最後の晩餐にはまだ早い


北千住「ブラッスリー ロノマトペ」

 今回紹介するのは、北千住在住の人から教えてもらったブラッスリーで、今年4月末に開業したばかり。場所は千住警察署の近く、足立区役所の移転跡地に「東京芸術センター」と云う名の22階建てのビルが出来たが、その道を挟んで向かい側、ブログで紹介した「鶴亀飯店」の並びだ。
 店の名前は「ブラッスリー ロノマトペ‘brasserie l'onomatopee’」、‘onomatopee’とはフランス語で「擬声語」の事、動物の鳴き声表現等がそれで、フランスでは犬の鳴き声がwouaf wouaf (ワフワフ)、猫だとmiaou miaou( ミャオミャオ)、蛙がkoua koua( クァクァ)になり、これらがオノマトペだ。

     160816-1.jpg

 店から近い某庁に4月から通っているので場所は確認していたが、昼食時間と合わずなかなか利用する機会がなかった、この日は運よく時間調節が可能で、開店時の11時半に入店出来た、あとで知ったのだがランチタイムは予約を取らないため、先に行ったもの勝ちだった(笑)。

        160816-2.jpg

 外装もエントランスの雰囲気も結構本格派、これだけ見たら、とても北千住にあるフランス料理店とは思えない。
 入口傍には「本日のランチメニュー」を書いた黒板が置かれている。

        160816-3.jpg

 入店後、「お好きな席へどうぞ」と云われたので、厨房に近い2人席に座らせてもらった、奥にベンチシートの席があり合計18席位、カウンター席も3席ある、この日のランチメニューを改めて見るが、
A. poulet confit 「骨付き大山地鶏のコンフィ スペルト小麦と野菜のリゾット添え」(1,280円)
B. couscous d’agneau 「仔羊のクスクス」(1,330円)
C. poisson de jour 「凾館産エゾメバルの蒸し焼き」(1,330円)
 クスクス好きなので迷わずBにしたが、間違いのない仏語表記がしてあって、どれも値段の割には魅力的なメニュー、これにサラダ、パン、コーヒーまたは紅茶が付く。

     160816-10.jpg

 店内は古いフランス映画のポスター等が掲げられ、ヴィンテージ調の家具も含めて1960~70年代フランスのイメージ、好き嫌いはあるかも知れないが私は好きだ(笑)、ブラッスリーと云うより旧くからあるビストロ的な印象、メニューにも料理の皿にも‘cuisine règionale’「(フランスの)地方料理」を表記している。高価なペルスヴァルのナイフがさりげなく並べてあり、これ見ても店主は只者ではないと思った(笑)。厨房は料理長と手伝いの若い男性が一人、サービスは若い女性が担当するが、二人はアルバイトかも知れない。

        160816-4.jpg
 まずはサラダからで、これは普通のリーフサラダだった(笑)。

        160816-5.jpg
 専用のパン袋に入れてあるパン、自家製ではなく冷凍種のパンではないかと思うが、温め直して熱々な事もあり美味しかった。

     160816-6.jpg
 そしてクスクス、フランス的な大盛りではなく日本人向けの量。羊は柔らかく煮込まれながら羊本来の旨味を残している、野菜やガルバンソの扱いもいい、時にスープカレーみたいな薄いクスクスに出会う事もあるが、これは味の積層が感じられ結構本格派、スムールの炊き具合も的確、パリで食べるクスクスに近いと思った。「もっと食べたいな」と思ったが、パンを食べると丁度いい量だった(笑)。

     160816-7.jpg
 おでんに辛子、ラーメンに胡椒なら、クスクスにはアリッサ(Harissa)、マグレブ(北アフリカ)生れの唐辛子ペーストで、これを加える事によりクスクスの味に深さと奥行きが出る。

 失礼ながら、北千住でこれだけ正調なクスクスが食べられるとは予想外、それも本を見て作ったのではなく、現地で何回も食べていないと出せない味だと思った。
 機嫌が良くなって、追加でデザートまで頼んでしまった。

        160816-8.jpg
・洋梨のタルト(+300円)
 クレーム・アングレーズを添え、カシスジャム?の飾りまで付いている、フランス的に大きなタルト型で焼きカットしたもので、何処か懐かしく美味でした(笑)。

        160816-9.jpg
・コーヒー
 カップもシュクレも洒落ている、味も悪くない。

 店主は40代半ば位か?風貌が少し富士宮「Bio-s」のオーナーに似ている(笑)。満席で忙しそうだったので話しは出来なかったが、おそらくフランスで何年か働いていると思う。
 此処は一回で気に入り、ランチなら毎月でも来たいと思った位(笑)、もし北千住に来る事あれば、並びにある「鶴亀飯店」と共にお勧めしたい店、ただ前述のとおりランチは予約を取らないので、早目に行く必要ありです(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -