最後の晩餐にはまだ早い


竹ノ塚「アトリエ・エデュー」(2017年3月)

 去年一年間で最も印象に残った店売りスイーツは、地元の足立区内竹ノ塚(住所は保木間)にある「アトリエ・エデュー」のケーキ類だった。
http://toshioncle.blog.fc2.com/blog-entry-443.html
 店は小さく売っているケーキの種類は少ない、営業日も木~日の週4日間だけ、ケーキは見かけ素っ気ない位に地味で、少なくとも子供が喜ぶタイプの店ではないが、食べてみると抜群に良い素材と確かな技術が伝わる、玄人受けする印象のスイーツだった。
 また買いに行こうと思いながらも、寒い中自転車で30分走るのが億劫で、つい見送っていた(笑)、寒くもなく暑くもなかったこの日、ようやく2回目の訪問になった。
 南花畑の交差点から国道4号(旧日光街道)へ向かって直進、「まだかな?」と思った頃に、見覚えのあるオレンジ色の店外観が右手に見えて来た。

        170419-1.jpg
 扉を開けたら奥から店主らしき男性が出て来る、前回はコックコート姿の若い女性が販売を担当していたが、この日は一人対応だった。ケーキを買った後に「前は若い女性が居ましたね?」と訊いたら、辞めてしまったらしい、現在スタッフ新規募集中だが決まっていないとの事、レストラン業界でも人材不足は深刻だが、製菓業界でも同様みたいだ。
 女子児童の「将来なりたい職業ランキング」では、毎年トップ争いをしている「パティシェ(パティシェール)」、実際に製菓学校へ進む若者男女は多く居ながら、卒業後は社会保障や福利厚生の整った大企業を選ぶのだろうか?長年安定組織に居た私が云うのも変だが、組織は大きくなる程「上意下達」が優先され個性は埋没する、自分を試したいなら違う選択肢もあっていいと思うのだが・・。 

     170419-2.jpg
・この日売っていた生ケーキはこの7種類(撮影は承諾を得ています)。
 
以下、実際に買った物の紹介と味の個人的感想、
        170419-3.jpg
・ガトー・フランボワーズ(税込500円)
 ジェノワーズ生地にフランボワーズのコンフィチュールとフランボワーズクリームのシンプルな構成、生地がいいのは勿論だが、フランボワーズの酸味を結構尖らせて使う、レストランデセールでは時に出会うが、街場の店売りスイーツでここまで酸味を強調するのは珍しい、食べている途中「酸っぱいな」と思うが、暫くするとまた食べたくなる(笑)、これは大人のスイーツだ。

        170419-4.jpg
・モンブラン(450円)
 パティスリーにとってモンブランは、寿司屋の鮪握りみたいなアイテムで、四番打者と云えそう、ただ「美味しい」と唸るまでの物にはそう出会えないが、これは良かった。土台は焼いたメレンゲ、そこへ生クリームと栗クリーム、素材が上質なので途中で食べ飽きない、久しぶりに美味しいモンブランだった。

     170419-5.jpg
・シュークリーム(200円)
 モンブランが鮪握りなら、シュークリームはカッパ巻きか?(笑)、パティスリーの実力が知りたかったら、まずはシュークリームを試すべき。シュー皮は乾いて堅めな食感、底からクリームを入れている、そのカスタードクリームが極めて良質、他店と乳脂肪分が違うのか、味が濃くて余韻がある。コンビニのシュークリームと較べると、当たり前だが味は1オクターブ上(笑)。

        170419-6.jpg
・米粉ドーナツ(プレーン)(250円)
人工香料、乳化剤、安定剤、保存料等一切不使用との事、小麦粉ではなく米粉を使用した(100%ではないみたいだが)焼きドーナツ、食感が独特で粉の旨味と歯応えが秀逸、値段は安くはないが、ドーナツチェーンのドーナツとは2オクターブ位レベルが違う(笑)。

        170419-7.jpg
・同(チョコレート)(250円)
 チョコレート味の物で決して悪くないが、個人的な好みを云うと、粉の味がストレートに伝わるプレーンタイプの方が好み。

 初回の印象と同じく「エデュー」のケーキとドーナツは美味しかった、下町のパティスリーはどうしても子供受け狙いで、動物やアニメキャラみたいなケーキやクッキー等に向かいがちだが、そうした処は全く感じさせない素材勝負の硬派な店(笑)、好きになれば「他の店は必要ない」と思いたくなる位の魅力はある。
 少々不便な場所だが、竹ノ塚へ行く事、車で4号線を通る時あれば寄ってみる価値あると思う、繰り返すが木~日曜迄の週4日、11時から19時までの営業です。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -