最後の晩餐にはまだ早い


札幌・東本願寺前「らーめん五丈原本店」(2016札幌食べ続け⑤)

 札幌三日目の夜は、まずは東京にも支店がある、札幌発祥の有名回転寿司店へ行くつもりで、市内西北部にある店舗まで歩いて行ったのだが、店へ着いたら入店待ちの行列が出来ていて驚いた。週末夜だった事もあるが、東京と同じく地元の人はそう高級な寿司店には行かない、こうした店へ行く事が「日常の贅沢」なのだなと思う。
 並んでいようかとも思ったが、30分は待ちそうだし、そこまでしなくても何時か東京の店へ行けばいいかと断念した。
 こうなると今から行くとすると、思い付くのはあの店しかない、「あなたをたずねて南へ歩く」事に(笑)。歩いている途中「天然温泉」を見つけて心惹かれたが、タオルも着替えも無いので見送り、辿り着いたのが東本願寺前で30分以上歩いた、東京人は地下鉄の乗換通路等で鍛えられているので、意外にも歩きには強い(笑)。

        161023-1.jpg

 そして到着したのが、このブログではお馴染みの「らーめん五丈原」、夜暗くなってこの赤い暖簾と店内の灯りを見ると、集魚灯に引き寄せられる烏賊みたいに近づいて、自動ドアのボタンを押してしまう(笑)。

        161023-2.jpg

 店の入口には「スープとの相性抜群 チャーシューおにぎり」の文字と写真が、これはサブリミナル効果を狙ったのか、その意図どおりに、入店してから目の前にある自販機のボタンをつい押してしまった(笑)。

     161023-3.jpg

 席に座って食券を提出、結局選んだのは一番人気と云われる「とんしおらーめん」(税込680円)&「チャーシューおにぎり」(150円)、脂多目or少な目を訊かれるので、少な目でお願いする。
 目の前には、割り箸と洗いの共有箸2種類が置かれているのがこの店の特徴、私は割り箸使わない派だ、胡椒、七味、おろしニンニクの味変アイテムは以前と変わらず、水ポットは東京ではあまり見かけなくなった非透明のプラスチック製。

     161023-4.jpg
 やがて出来上がったのが「とんしおらーめん」何だかデフォルトの具より増えている気がするが、まあお許しください(笑)。
 まずはスープを一口、豚骨ベースながら脂気は少なく、スルスルと嚥下していく、「ああ、この味」と脳が反応する、去年も感じたが微かに甲殻類みたいな風味がある、確認したが干し海老等は使っていないとの事で、豚骨から出たものだろう。
 麺は以前から変わらない細麺で縮れのないストレートタイプ、スープとの相性はいい、チャーシュー、メンマ等具のクオリティも高いと思う。

        161023-5.jpg
 炭水化物過多はとても気になるが、久しぶりのチャーシューおにぎりは、パラっとほぐれる作りで、何処か懐かしく記憶を呼び覚ます味。固めに炊いた粘りの少ない北海道米(たぶん)にラーメンに使うチャーシューを刻んで混ぜ、醤油ダレで和え型を使ってオニギリ状にしたものだが、インドカレーとパスマティライスみたいに、ラーメンスープとこのオニギリは相性抜群、添えられた刻み沢庵がまた泣ける(笑)。
 ごちそうさまでした、完食です(笑)。関東圏でのフェア出店でもない限り、一年に一回しか食べられないのが残念だが、しっかり記憶に留めたい味だった。

     161023-6.jpg
 
 この店は平成6年(1994)に、旭川の元寿司職人が始めた店と聞く、札幌ラーメンより旭川ラーメンに近いらしいが、創業20年を過ぎて味も少しずつ変わって来たのだと思う、今は二郎系みたいなタイプや辛味系メニューも取り入れている。現在の経営は実質二代目、その跡継ぎも出来たみたいで(笑)、あと50年は続けられそうか?
 皆が消費を控えようとする昨今、札幌でも飲食店の現状が厳しい事は肌で感じた、スープカレー店が札幌市内で250店なら、ラーメン店は1000店以上あると云われている、その中で生き残って行くのは本当に大変だろうが、此の地でこれからも続いて欲しい名店だと思う。
 余裕があれば、店の近くにある海老出汁で知られるラーメン店も行ってみたかったが、さすがにそれは無理だった(笑)。もう足が痛くなって来たが、またホテルまで歩いて帰る事に、でもこれ位では三日間のカロリー過多は殆ど解消しないが(笑)。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -