最後の晩餐にはまだ早い


神田須田町「雲林坊 秋葉原店」(2016年7月)

 TVの影響か、サラリーマンの昼飯を略して「サラメシ」と呼ぶのがブームみたいだが、以前から食業界関係では、フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、最近はノルディックも加え?これらを総称して俗に「ヨコメシ」と呼んでいた、これはメニューを横書きするのでそう呼ぶと聞いた、和食や中国料理は縦書きなので「タテメシ」になる。
 これは私だけではないと思うが、夏、特に8月前半の酷暑時期はヨコメシ指数がどうしても落ちる、外へ行く事自体も億劫になるが、もし外食となってもヨコメシ以外を選びがちだ、私の場合食べたくなるのが刺激味系(笑)、インド・ネパール系や中国四川系の料理で、日本、特に都市部の夏は、インドベンガル地方や四川省級の過酷な暑さなのかも知れない(笑)。

     160812-1.jpg

 この日、ヨドバシアキバに用があり、ついでに何処かで簡単にランチを食べようと思ったが、秋葉原はマニア系とラーメンとカレーの聖地(笑)、店が多過ぎてかえって選ぶのに迷ってしまう。
 結局決めたのは、既訪問店である須田町の担担麺専門店「雲林坊」、此処も一年以上ご無沙汰していた。神田「やぶそば」の向かいにある四川料理「雲林」の支店で、九段、秋葉原に加え、昨年日本橋室町にも同名の系列店を開業した。

        160812-2.jpg

 須田町界隈ではランチの人気店、昼休み前に入るつもりで開店直後に行ったのだが、既に先客が3名、私の後も次々と来客があり満席に、食べ終わる頃には席待ち客まで並んでいた、皆私同様に「酷暑を乗り切るには何より辛味」と考えているのかも?(笑)。
 食券方式なので先に食べる物を決めるが、この日は汁あり担担麺に、今迄食べていなかった麻婆豆腐丼(小)が付いたセット(1,150円)に決めた、刺激+炭水化物のダブル攻めだ(笑)、カウンター奥に座り食券を出して暫し待つ事に。

     160812-3.jpg
 卓上には共有の洗い箸を納めた抽斗と上にレンゲを入れた同サイズの小籠、亀有の「炎真」も同じスタイルだが、省スペース仕様でいいやり方だと思う。

     160812-4.jpg
 「スープへのこだわり」、こうした蘊蓄表示はやり過ぎると客が白けるが、頭上の目立たない場所なので、あまり気にならない(笑)。

     160812-5.jpg
 そして登場したのが汁あり担担麺、スープを一口飲むと「そうそう、この味」と記憶が蘇る(笑)、唐辛子の辛味がキリッと効いた刺激系、スープのベースがしっかりしているので辛さだけが尖っていない、麺は中太のストレート系、全粒粉が入っているのか歯応えと香りが良く、唐辛子スープの強さに負けていない。他店でも刺激味系の担担麺を食べて来たが、スープに麺が負けている場合が多かった、この担担麺はいいバランスだ。

        160812-6.jpg
 続いて小麻婆豆腐丼、店では「陳麻婆豆腐」を名乗っているが、陳健民の四川飯店系なのか、四川成都にある「陳麻婆豆腐店」の名から取ったのかは不明。

        160812-7.jpg
 丼に付く和え物

 麻婆豆腐を食べると山椒の香りが鼻腔に抜け痺れ感が舌を刺激する、日本的に柔らかくしていない、片栗粉のトロミは殆ど付けずスープカレーみたいな緩さ、ご飯に対し汁が多い「つゆだく」状態で、もう少しご飯が欲しくなる(笑)。
 麻婆豆腐丼としては刺激があって美味しいが、担担麺と同時に食べると、辛さと痺れ感の質が違うので、味が打ち消し合う感じもした。あくまでも個人的感想だが、麻婆豆腐が食べたいなら単体で、担担麺にご飯が欲しかったら通常の白ご飯の方が合うと思った。
 辛さと痺れのダブルパンチは結構効いたが(笑)、暑く高湿度な夏に弱りがちな胃腸を鼓舞するには向いていると思う、気候と食べ物には関連性がある。

        160812-8.jpg
 
 帰りはこの界隈に僅かに残る「看板建築」を見る事に、関東大震災後に建てられた、建物前面を銅板やモルタルで洋風に装飾し、中身は木造日本家屋の建築様式の事で、この「海老原商店」は1928年(昭和3年)の建築、戦時中も空襲被害に遭わなかったのでそのまま残った。昭和・平成を生きた建物は見るだけならとても味があるが、この古さではやがて消えゆく運命だろう、見ておくなら今のうちかも知れない。

     160812-9.jpg

 暑い中歩いていたら辛味効果が効き冷たい物が欲しくなり、セブンイレブンに入って「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」(140円)を買ってしまった、これを舐めながら隣の御徒町まで歩いたが、すれ違った人にはきっと「変な親父だ」と思われた事だろう(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -