最後の晩餐にはまだ早い


金町「ラ・ローズ・ジャポネ」

 JR常磐線金町駅近くのパティスリー「ラ・ローズ・ジャポネ」は2012年3月の開業、WEB情報によると店主は優秀なパティシェを何人も輩出した「ホテル西洋銀座」出身で、現在上野桜木で人気パティスリー「イナムラショウゾウ」を営む稲村省三氏の下で働き、その後マンダリンオリエンタルホテルのシェフパティシェに就任、5年前に地元葛飾で独立した。
 2010年7月には「菓子界のワールドカップ」とされる、2年に1度開催の「ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ」で日本人初の優勝者になっている。錚々たる経歴の持主だが、あえて金町と云う都心から外れた地域を選んだのは、一種の賭けでもあったと思う、現在では葛飾区を代表する人気パティスリーとして知られるまでになった。
 以前から行ってみたかったのだが、我家から自転車だと結構距離あり、電車ではメトロ&JRの乗り継ぎで往復交通費もそれなりで、つい見送っていた、現在時間があるのでパティスリー巡りをする機会が増えたので、他店との比較のためにも味わってみたくなり、今回意を決し自転車で向かう事に、距離があるので道路が空いている日曜日を狙った。

        170521-1.jpg
 店の場所は、金町駅南口を出て線路沿いの道を江戸川方面へ向かうと間もなく左側に在る、広い道沿いにあるが周りには商店等がなく、少々意外な立地にも見える、隣は空き地で仮囲いがあり、近々マンションが建つのかも知れない。
 店前に立った第一印象は「何とお洒落な店」(笑)、これは従来の金町センスではない(金町の方失礼)、入口には開店5周年祝いの胡蝶蘭の鉢が置かれていた。

     170521-2.jpg
 店内に入っても洒落たセンスに溢れている(撮影は承諾を得ています)、入口正面に作業場がガラス張りで見られ、手前には焼き菓子等を並べている。

     170521-3.jpg
 生ケーキ類が並んだ冷蔵ケース、結構種類豊富だ。スタッフの数も多くラボに4人、売り場には3人と充実している。
 毎回の事ながら目移りして何を買うか迷うが、初回なので店のスペシャリテと聞く「ピクシー」、パティスリーの基本商品であるシュークリーム(この店では「シューパリジャン」の名)にモンブランの3種類を選んだ。
 値段は地域の他店と較べると高目、この立派な店構えとスタッフの多さを考えると仕方ない事か。店員さん達の対応は笑顔で感じがいい、少し年配と思う女性はシェフの奥さんだろうか?売場女性はマロン色と云うかチョコレート色のユニフォームが皆似合う(笑)。

 実際に食べた印象は以下のとおり、
        170521-4.jpg
・モンブラン(税別430円)
 自転車の前カゴには入れず注意したつもりだが、少し傾いてしまった、実際にはもっと綺麗に自立している(笑)。パティスリーのモンブランは寿司屋の鮪握りみたいなもので、これが美味しくなければ駄目だと思うが、表面の栗クリームと中の生クリームのバランスは良好、ベースはメレンゲでもジェノワーズでもなく、パウンドケーキみたいな焼き生地を使っているのが珍しい、安定の美味しさと云う印象。

     170521-5.jpg
・ピクシー(520円)
 イングランド・コーンウォール地方での「妖精」の呼び名だが、日本ではストイコビッチを連想する人が多いのでは?(笑)。WEB情報によるとこのケーキが、コンクールでの優勝作品だそうだ。表面のムースはピスタチオ、中に苺のジュレとクリーム、上には苺と煎ったピスタチオ。さすが優勝作だけあって味のバランスは見事、ピスタチオの脂分を苺の酸味が中和し、緑の中から現れる赤の色合いもいい、私がコンクール審査員でも高採点を付けると思う、この店へ来たら初回には買うべきアイテム。

        170521-6.jpg
・シューパリジャン(240円)
 以前にも書いたが、モンブランが鮪握りなら、シュークリームはカッパ巻きみたいなものだと思う(笑)、パティスリーの実力を知るには一番のアイテム、この店では「シューパリジャン」と呼んでいる。堅いシュー生地の中に上質なクリームで美味しい、最近食べた中では竹ノ塚「エデュー」と双璧と云えそう、エデューの方が少しクリーム分は濃い気がしたが、優劣より好みで選べばいいと思う。

 全体的にはどれも瑕疵がなく安定した上質な出来、人気店の実力を知った思いだ。ただこれは個人的感想だが、パティシェ一人だけで作る「エデュー」や東和「アンティーム」等に較べると、スタッフ数人の手を経た工房作品と云う印象も持った。
 これはレストランの料理やデセールにも云える事だが、数人の手を経て作るか、一人で全てを作るかによって、完成品の傾向は違って来る、スタッフを多く雇えば当然値段にも反映する。安定と完成度を選ぶか、出来不出来の差はあっても値段と個人作品ならではの手作り感を選ぶかは、客側が判断すべきだろう。

     170521-7.jpg
 誰にでも勧められるパティスリーの良店である事は間違いない、金町近辺に行く事あれば、寄り道して行く価値ある店だと思う。
 
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -