最後の晩餐にはまだ早い


私のカメラ遍歴

 昔からカメラは好きだった、あまり外出が好きでなく籠りがちな私にとって、オーディオと共に十代の頃から続けていた趣味だが、実はあまり機械には詳しくない(笑)。
 銀塩写真時代はまだ「ニコン神話」が生きていたので、「カメラはNikon、他のメーカーはカメラじゃない」みたいな事を言う先輩達の意見を鵜呑みにし、ニコンさえ買っておけば大丈夫だと思っていた、ただ当時の写真があまり残っていないので、私の場合カメラを買うまでが大事で、それから先はどうでも良かったのかも知れない(笑)。

 デジタル時代になって気軽に写真が撮れる様になったが、ニコンは対応が遅れていたと思う、そのため最初に買ったのはコンパクトタイプのキャノンのIXY200、液晶画面が極小であれで画像確認は無理(笑)、これは200万画素だったので使っている内に画質に不満を感じた、この後「デジタル一眼」がブームになり、各社が揃って新製品を発売した事もあり、続けて買ったのが同じキャノンのKISS-N、普及型の一眼レフだ、この頃から料理写真を撮りだした事もあり、これは色々な場所へ持って行き、海外旅行時も重いのを我慢して携帯していた。
 ただ、レストランで写真を撮る様になると、どうしても店や廻りの人間が気になる、私は初めて行く店では「写真撮って大丈夫ですか?」とあらかじめ断って撮る様にしているが、テーブル席はまだしも和食のカウンター席で一眼レフを取り出すのはどうも野暮ったく粋で無い、ある女性のエッセイストが、黒い一眼レフを「男性性器を連想する」と書いているのを読んだ事があるが、そこまで極端でなくても隣の席であれを出されるのは確かに唐突だ。そこで次に買ったコンパクトタイプがキャノンのIXY900、一眼レフと併用していたが段々一眼の方は使わなくなり、結果人に譲ってしまった。

 人間とは不思議で所有をしていないと新しい物が欲しくなる(笑)、そして衝動的に買ってしまったのが、パナソニックのLUMIX-G1、「マイクロフォーサーズ」と呼ぶ一眼レフの特徴であるペンタプリズムも内蔵ミラーも無くした小型・軽量の新型一眼、これは同システムの第一号機でなかなか名機だった、ただ欠点はズームレンズのため暗い場所に弱く、夜のレストランでは辛い時があった。単焦点の明るいレンズが欲しいのだが、レンズだけで3万円以上するので購入をためらっている、レンズ付キットだと安いが、レンズ単体だと高くなる日本独自の商法は何とかならないものか。MixiでもFBでもそして今年から始めたこのブログの写真は、殆どがこれで撮ったものだ。
             120613-1.jpg


 最近になって、この機種も大きさが鬱陶しくなって来た、勤めを再開したので平日夜に食事に行く時に職場に持って行くのはかなり面倒、そのため新しい小型機が欲しいと思っていたが、遂に買ってしまったのがコンパクトタイプの最高峰とされるリコーのGR-Ⅳだ、まだ使い始めて日が浅く、特徴は掴み切れていないが今の処は良く撮れている、おかげでパナソニックの出番が無くなってしまった、また「誰かに譲る」→「新しい機種が欲しくなる」のスパイラルが始まりそうだ(笑)。
            120613-2.jpg


 「昭和の名人」と呼ばれた写真家の木村伊兵衛は、愛用のライカで街中の対象を撮る時はまるで居合抜きのような素早さだったと伝えられている、レストランで写真を撮る時はそうありたいものだが、機械が良くなっても肝心の使い手は鞘から刀が抜けない愚鈍さが続いている(笑)。
 

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. その他
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -