最後の晩餐にはまだ早い


札幌・北15条東「Curry Power パンチ」(2016札幌食べ続け③)

 札幌の街は道路が碁盤目状に整備されているので判り易い、その反面東西南北を間違えると、行き止まりが無いから何処までも真っ直ぐ歩いてしまい、気が付くと目的地と相当離れていた事もある(笑)。
 札幌二日目の夜は、北15条にあるスープカレーの店「Curry Power パンチ」へ行こうと、地下鉄の北13条東駅から歩いている途中、夜で暗かった事もあり「この道でいいのかな?」と不安になった、誰かに訊くにも札幌の住宅地は夜歩いている人が居ない(笑)、心配しながら進んでいると、ようやく目的の環状通りらしい広い道が見えたので一安心、こうした時には、もうナビ可能なスマホに替えないといけないなと思う、老後が心配になる(笑)。

        161015-1.jpg

 去年は旅行中に2回訪問したので早くも3回目、店主は開業前から知っているが、何とか1年続いた(店としては間もなく2年)のは嬉しい事でもある。日頃東京飲食店の厳しさを見ているし、札幌でも価格競争や従業員不足の面で、同じ状態になりつつあるのは感じた、この店も現在は昼夜共にワンオペレーションで混む時間は結構厳しい筈、札幌に住んでいたら手伝いに来てあげたいと思ってしまう(笑)。
 入店は19時過ぎ、勤め帰りみたいな男性が一人カウンター席で食事中、テーブル席では若い男女4人組が出来上がりを待っている。店主のU君に挨拶しカウンター隅に座る、店内の雰囲気は去年と殆ど変わっていない。

     161015-2.jpg

 さて何を食べるか迷うのだが、去年食べていない「タンドリーチキンベジタブル」か「豚タンドリーベジタブル」どちらかな?と思ったが、やはり考え直して、去年食べて好印象だった「うまうまつくねベジタブル」(税込1,090円)に決めた、今回食べないと、多分また一年「つくねベジタブルが食べたい」と思い続ける事になる(笑)。辛さは7段階あるうち下から3番目の「フック」でライスは普通盛、プレーンラッシーも一緒にお願いした。
 カウンター席だけならワンオペでも何とかなりそうだが、この店みたいにテーブル席も多いと大変だ、札幌のフレンチで「札幌人はカウンターで食事するのをあまり好まない」と聞いた事あるが、2人以上の場合向かい合って食事するのは、日本人の習性みたいだ(笑)。

        161015-3.jpg
 やがて出来上がったのが「うまうまつくねベジタブル」、元はおそらく「つくね鍋」から着想したものだと思うが、大きなつくねが4個、そこに茹で玉子と各種野菜が加わる。
 まずはスープを一口、あっさりした和風味が広がる、昆布ベースに鶏出汁だと思うが、私みたいな年齢の人間にも受け入れられ易い穏やか系、東京では出会えない系統の味だ、スパイスの積み重ねにこの和風が不思議と合う。
 つくねは柔らかく揚げてあり、道産の力強い野菜と合って中国料理の「砂鍋獅子頭」みたいな印象、今東京では天候不順によって野菜が高騰しているから、食べられる時に食べておかないといけない(笑)。

        161015-4.jpg
 ご飯は「ほしのゆめ」と云う道産米だそうだ、コシヒカリ系の粘りの強い品種ではなく、スープカレーと相性がいいサラっとした感じの炊き上がりになる、去年は少しご飯を追加してもらったのを思い出したが、今回は控えた(笑)。

        161015-5.jpg
 ラッシーはインドカレーともスープカレーとも合う。

     161015-6.jpg
 完食です、ごちそうさまでした(笑)。
 
 昼間のブイヤベースもそうだが、札幌の気候にこうした「汁物」がよく合う、これはヨーロッパみたいな湿度の低さと関係あるのでは?と以前から思っていたが、今回それを確信した。2日前の東京は結構蒸し暑かったが、札幌へ来たら喉も自慢の?潤い肌も乾いて(笑)、保湿のため水分が欲しくなる。別の見方をすると、このスープカレーをそのまま東京へ持って行っても受けないかも知れない、もっと粘度を増して刺激も強くする必要がありそうだ。

       161015-7.jpg

 ウィキペディアによるとスープカレーは、1971年に札幌の喫茶店「アジャンタ」が発売した「薬膳カリイ」が発祥とされている、それから45年経って現在は札幌市内だけでも約250店舗あるそうだ、これだけ札幌の人口に膾炙したのは、気候風土に合ったからとしか思えないのだが、その中で生き残るのは東京のフランス料理店と同じで熾烈なものがある、この店も何とか続いて欲しいと願わずにいられない。
 U君、一年ぶりのカレー美味しかったです、来年また来られるのを楽しみにしています(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -