• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「リストランテ・ジャニコロ・ジョウキ」(2017年4月)

 「友、遠方より来たる~」の出典は論語の「有朋自遠方来不亦楽 」で、「友人が遠方から訪ねて来てくれる、こんな嬉しい事はない」との意味に解釈される。老境になりつつある身には、新たな人付き合いはもう面倒になったと強がりを言いながらも、友人が会いに来てくれるのは、孔子先生でなくても嬉しい事だ(笑)。
 2月の関西食旅行時にレストランへ同行してもらった、在関西の食仲間が急に東京に来る事になり、「何処かでランチを一緒に」との話になったのだが、困ったのが月曜昼だった事、ご存知のとおり東京のフレンチ&イタリアンは月曜休みが多く、営業していてもランチはやらない店が結構ある、それでも数店候補を探して、友人に行きたい店を選んでもらったのだが、それが麻布十番のイタリア料理「ジャニコロ・ジョウキ」だった。
 電話をしてみたら利用OKだったので、当日麻布十番駅で待ち合せてから店へ向かう、私は昨年8月のオープンングレセプションに参加、その後11月にランチ利用したが、丁度米大統領選の開票日で、予想外の展開に街が騒然としていたのを覚えている(笑)。初回の料理印象では、内野料理長らしい発想の面白さはあったが、料理の繋がりに重さも感じたので、その辺りどう変えて来るのか楽しみだった。

     170415-1.jpg
 ビルのエレベーターで9階に昇り、扉が開くとそこはもう店内、このトリップ感覚は何回来ても面白い、天気もいいので大きな窓からは六本木ヒルズを始め、近隣の高層ビルが眺められる贅沢感あり(笑)。
 内野料理長とサービスの木津氏に挨拶し、始まった当日の料理は以下のとおり、

     170415-2.jpg
・ホタルイカとブラッドオレンジのサラダ

        170415-3.jpg
・自家製パン2種

     170415-4.jpg
・グラス提供出来る白ワイン3種

        170415-5.jpg
・蒸気蒸しにしたホワイトアスパラガスと牛タン

     170415-6.jpg
・サクラマスのソテー、アサリのフレーグラ

        170415-7.jpg
・鴨もも肉のロースト(花は飾り)

     170415-8.jpg
・切り分けたものと春キャベツのシュークルート

        170415-9.jpg
・マグロほほ肉のピチ

     170415-10.jpg
・苺のスープと水牛のモッツァレラ

        170415-11.jpg
・生八ッ橋とホワイトチョコレートのムース

 店内は採光に恵まれているので、ブロガーにとっては何よりありがたい、自分の撮った画像を見て嬉しくなるのは久しぶり(笑)。
 ホタルイカ料理は見た目も味も春、桜餅みたいな香りもするが、テーマは「桜」だそうだ。イカに添えたのはカンパリオレンジのバーニャガウダ、葉桜のジュレに桜花塩と塩メレンゲ、緑はうるいの葉と云う手の込んだ一品。
 続く白アスパラは牛タンのコンソメに浸かり、卵黄のコンフィを崩しながら味わう、これも面白い料理。シンプルなサクラマス(これも桜)のソテーに添えたのは、サルディーニャの極小パスタ「フレーグラ」、「あまどころ」と云う名の山菜を使ったスープを合わせ、個性的で香り高く美味な皿になっている。
 鴨料理は割と直球系だが、「フロリレージュ」みたいな供し方が凝っている、鴨の火入れも良かったが特にキャベツが美味だった。最後のパスタは粉と水だけで作る、トスカーナ地方の「ピチ」、まるで細い饂飩みたいだが、タンポポ葉と合わせ春を感じさせる。
 ドルチェ2品が秀逸、内野氏は「ロマーナ・ジャニコロ」時代からドルチェが良かったが、此の店でも本領発揮している、特に自家製生八ッ橋(これも桜色)とホワイトチョコレートの組合せは、一見銀閣寺の隣に新凱旋門を並べたみたいだが(笑)、味わうと不思議なマッチ感があった、これは内野氏ならではの発想の勝利。

 春と桜をテーマにしたメニュー、物語性も感じたし、味的にも淡⇒中濃⇒濃、薄甘⇒濃甘の流れが澱みなく、重過ぎず且つ軽さに逃げず食後感も良かった。漫画好きの内野氏の料理は発想とデザインが面白く飽きさせない、食味的には各素材の個性を矯めずにぶつけ合う印象、このやり方は「フロリレージュ」の川手料理にも通じるものを感じた。

     170415-12.jpg
・内野氏が考案したインスタグラム用の記念撮影窓枠(笑)、こうした物を考えて作ってしまうのが彼らしい処。
 
 名店「サバティーニ青山」出身の木津氏のサービスも居心地よく、気持ちのいい午後になりました、遠来の友人も満足してくれたみたいだ(笑)。
 料理、ドルチェ、サービス、居心地、眺望良好と揃っているので、此処はもっと注目されていい店と思う、食後にはオマケのガチャガチャ(ガチャポン?)チャレンジがあり、ちゃんと「当たり」が出る、何が当たるかはお楽しみにした方がいいので、黙っています(笑)。
 
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -