最後の晩餐にはまだ早い


六本木「GALLERIA 645」

 皆様明けましておめでとうございます。
 去年は日本と世界で大きな事件が続き、更には予想もしていなかった結果になった事も多く、先行不透明な世相は今年も続きそうです。
 このブログも6年目になりました、現在は失業中の身なので地元の千円ランチ訪問が多くなりそうですが、時間潰しにでも読んでいただければと思います(笑)。
 数回は旧年中の店訪問記事になりますが、初回は少し趣を変えて器の話から。
 
 六本木の器ギャラリー「GALLERIA 645」は、東京ミッドタウン近くのあまり目立たない場所にあり、古い木造家屋をリニューアルして使用している。
 此の店を知ったのは、ネット上で自分が使いたいマグカップを探していた時に、通販サイトを見つけてから。
http://www.galleria645.com/
 品揃えが一貫していて、主に佐賀有田と沖縄のそれも大規模工房ではなく個人作家中心、値段も高価な物は少なく、庶民が少し贅沢をしようと思った時に買える物が多い。通販で2回購入した後、「この店へ一度行ってみたい」と思っていたのだが、12月に六本木のフランス料理店のランチへ行く機会があり、その帰りに立ち寄る事が出来た。
     170103-1.jpg
 場所は東京ミッドタウンのイースト館至近、首都高からミッドタウンに向かう途中、坂道になっていて、脇の小さな階段を昇ると古い木造家屋が見えるがそれが店、フランス料理好きな人なら「リューズ」の近くと云えば判りそう、店名の「645」は住所の「六本木4丁目5番」から付けたのだと思う(笑)。 
 普通の民家みたいで少々入り難いが、並べてある器が窓から見えるので大丈夫だろうとドアを開けるが、中には器が沢山並べてあった。新作だけではなく明治期位の染付や色絵の有田焼も置いている。
 男性が一人で店番をしているが、器好きは同じ匂いでわかる(笑)、柔和な印象だがこの人は相当な器好きだと思った。以前通販で買った事を告げて、私の好きな作家を中心に見せてもらった。
 この日の分も含めて店から買った器を以下に紹介したい。

        170103-2.jpg
・千葉光弘「灰粉引鎬カップ」
 通販で最初に購入。岩手県釜石出身だが、現在は愛知県常滑で作陶している中堅作家、急須が得意みたいで、作風は無彩色の一見地味な物が多いが、見続けていると妙味が感じられる、鎬(しのぎ)は朝鮮から伝わった技法だが、余計な部分を削ぐ事によりシャープな印象になる、持ち手が大きいので安定して使い易い、大き目なので紅茶向き。

        170103-3.jpg
・金城有美子「ペルシャマグ」
 沖縄出身の女性陶芸家、鮮やかな色の釉薬を厚めに使った陶器が特徴、このターコイズブルーは彼女の得意色みたいで、他にも幾つか作品がある。マグカップやフリーカップ等小物が多く、軽くてとても持ち易い、小振りなサイズなので食後の濃いコーヒー用に向いている。

        170103-4.jpg
・壹岐幸二「染付蕾唐草3.5寸皿」
     170103-5.jpg
・壹岐幸二「染付蕾唐草草色差7寸皿」
 京都生まれだが沖縄で陶芸を学び、作陶も沖縄で続けている、沖縄伝統の琉球陶器を研究し、現代に合ったアレンジを加えている、染付が得意で大胆な唐草紋様を駆使する。7寸皿は深さがあるので「冷やし中華」にピッタリ(笑)。

        170103-6.jpg
・福田和祐「朝鮮唐津小皿」
     170103-7.jpg
・福田和祐「朝鮮唐津鉢」
 佐賀県唐津市で父親と共に「王天家(おおあめや)窯」を営み、慶長年間から続く唐津焼の伝統に沿いながらも、現代の食卓でも使える器を作る若手作家。「朝鮮唐津」とは、鉄分の多い黒釉と藁灰釉による白釉をかけ分けた造り、人気があり桃山時代の古唐津の物なら、恐ろしい程の値段が付く。

 どの作家も伝統や古典を学びながらも、そこへ自分流のアレンジを加えている、この辺りは料理人の往き方と似ている、「古典なんか興味ない、全て私の独創である」などと云うのは、陶芸家も料理人も偽物なのかも知れない(笑)。

     170103-8.jpg
 ショップカードにも「普段使いの古陶磁磁器と若手作家応援ギャラリー」と記してあり、店のコンセプトは明確、料理人も同じだと思うが、先物買いと云うか「有名になる前に買う(行く)」は鉄則、人間国宝なんかになると値段は高く、作風は詰まらなくなりがちだ(笑)。
 器好きの人は、六本木ランチの帰りにでも寄ってみる事をお勧めしたい、勿論見るだけでも可です。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 器・骨董
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -