最後の晩餐にはまだ早い


映画「ノーマ東京-世界一のレストランが日本にやって来た」

 出版社勤務の友人のご厚意により、封切前の映画試写会に参加する事が出来た、その映画は食に興味のある人なら観たくなると思う、12月10日公開予定の「ノーマ東京-世界一のレストランが日本にやって来た」だった。
 昨年、日本橋のマンダリンオリエンタルホテル東京にて開催された「NOMA東京」、デンマーク本店からスタッフ全員(77名とされる)が参加し、5週間と云うフェアにしては異例な長期間の「引っ越しレストラン」だったが、主にその準備段階を追ったドキュメンタリーが製作されていた。
 映画や小説の紹介記事の常として、以下は「ネタバレ」を伴うので、観ると決めている人は読まない方がいいかも知れない(笑)。さらに私自身はフェアに参加しておらず、またコペンハーゲンにある「NOMA」本店も訪れていないので、この店の料理については語る資格はなく、あくまでも映画自体の印象と思って欲しい。

        161104-1.jpg
 映画はまず本店から数名のスタッフが「先乗り」として、マンダリンオリエンタル東京にやって来る処から始まる、フランス料理店ならスーシェフやシェフ・ド・パルティクラスだと思う、まず彼等は厨房の狭さや暗さ等環境がよくない事に驚き、本国との野菜の味の違いに困惑する。
     161104-2.jpg
 日本で提供するメニューを考えるのだが、なかなか纏まらない。スタッフのモノローグ的な紹介があって、各自料理人になった動機や「NOMA」で働く事の意義を語るのだが、私はこの場面が一番好きだ(笑)。
     161104-3.jpg
 そして料理長のレネ・レゼピが遅れて日本へやって来る、勿論その間にも電話では何回も連絡は取り合っているが、現場を知りスタッフ達と直接会って話すと、それまでとは違う空気が支配する。料理長は部下が考えた、本店とあまり変わらない料理に駄目出し(笑)、日本で行う意義を皆に強調し、食材を探すために出発する。
     161104-4.jpg
 築地市場から始まり、北は青森白神山地から南は沖縄まで、雨の中で野生茸を探し、立ち木の枝を集める、苺農家では熟していない白い苺を求め、未熟だからと売りたがらない農家と揉める(笑)、さらには地方料理を味わい「日本」への理解を深めようとする。
     161104-5.jpg
 探し集めた日本の食材からインスピレーションを得て、フェアメニューの試作を重ねながら構築する、この辺りは料理人の作業と云うより、映画等で見るルネッサンス時代の美術家工房みたいな印象だ。
     161104-6.jpg
 開催日が迫って来る、ダイニングの内装もフェアに合わせた特別仕様、料理に関してはディティールに拘る料理長も、店内装飾等に関する日本人の細やかな作業に感嘆する。
 そして遂にフェアオープン当日、最初の客がやって来た、厨房前で迎えるのはレネ・レゼピ本人、これからの時間どんな信じられない料理が提供されるのか・・。
     161104-7.jpg

 原題が「Ants on a Shrimp」なのが少々笑えるが、お約束どおりにちゃんと「蟻」も登場する、日本の蟻では長野産が最上だそうだ(笑)。
 勿論レネ・レゼピ料理長も登場しながらも、どちらかと云えば彼の下で働く若いスタッフ達が主役の、特別イベントを追ったメイキングムービーと云う印象を受けた。多国籍なキッチンスタッフを束ねるのは、マケドニア人の父とデンマーク人の母を持ち、スペインとアメリカで料理を学んだ料理長、彼・彼女達が日本で開催したフェアをオランダ人?の監督が撮ったドキュンメンタリーと云う、まさにグローバルな現代料理界を表わしていると思う(笑)。フィクションだが、ロンドンが舞台の「二ツ星の料理人」では、キッチンで仏語が聞こえていたが、このドキュメンタリーでは英語だけ、今やそうした時代になったのだ(笑)。

 なお映画の公式サイトは以下のリンクで、予告編も観る事が出来る。
http://noma-movie.com/
 個人的な希望を云えば、実際にフェアに参加した客の感想や運営側の話、また「NOMA」が日本に何を伝えたのか等、もう少し日本人の「声」が聞きたかった気もするが、特に日本向けに作った映画ではないので、それは仕方ない処か。
 映画としての完成度は別にしても、料理人やレストラン関係者、レストラン愛好家が観れば、客としては知る事出来ない舞台裏が見られるので、きっと「面白い」と思う筈だ(笑)。
監督:モーリス・デッカーズ、2016年オランダ映画

※今回のブログに掲載した映画のスチール画像は、配給元から提供を受け、ブログへの掲載許可を得ています、画像等の無断転載はおやめください。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 書籍・映画
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -