最後の晩餐にはまだ早い


西新井「香府山」

 足立区内の西新井大師近くに秀逸な中国料理店があるとの噂は、足立区特集のムック本やWEB情報で知っていた。何でも元々此の地で40年続いた街場の中華料理店を、銀座の有名中華店で修行した二代目がリニューアルし、本格的な中国料理を出す店として、2014年に店名も変え再スタートしたとの事だ。
 以前から行ってみたいと思っていたが、調べてみるとアクセスがよくない、一番近い駅は東武スカイツリーラインの「大師前」駅だが、そこからでも10分は歩く、我家から自転車だと30分以上はかかりそうなので、寒い日が続いていた事もあり見送っていた。
 この日、1月ながら春を思わせる暖かな陽気で自転車の大敵である強風もない、「よし、今日こそ行ってみよう」と店へ向かう事にした。

     170208-1.jpg
 亀有方面から自転車で行く時は環七を西に向かい、4号線(日光街道)を過ぎ、西新井大師前の交差点を右折し、4つ目の信号を左折してすぐ、角に「十勝甘納豆本舗西新井大師店」の立派な建物があるので目印になる。
 店の名前は「香府山」で「シャン・フ・ザン」と読む、WEB情報では二代目が修行した2店から一字ずつ取ったとある、一つは「過門香」だが「府」はどの店だろう?
 外観は改装後2年なので新しい、「中華麺DINING」との表記があり、ランチタイムは麺が中心になるが、夜はコース料理も提供しているみたいだ。

        170208-2.jpg
 11時半の開店直後に入店する、ドアを開けると店主の奥様だろうか女性が案内してくれて、カウンター席に座らせてもらう。

        170208-3.jpg
 ランチタイムの麺、飯、点心類のメニュー、結構種類豊富だが、この他にも点心2種とプチデザートが付くお得なサービスランチが5種類あり、その中から一番先に目に入った「担々麺」(税込1,000円)をお願いする事にした、これ食べれば店の実力は大体判る筈(笑)。

     170208-4.jpg
 目の前には厨房、店主はまだ若い40歳前ではないか?客から見えるオープンキッチンは整理整頓掃除が必須だが、問題なく行き届いている。平日の正午前ながら次々と客が入店して来た、見た感じでは地元客だと思う。

     170208-5.jpg
 卓上の味変アイテム、醤油以外は自家製の薬膳酢、特製ラー油、オリジナル辣粉と説明があった。

     170208-6.jpg
・担々麺(中国語では「々」は使わないが、店表記どおりに)サービスランチセット。

        170208-7.jpg
・麺のアップ

        170208-8.jpg
・点心(小籠包、焼売)、これにライスがサービスされる。

        170208-9.jpg
・杏仁豆腐

 まずはいつもどおりにスープを一口、いきなり辛さを感じるのではなく、香辛料が混ざった香りの後に奥深い辛さ、最後に胡麻の甘味がやって来る、ベースのスープもしっかりしていて味が立体的、これは「おぬし出来るな」と云う味だ(笑)。続いて麺だが中細で縮れは殆ど無い、モチモチとした食感でいい小麦を使っているのは判った、上に乗せた挽肉も上質だ。他店の担担麺では唐辛子の辛さと胡麻の甘味しか感じない物に出会う事もあるが、これは一つの丼の中に複雑な滋味が重なって感じられ、最後まで飽きないで食べられる。
 小籠包&焼売も自家製だろう何より皮が違う、足立区内では北千住の「鶴亀飯店」に同種のランチセットがあるが、麺自体は別にしても、点心類はこちらに分がありそう。
 こうした店ではオマケ的に付いている杏仁豆腐だが、これも自家製だと思った、キチンと作っていて美味、甘味好きにはポイント高くなる(笑)。

 ネット上の噂はあてにならない時もあるが、この店に関しては評判以上の実力を感じさせる満足度の高いランチだった、隣席の女性が食べていた「五目あんかけ麺」も旨そうだったし、これは近い内に再訪したい店だと思った。夜のコース料理も体験したいが、電車だと大回りして行く事になるし、自転車は飲酒運転ご法度だ(笑)、当面はランチタイム訪問になるが、次何を食べるか考えるのも今から楽しみ、久々にいい中華を見つけた(笑)。

     170208-10.jpg
 気分が良くなったので、帰りはすぐ近くにある「十勝甘納豆本舗西新井大師店」に入って甘納豆を見ていたら、作務衣を着た渋味あるオバサマが「こちらお得ですよ」と、賞味期限が迫り半額になった物を勧めるので買ってしまった(笑)、これも美味でした。
 地元には自分が知らない「いい店」がまだありそうだ、自転車での美味巡礼はこれからも続く(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -