最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「ビストロ・コティディアン」(2017年5月)

 東麻布「ローブ」へ行くため、麻布十番駅の改札へ向かう長いエスカレーターに乗っている時、「そう云えば、ビストロ・コティディアンに暫く行っていない」と思った、家に帰って調べたら、去年の2月が最後で1年以上経っている、冬場にスペシャリテの「カスレ」を食べに行こうと思いながらも、そのままになっていた。
 行きたいと思う店を均等に回るには、東京のレストランは数が多過ぎる、私がもし今よりお金持ちだったとしても体力的に無理、もう一人の自分が欲しい位だ(笑)。

        170525-1.jpg
 そうした訳で、ご無沙汰をお詫びするお土産を持って伺った(笑)、ランチタイムのコティディアン、マダムに挨拶し窓際のベンチシートに案内され、ランチのカルトを眺めながら井之頭五郎氏みたいに何を食べようか暫し悩む。

     170525-2.jpg
 この日は結構暑い日だったので、「久しぶりにカスレ食べたいが、季節的にミスマッチかな?他のメイン料理なら『ブーダン・ブラン(岩中豚と鶏肉のソーセージ)』に惹かれるが、さてどうする?」、そこへ須藤料理長が挨拶に出て来た、彼の顔を見たら瞬間に「決めた、カスレ」と思った、念のためカスレみたいに煮崩れた顔だと云うのではありません(笑)、ジムで絞った身体を持ち、美味しい物が出て来るに違いない、味のあるいい顔です。

 ランチのカスレコース(4,200円)の前菜は、通常だとエスカルゴだが、少し重いかなと別の料理に替えてもらった、内容は以下のとおり、
        170525-3.jpg
・冷製新タマネギのポタージュ

        170525-4.jpg
・「野生児」と云う名のワインは、ラングドック・ルーション地方のフィトー(グラス1,000円)、従来の仏南西部ワインとは一線を画す、モダンなラベルで華やかな果実味がある。

     170525-5.jpg
・岩中豚のリエットとポワンタージュのバゲット

       170525-6.jpg
・北海道産サクラマスのミィ・キュイ

     170525-7.jpg
・フランス産鴨もも肉コンフィのカスレ

        170525-8.jpg
・山梨県産白桃のコンポート(これは標準仕様ではありません(笑))

     170525-9.jpg
・リュバーブのタルト、バニラアイス

     170525-10.jpg
・コーヒーとミニャルディーズ

 暑い日に向く冷たく優しい味わいの新玉葱ポタージュで「掴みはOK」(笑)。リエット&バゲットはこの店へ来たら無いと寂しい定番。
 続くサクラマスのミィ・キュイ(半生調理)は、鮭バージョンも含め割と各店で出る料理だが、コティディアンでは火を通した皮を付け提供、その香ばしさと身の柔らかさ、上に乗せた野菜と周りのソースが一体になった美味しさを感じさせる。
 そしてこの店では、最後に食べてから2年以上経っているカスレが登場する、まずは鴨コンフィ下の豆煮込みを一口味見、カレーみたいな風味がするが、近くにあったコティディアンも掲載されている本「ビストロメニュー・バイブル」(ナツメ社)で確認したら、カルダモンを使っているそうだ、前回も入っていたのだろうが気に留めなかった、塩分と脂分は以前より抑えているのでは?と感じる。続いて鴨コンフィ部分は記憶に変わりなく美味しい、料理自体はビストロの定番だが、此処まで丁寧な仕上がりに出会う事は少ない、単に「カスレ」と云うより、メニューどおり「鴨もも肉コンフィのカスレ」と呼ぶべきで、主役はあくまでも鴨だ。
 何故か1品増えていたデセールは文句なく美味、料理長は私と同じくスイーツ好きなのだと思う(笑)、特にバニラアイスは良質なバニラを使用、最近では出色のグラスだった。

 久し振りのコティディアンだったが、まずは来て良かったと思った、マダムともう一人の若い男性のサービスが良質で居心地がいい。料理も最新の煙や泡が出る尖ったものでは無く定番料理が多いのだが、余計なものを省き簡潔でいながら奥行きがあって美味、「贅沢な日常」を感じさせてくれる。
 フランスのビストロと較べたら、量や塩分・脂の質は違う、悪い意味ではなく日本人向け、それもシニアクラスでも完食出来て、リピートしたくなる料理だと思う、それもあって客層も比較的高めに感じた。
 これから更に高齢化社会になる日本、レストランも変わって行く必要あると思う、70代、80代になっても食べられるフレンチ、雰囲気が良くて月1回位のペースで来ても飽きない料理と、年金からでも払える値段(笑)、そうした店があれば老後の楽しみが増すし、もう少し生きてもいいかな?と思えてくる、家から麻布十番まで辿り着ける体力は維持しないといけないが(笑)。
 須藤料理長、マダム、そしてスタッフの皆さん、おかげで素敵な午後になりました、次はこんなに間を空けずに来たいと思います。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -