最後の晩餐にはまだ早い


北千住「ブラッスリー ロノマトペ」(2017年1月)

 この日は身内の用事で千住の病院に行った帰り、時計は12時を少し回った処で、昼飯を食べようと思い千住警察の前を通り、ブログ記事で取り上げた「鶴亀飯店」に行こうとしたのだが、直前に友人から「これから○○○(東京以外の高級フレンチで、あえて名前は秘す(笑))です」と、誇らしげなメールが来ていた事が気になり、「よし、それならこちらもフレンチへ」と、近くにある此処もブログ記事にした「ブラッスリー・ロノマトペ‘brasserie l'onomatopee’」まで行ってしまった(笑)。
 前回利用時は平日ながら満席だったので、今日も混んでいるかな?と窓から店内を覗くと空席が見えたので、そのままドアを開け入店する事に。

     170220-1.jpg
 前回は居なかった多分料理人だと思う、サービス担当の若い男性に一人である事を告げ、奥のベンチシートに座らせてもらう、この日は何故か空いていて私の他に2組、「客入りは水物」と云うが、あらかじめ食材料を揃えないといけない飲食店は、これが難しい処だ。

        170220-2.jpg
 店前の黒板にもあったが、紙に書かれた本日のメニューは3種類、
a. poulet rôti a la morocco モロッコ風ローストチキン(税込1,450円)
b. gratin endive クレープとハムで巻いたアンディーブのグラタン(1,350円)
c. poisson de jour(本日の魚料理) 北海道産真鱈のムニエル アサリとスペルト小麦のリゾット添え(1,450円)
 下町北千住でもメニューが仏語併記なのは、やはり嬉しくなる(笑)、「a」に決めて、追加で「金柑のタルト」(350円)もお願いした。

        170220-3.jpg
 店内装飾はフランスの1950~60年代位をイメージし、壁面には古い映画のポスターやアナログレコードジャケットが随所に掲げられていて、前回より増えた気がする、あまりやり過ぎると野暮ったくなるが、天井が高く飾り方に工夫があるので雰囲気は悪くない。

        170220-4.jpg
・トレビスとサニーレタスのサラダ

     170220-5.jpg
・パン袋に入ったパン

     170220-6.jpg
・モロッコ風ローストチキン

     170220-7.jpg
・金柑のタルト

        170220-8.jpg
・コーヒー

 何気ないサラダだが、ビネグレットの質も良く少量ながら新鮮で食欲が刺激される、パンは業務用販売の冷凍種ではないか?これも普通に美味しい。
 そしてメインのプーレロティだが半身で骨付き、鳥類は骨付調理するのが一番旨いと思うが、時間の限られるランチには難しいので、通常は骨なし肉のソテー等が多くなる、オーダー数も読めないので、これどうしているのだろう?考えられるのは8割位焼いておいて、仕上げだけするやり方だが、残った物を夜まで保管するのも面倒、それでもこうした出し方をするのは、「一番美味しいから」との考えからだろう、客側としては嬉しい事だ。「モロッコ風」とは各種スパイスで事前にマリネして焼き、マスタード代わりにマグレブの調味料アリッサを使うからだと思うが、全体にエキゾチックな味わいを感じさせて美味、骨まで愛して(しゃぶって)しまった(笑)。
 「本日の小さなデザート」とメニューにあった「金柑のタルト」だが、決して小さくはない(笑)、パン・ド・カンパーニュ等も同じだが、こうしたタルト類は小さいサイズで焼くより大きく焼いてから切った方が間違いなく美味しい、上に乗せたバニラアイスとのバランスも良く、これで税込350円は破格だと思う(笑)。

 料理∔サラダ+パン+コーヒーで税込1,450円、デザート加えても1,800円ポッキリ、約15ユーロだ、立ち食いステーキランチと変わらないので、どちらを選ぶかは人それぞれだと思うが、私なら店の雰囲気と手をかけた料理の出来で、断然この店を推したい(笑)。
 店スタッフが変わり、店内は前述の若い男性、厨房内も前回居た男性とは違うと思う、スーシェフなのかな?でも料理のレベルは変わっていないと感じた。
 「高級フレンチの1万円ランチにも負けない」そう思いたい充実した午後でした(笑)。

     170220-9.jpg

        170220-10.jpg
 前回ブログ記事の画像で、壁に書かれた店名の最後の「E」が足りないのでは?と思っていたのだが、よく見たらちゃんと書いてあり下に落ちていた、洒落です(笑)。機会があれば夜にも来たいと思う、いい店でした。

※次回のブログ更新は2月26日(日)の予定です。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -