最後の晩餐にはまだ早い


御茶ノ水「ビストロ・ヌー」(2016年7月) 

 外苑前「フロリレージュ」みたいに、2ヶ月前から予約して利用日を待つのもレストランの楽しみなら、或る日思い付いて直前の予約か予約なしでも利用可能な店を知っていれば、また違う楽しみ方が出来る(笑)、私にとっては御茶ノ水(末広町)の「ビストロ・ヌー」はそんな店だ。
 まず我家から地下鉄千代田線だけで行け、カウンター席があるので一人でも気兼ねなく利用出来る、ランチでもプリフィクスで数種の中からその日食べたい料理が選べ、どの料理も安定している、支払いが財布に優しい、美人サービスに会える?(笑)、そして私にとっては「第二の故郷」とも云える秋葉原見物が出来る、この店の魅力は結構ある。
 この日も直前に思い立って伺う事にした、秋葉原のメインストリートはオーディオ少年だった私が頻繁に通っていた頃とは大きく変わってしまったが、「ビストロ・ヌー」がある神田明神下界隈は、昔の秋葉原の雰囲気が少し残っていた、ところが「秋葉原神社」なるフィギュア供養をする神社(笑)が出来ていたりして、此処にも変革の波が押し寄せている。

        160731-1.jpg

 店到着は開店直後の11時半、磯貝料理長とサービスの彩さんに挨拶し、いつものカウンター奥の席に座らせてもらう。

        160731-2.jpg
・黒板メニュー、人の顔が微かに写っているが心霊写真でなく料理長(笑)。

 基本はアントレから1種、プラから1種選ぶプリフィクスだが、鮎と仔牛の料理が気になり、我儘言ってこの2皿を入れてムニュを作ってもらった、この日は空いていたので対応可だったが、何時も出来るとは限りません、念のため(笑)。

     160731-3.jpg
・トマトのガスパチョ、奥に自家製カンパーニュ系のパン

        160731-4.jpg
・各種グラス売りワイン

        160731-5.jpg
・ハンガリー・トカイ・フルミント(グラス880円)

     160731-6.jpg
・馬肉のカルパッチョ

        160731-7.jpg
・和歌山県産鮎のソテー、肝のソース

     160731-8.jpg
・仔牛モモ肉のソテー、粒マスタードソース

     160731-9.jpg
・フルーツのスープ、バニラアイス

 トマトのガスパッチョは意識して繊維を残し、舌にトマトの味を印象付ける。美味しいと思えない冷凍種パンを平然と使う高額店がある中、毎日粉から練ってパンを焼くのは立派。馬肉は会津産との事で、鉄分を感じる濃厚な旨味が舌を刺激する。
 楽しみだったのが鮎の皿で、元々フランスに鮎は無いので、現地で働いた日本人料理人が、鱒やオンブル・シュバリエの料理を応用したと推測するが、肝を使う発想は日本人ならでは、この日の料理はムニエルにした鮎のフィレ身下にラタトゥイユを敷き、野菜の甘さと肝の苦味で鮎を引き立てるやり方、なかなか考えた料理で美味だった。
 北海道産の仔牛も予想以上に上質、業者から「使ってみてください」と云われたそうだが、国産の食肉もこうした料理に向いた物が出て来る様になった、ガルニのポムピュレもいい出来。
 最後は刻んだ季節果物のコンポートにバニラアイス、夏限定のトロピカルで飾らないビストロ的な一品、シンプルだけどまた食べたいと思うデセールだった。

 磯貝氏はバーテンダーから料理人になった異色経歴の持主だが、高校生の頃は有名校のバスケットボール選手だったそうだ、その話から「私は昔、NBLのスター選手カリーム・アブドゥル=ジャバー(身長218cm)を秋葉原で見た」との話題になった、現役時代の1985年頃だと思うが、磯貝氏は1981年生れなのでまだ小学校前でした(笑)。関脇時代の曙を浅草で見た時、エカテリーナ・ガモワ(ロシアの女性バレーボール選手、身長202cm)を羽田空港で見た時と並び、3大?アスリート遭遇として強烈な印象に焼き付いている(笑)。
 また彼がPARISで働いていた頃の話も出て、当時現地で共に苦闘していた日本人の仲間達が、現在日本に帰って皆シェフになっているのを聞くと、フランスも現在よりまだ外国人が働き易い環境だったとは云え、言葉も通じず、お金もコネクションも持たなかった彼・彼女達の頑張りが、今の日本フランス料理界のレベルの高さに繋がっているのだなと、あらためて思う。

 ランチタイムは余程の人気店以外は集客にムラがある、特に夏休み中は子供が居る母親達が外へ出難くなるため、平日は空いている日が多くなると聞く、ランチ訪問愛好家にはチャンスかも知れない(笑)。
 このブログも暫くはランチ行脚が続きそうだ、夏の暑い平日に一人静かに?ランチを食べている男性が居たら、それは私かも知れない、もし出会っても「老人が寂しそうに、独りフレンチしている」と指差して嗤わないでくださいな(笑)。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30