最後の晩餐にはまだ早い


表参道「グラッシェル」(2016年12月)

 2013年7月にオープンした、表参道のアントルメグラッセと生グラスの専門店「グラッシェル(GLACIEL)」、シェフパティシェールとは以前より知り合いだったので、「ブロガー」として、時に新作レセプションに招待をいただいていた。いつもタダ飯いやタダアイス(笑)では申し訳ないので、久しぶりにプライベートでランチタイムに訪れる事にした。
 土日は結構混むと聞いていたので平日昼の利用、休日は人で賑わう表参道も平日午前中は落ち着いた街並に感じる、表参道ヒルズ前のユニオンチャーチ角を曲がり直進すれば、店はもうすぐだ。

     161218-1.jpg

 店前に着いたら開店時間の11時少し前で、一応席の予約をして行ったのだが、年寄りは集合早いので、その心配はいらなかったかも知れない(笑)。
 2階のカフェスペースに案内されるが、店内はクリスマスモード真っ盛り、あまり目立たない様に、壁際奥の席に座らせてもらった。

        161218-2.jpg

 ランチタイムに訪れるのは2回目で、前回は開店した年の9月だったが、その時とはランチの構成が少し変わっていた。
        161218-3.jpg

     161218-4.jpg

 食事メニューは「タルティーヌ」「どろぶたソーセージ」「サラダリヨネーズ」の3種類、ドリンク付きで全て1,000円(税別)、単体注文も可能なアントルメグラッセが2種盛りで1,100円、パフェ類が1,500~1600円だ。
 グラス専門店へ来て食べ物だけではつまらないので、私はこの中から「タルティーヌ」と「熊本産和栗のパフェ」(1,500円)をお願いする事にした、こうした場所でのパフェ喰いは何年ぶりだろう(笑)。

        161218-5.jpg
 まずはさつまいものポタージュ、少し冷めていたが味はよかった。

     161218-6.jpg
 「タルティーヌ」、パン・ド・カンパーニュを横切りし、上にハムと野菜にカレー風味のペシャメルソースにチーズを乗せ焼いている、付け合せにはたっぷりの生野菜とキャロットラペ、なかなかボリュームある一品、前回とは随分違うと思った。味は優しく分かり易い、女性料理人が作ったのかも?勿論女性だから全てに優しいと決め付けてはいけないが(笑)。

     161218-7.jpg
 同行者が選んだ「サラダリヨネーズ」、これもボリュームある皿、サニーレタス、ベーコン、ポーチドエッグ主体で結構美味しそうだった。

        161218-8.jpg
 紅茶、アールグレイだと思う、いい香りだった。

        161218-9.jpg
 本日のメインディッシュ(笑)「熊本産和栗のパフェ」、「逆モンブラン」の発想だそうで、クープの中には和栗クリーム、その中に栗のアイス、最上部にはモンブランの土台に使われる焼いたメレンゲとマロングラッセ、更には金箔まで乗っている、見た目でも圧倒する豪華なもの。和栗クリームは何処までも優しく穏やかな味、リキュール等は使わず栗本来の味で勝負している印象だ。マロングラッセは上質、焼きメレンゲは若干食べ難かったので、もう少し量を減らしてもいいかも知れない。
 晩秋を感じさせる美味しく贅沢なパフェでした、次はシェフパティシェールの自信作と聞く「プリンパフェ」を食べてみたい(笑)。 

 ランチとスイーツで合計税込2,700円、決して安くはないが、花の表参道のお洒落な店内で、ゆっくり上質なランチタイムに浸れる事を考えれば十分満足出来る。
 私と同じく開店早々に入店した一人客の若い女性は、パフェだけ食べて帰って行った、あれが昼食なのかな?(笑)。隣席にはスーツ&ネクタイにブリーフケースの、典型的なシニアサラリーマンが一人で来店、サービスの女性と相談しながら、大真面目な顔でアントルメグラッセ付きのランチを注文している、男子それもシニアクラスでも、こうした場所で一人スイーツを堂々と食べられる時代になった(笑)。
 この店はスイーツを中心に様々な楽しみ方が出来る、パリの「ラデュレ」や「ルノートル」みたいな店を目指すのかも知れない。

        161218-10.jpg
 帰りは1階のブティックを見学するが、Xmas仕様の店内は明るい楽しさと夢に溢れている、私の子供時代に比べて、今は色々な意味で豊かになったとあらためて思う。
 師走の仕事に煮詰まったら、この店を訪れてみたら如何だろう、きっと笑顔が取り戻せる筈だ(笑)。
 本間シェフ、素敵なスタッフの皆さん、優しくて美味しく楽しい時間でした、年末までは超多忙な毎日でしょうが、倒れない様健闘を祈っています。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -