最後の晩餐にはまだ早い


表参道「グラッシェル」(2016年9月)

 甘党の私にはありがたい事に、表参道のスイーツパラダイス(笑)「グラッシェル」のプレス向け新作発表会への招待をいただいた。今回は「2016年秋・クリスマス商品」の紹介、「ハローウィン向け商品では?」と思われるかも知れないが、この業界は先取りが必須で、Xmas商戦でも夏から準備するのは決して早過ぎない、それだけ一家に一台のケーキを売るために、業界間で熾烈な競争をしていると云えそう。
 政務活動費で旅行した地方議員が、報告書を作っていないのが問題になっているが、発表会招待をいただいたからには、真面目にレポートをするのは義務だと思う(笑)、以下商品の紹介と試食の印象を記したいが、あくまでも私個人の感想になる事をご理解いただきたい。

        160929-1.jpg

 2日にわたって開催されたレセプション最後の回(たぶん)に参加、場所は「グラッシェル」2階のカフェスペースの別室部分、この回は満席の盛況で、料理雑誌やWEB記事で見た事ある業界関係者も数名来ていた。
 定刻になり「グラッシェル」の本間シェフ・パティシェールの挨拶から始まる、今回発表するのはアントメグラッセ(アイスクリームケーキ)新作3種で、そのうち2種がクリスマス限定商品、一つは秋季商品との事だ。

     160929-2.jpg
 まずはホールで全5種類だが、左側2種が定番の人気商品、右側3種が今回お披露目するアイテムだ。

        160929-3.jpg
 下から上へ「コルベイユ・ド・フリュイ」、「フォレ・ド・サパン・ピスターシュ」、「シャルロット・オ・ショコラ・グリオット」。

     160929-4.jpg
 カットしたピース画像、一眼レフ持って行って良かった(笑)。

        160929-5.jpg
・コルベイユ・ド・フリュイ(ホール税抜3,800円)
 配付された資料に沿うが、
「フルーツたっぷりのバスケット(コルベイユ)をイメージしてお作りしたアントルメグラッセ、サブレブルトンヌの生地にカリカリ食感のシュトロイゼルを敷き詰め、イチジクのコンフィチュール、上にバニラアイスに洋ナシのソルベを層にしております。半球状の洋ナシのソルベの上には、3種類のフルーツのソルベとイチジクやフランボワーズ、グリオットなどのフルーツを散りばめました。(後略)」とある。
 苺ショートと同じで鉄板の赤白スイーツ、日本人が嫌いな訳ない(笑)、果物の酸味とビスキュイ生地・ソルベのバランス良好、値段も他の2品に較べて安価な事もあり、アントルメグラッセ入門用として最適だと思う。9月22日から発売中の秋季商品。

        160929-6.jpg
・フォレ・ド・サパン・ピスターシュ(5,000円)
 「サパン(Xmasツリー)をイメージした立体的なフォルムが目を惹くアントルメグラッセ、カカオ風味のパートサブレの土台に、チョコチップのアイスとカリカリ食感のシュトロイゼルカカオを敷き、上にはミルクシャーベットとイチゴのコンポートを絞りました。周りを縁取るピスタチオソルベが見た目の華やかさを演出します。」
 見栄えはこれが一番立派(笑)、ケーキ類にピスターシュを使うのは流行だが、色の鮮やかさと脂分が甘味に合うのだと思う、グラッセだとピスターシュの脂分が抑えられ香りが高まる印象、ビジュアル良好なのでホームパーティー等には最適だ。11月1日~12月25日の期間限定商品。

        160929-7.jpg
・シャルロット・オ・ショコラ・グリオット(5,000円)
 「チョコレートのビスキュイで周りを縁取り、アーモンドショコラ生地の上にグリオット(チェリー)入りバニラアイスクリームと、グリオットのジュレで3層に、上にはキルシュ入りのビターとミルクチョコレートを絞りました。(後略)」
 個人的にはこれが一番好み、食感の違う甘味が積層になって新しい甘味が生まれる、良質なチョコレートの余韻にグリオットの微かな酸味が加わり、味が単調にならない。もし明日世界が終わるとしたら、脂肪肝を心配しなくていいので、1ホール一人で一気食いしたいと思う(笑)。11月1日~12月25日の期間限定商品。

 試食は一応上記3種だが、本間シェフから「カフェ部門で提供するパフェをこれから強化したいので、今日は一品試食して欲しい」旨の話があった、そこで登場したのが、

        160929-8.jpg
・シャインマスカットのパフェ(販売価格1,600円)

        160929-9.jpg
・試食用バージョン

 これは贅沢なパフェ、値段を聞いた時は一瞬「高いのでは?」と思ったが、食べて納得した、岡山産の上質なシャインマスカットを贅沢に使い、エルダーフラワー風味のグラスやフロマージュブランのムース等中身も手がかかっている、店売りスイーツと違い、ラム酒等のリキュール類を積極的に使えるので、味が複雑になり美味しくなる、10月初旬迄の期間限定なので、食べたいと思ったら今すぐ表参道へ(笑)。

 去年のXmasは「グラッシェル」のアントルメグラッセだったが、数日間味が変わらず楽しめたので、少人数家庭には向いていると思う、従来のスポンジケーキに飽きた人も含めて、今年のXmasアイテムに検討してみてはいかが?もし買わなくても店で見本を見ているだけでも楽しいです(笑)。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -