石田博氏がソムリエ&アドバイザーとして就任していて、新規立ち上げとしては見事に役者が揃った、それでも夜ムニュが9,000円で且つサービス料が7%なのは、かなり思い切った価格設定だと思った、同時期には夜2万円ムニュの店もオープンしている(笑)。
 此処はまた訪れたいと思う、特に秋冬はどんな料理とデセールになるのか期待が持てる、また東京にリピートしたい店が増えてしまった(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -