最後の晩餐にはまだ早い


上野「晴々飯店」

 上野の東京国立博物館で開催中の特別展「茶の湯」を観に行こうと思い、その前に何処か近くでランチを食べようとWEB上で店を探してみた。上野公園近辺はあまり惹かれる店が見当たらず、お馴染みの「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」かな?とも思い、上野駅東側を見ていたら少々気になる店があった、それが今回記事にする「晴々飯店」だ。
 「四川省家庭料理の店」と云う文句に惹かれたのが理由で、どうやら大陸の人達がやっている店らしく、それなら以前の勤務先近くにあり、ランチによく通っていた春日の「川国志」みたいな店かな?と期待する気持ちになる、グルメサイトのメニュー紹介画像でも、一番人気とされる麻婆豆腐や、「本場四川の回鍋肉は日本の味付けとは全然違います」と解説のある回鍋肉等魅力的だ、歩道橋でJR線路を渡れば博物館も近い、「よし行ってみようと」と思った(笑)。

     170513-1.jpg
 店の場所はJR上野駅なら入谷口、メトロなら昭和通り側の出口から出て、昭和通りを入谷方面へ歩く、左側に岩倉高校の校舎が見えたら少し先で同じブロックに在る。
 店の外観を見てまずは「これは中国の人のセンスだな」と思った(笑)、一見では何の業種か、あるいは飲食店なのかどうかも判別できない店がある東京だが、これは瞬時に店がアピールするものが判る。「晴々飯店」と「々」の文字を直した跡があり、この字は中国では使わない筈なので不思議に思ったが、後で調べたら元々「晴晴飯店」と云う名前の店があり、そこからスタッフが数人出て独立店舗を立ち上げたらしい、そしてこの店の近くに「晴晴飯店2号店」があるので、かなり紛らわしい(笑)。

        170513-2.jpg
 入口には各種料理の紹介の上に、「本日の日替わり定食」が「回鍋肉」とあった。

        170513-3.jpg
 店内は20席位でそう広くない、2階にも客席はあるが昼は使っていないのかも知れない。スタッフは全て中国系の人みたいだ、厨房から聞こえるのは中国語のみ、中華厨房らしい雰囲気充分。

     170513-4.jpg
 ランチ定食メニューを見るが、「麻婆豆腐」(税込750円)か「リアル回鍋肉」(880円)で迷う、サービスの中国人(だと思う)女性に「このリアル回鍋肉と、日替わりの回鍋肉とは違うの?」と、念のため訊いたら「ゼンゼン違うヨ」との事、その一言で決めた(笑)。

        170513-5.jpg
 店の造りは古そうで何かの居抜き店舗だろう、インテリア等をみても中国人の美意識だなと思う、天井近くのTV前には「翠玉白菜」のレプリカ(笑)。

     170513-6.jpg
 暫くして出来上がって来たのが「リアル回鍋肉定食」、手前に主菜の回鍋肉とご飯、真中には何故かキャベツの千切り、奥にトマト&玉子スープに中国風漬物、杏仁豆腐まで付いている。

        170513-7.jpg
 問題のリアル回鍋肉、「リアル」とは本場(四川)式の意味だろう、メニューにも「葉ニンニクと芽菜が入った本場の味付け」と説明がある、日本で見慣れたキャベツを使った回鍋肉とは見かけからして違う。
 まずは一口味見、辛さはそう強くない、味のベースは豆板醤と豆鼓だと思う、特に豆鼓を多く使い、日本で出回っている物に比べ独特の風味がある、ニンニクの茎、玉葱、人参の火の通しは浅く歯応えを残している、厚切りの豚肉も結構食べ応えある。

        170513-8.jpg
 ご飯の質はもう一息か、キャベツは謎だが箸休めになる、スープはなかなかいい。
 全体的には美味しかった、日本の回鍋肉は甘辛味の印象が強いが、もっと複雑な味を感じた。この味付けが四川そのままなのか、日本人の嗜好に合わせたものかとなると、おそらく後者だと思うが、日式中華の他店では味わえない料理なので、食べに来る価値あると思った。

     170513-9.jpg
 店内は何時の間にかほぼ満席に、男性が多いのはインド・ネパール料理店と同じ、注文は一番人気の「麻婆豆腐定食」が多い、次回はこれを食べようと思う(笑)、また夜は一品料理に加えてコースメニューもあり値段は安い、何かの機会に利用してみたいと思った。
 なお前述のとおり「晴々飯店」と「晴晴飯店2号店」があるので要注意、今回の店は前者で昭和通りからJR線路へ向かう途中の店だ。

     170513-10.jpg
 食後は歩道橋を渡って線路向こうの上野公園へ行き、「茶の湯」展を観に行く、平日昼ながら結構混んでいた、内容は充実していて、特に印象に残ったのは、何かと話題の曜変天目茶碗「稲葉」(公開は5月7日で終了)と、楽家初代長次郎作の黒楽茶碗、前者は宇宙の流星群を、後者は宇宙の闇深さを連想させる逸品だった。
 6月4日迄の会期なので、茶に興味のある方、興味がなくても日本文化に関心のある人は見逃さない様に、これだけの名品が揃う機会はそう無いと思う。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 中国料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -