最後の晩餐にはまだ早い


北千住「天麩羅いもや」

 神田神保町にある「天ぷらいもや」は、1964年(昭39)前回の東京オリンピックの年に開業した老舗天ぷら店だ、東京の老舗と聞くと敷居が高く入り難い店もあるが、此処はいたって庶民的な値段で、ファストフード等が登場する前から、神保町に出没するサラリーマン、学生&予備校生に親しまれた、「ああ、あの店ね、行った事ある」と思い出す人も居ると思う。現在でも「天ぷら定食」が700円、昼時には席待ちの行列が出来ている、近くには姉妹店の「天丼いもや」と「とんかついもや」がある。
 この店で働いた職人が独立し各地で開業しているが、「いもや」の名前を継ぐ、つまり暖簾分けをした店が幾つかある、今回紹介する北千住の「天麩羅いもや」もその一軒で、WEB情報によると1967年の創業、一門では最も古い店だと思われるが、現在でも修業先の名前を守っている。
 店の存在は知っていたが、休みが一緒だったりして過去行く機会がなく、今回北千住に行く用事があり、ようやく初訪問となった。

        170119-1.jpg
 店がある場所は北千住駅西口を出て、国道4号線(日光街道)へ向かう商店街を直進、3番目の信号を右折して進み左側、この道はあまり広くないが、ハンバーガーの有名店「サニーダイナー」本店や「ビストロ・タケ」、最近出来たイタリアンもあり、隠れたグルメストリートになっている、店の外観は典型的な下町個人経営飲食店の造りだ。

     170119-2.jpg
 11時半の開店時間を狙って入店するが、店先の「天麩羅いもや」の暖簾が相当古びて擦り切れている、もしかしたら50年前の暖簾分けした当時の物かも知れない。
 「一番乗りかな?」と思っていたら、既に初老の男性が一人カウンターに座っていた、私も同じく着席するが、この後次々と中高年男性それも一人客が来店し、カウンターはほぼ満席に、天ぷら屋はシニア男性のオアシスか?(笑)。

     170119-3.jpg
 メニューは卓上の手書き、定食か丼か迷うが、結局「上天丼」(税込1,150円)に決めた。他客の注文も天丼が多い。

        170119-4.jpg
 店の奥には座敷席、雰囲気が懐かしく下町的だ(笑)。

        170119-5.jpg
 この箸入は最近見なくなったが、昔の食堂では一般的な形だった、白木のカウンターはよく手入れされて綺麗、美味しいものが出て来る雰囲気充分。

        170119-6.jpg
 目の前では使い込まれた鉄鍋で天ぷらを揚げている、WEB情報では現在二代目で、割と若い男性が調理を担当、他に年配女性が二人手伝い、あとから年配男性も出て来たが、この人が初代か?

     170119-7.jpg
 お待ちかねの上天丼登場、なかなか迫力ある外観、海老2本、小海老と長葱のかき揚、キス、茄子、ししとうだと思った。
 まずは海老からで、小さいながら質のいい物、かき揚げは千住名産である白葱を使っているのが嬉しい(笑)。浅草にある老舗の黒い天丼とは違い、現代的に軽く揚げているのは好みだ。途中「かどやの胡麻油」を鍋に足していたが、おそらく胡麻油だけでなく白絞油等も混ぜていると思う。
 天ツユもベタっとしない江戸前辛口タイプ、ご飯の質や炊き方もまずまずだった。

        170119-8.jpg
 味噌椀は白味噌仕立て、具はシンプルに豆腐と三つ葉、「てんや」などもそうだが、天ぷらには白味噌が合うと思う、とんかつなら赤だし椀が相性いい。

        170119-9.jpg
 また井之頭五郎の名言「お新香の旨い店は、料理も旨い店だ」を思い出す(笑)、お金を取れる漬物。
 
 最近天丼は格安チェーンの「てんや」ばかりで、こうした本格派天丼は久しぶり、当然ながら美味でした、家の近くなら月一位で通いたい(笑)。
 店内のシニア男性達は皆寡黙に天丼を食べている、隣席の男性だけ「上天ぷら定食」で、天ぷらを食べながら昼間からビールを旨そうに飲んでいた。年金支給月なので、老後のささやかな楽しみか、私も間もなくそちらの世界に入れてもらう予定だ(笑)。
 江戸前の粋を感じさせる天ぷら店、今迄来なかった事を後悔する、次回は更に具がグレードアップすると聞く「平成天丼」(1,400円)を狙うつもりだ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 日本料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -