最後の晩餐にはまだ早い


新富町「プレニチュード」

 フランス南東部の大都市リヨンは古い街で、ローマ時代にはガリア(フランスの古い呼称)の首都として発展、当時は「ルグドゥノム」と呼ばれた。21世紀の現在でもパリとは違う独自の文化を保っている、ソーヌとローヌの二つの川に挟まれた半島状の中心地(プレスキル)とソーヌ川右岸の旧市街には数多くのレストランが点在し、「食の都」とも呼ばれる、これは中世以降に絹織物の生産地として栄え、ブルジョワと呼ばれる商家の富裕層が多く誕生し、飲食業を支えていたからでもある。
 このリヨンで約4年働き、帰国後もリヨン出身のフランス人料理人の店、神楽坂「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」で料理長を務めた今田一之氏が、昨年12月に独立開業をしたのが、この日の昼に伺う新富町「プレニチュード」だ。
 「ルグドゥノム~」は訪れた事があるので興味あったのだが、今回たまたまFBで知り合った人が、この店のサービス担当に就任したのもあり、友人を誘って昼に初訪問する事になった。

        170529-1.jpg
 店から一番近い駅は有楽町線の新富町だが、私は日比谷線八丁堀から歩いて行った、近年「ビストロ・シンバ」「メゾン・ミッシェル」に、この「プレニチュード」と、近いエリアにフランス料理店が続いて開業している、今東京でも熱い一帯と云えそう。「シンバ」からは首都高環状線を挟んですぐの場所、このまま銀座へ向かうと「カイラダ」も近いし、他にもビストロやイタリアンが数店在り、飲食激戦区になっている。
 12時丁度に入店し、店内左側のベンチシートに案内される、思っていたより広い店内で22席あるそうだ、入口右手が厨房で中は2人体制だった。

     170529-2.jpg
 テーブルは昼でも白いクロスが敷かれ、位置皿にはシャガールの絵皿、その上には白い布ナプキンを立てている、このセンスは今の東京ではちょっと懐かしい感じがする(笑)。
 サービスの大津氏に挨拶し料理が始まる、ランチメニューは3,800円と5,800円の2種で、あらかじめ後者をお願いしていた。

        170529-3.jpg
・アミューズ・ブーシュ(リエットのバゲットサンド、ロマネスコのマリネ)

     170529-4.jpg
・そら豆のムース、北寄貝と春野菜のサラダ仕立て

        170529-5.jpg
・ボルドー産白アスパラ、鴨の燻製ハム、ハーブ

     170529-6.jpg
・長谷川農園のマッシュルームスープ

     170529-7.jpg
・金目鯛のポワレ 生姜風味のエブリ麦とプティポワのピューレ

        170529-8.jpg
・切子杯に入れた香川産甘夏のグラニテ

     170529-9.jpg
・ハンガリー産鴨胸肉のロースト、赤ワインソース、インカのめざめ

        170529-10.jpg
・苺のヴァシュラン、ピスタチオのアイスクリーム

     170529-11.jpg
・ミニャルディーズ

        170529-12.jpg
・コーヒー

 まず料理全体の印象を云うと、東京やPARISの若手料理人達が作る、エッジの立ったコンテンポラリー料理とは少し傾向が違い、何処か懐かしくて優しい美味しさ、リヨンを訪れたのは2009年が最後だが、記憶の中での料理には共通点がある。
 個人的な好みでは、前菜の「そら豆のムース、北寄貝と春野菜のサラダ仕立て」に惹かれたが、一つの料理だけが突出する事なく、全体が絹織物みたいに柔らかな肌触り、店内は時間がゆったりと流れ、モダンアートの鮮烈な刺激より、絵具を何層にも塗り重ねた伝統の油絵みたいな料理と云うと抽象的過ぎるかな?(笑)。
 パティシェールのヒカリちゃんが作るデセールも良かった、これから経験を積むといいパティシェになると思う、コーヒーも吟味され美味しい。
 店内サービスはスーツ姿の男女2人が担当するが、上質で寛げる。客の年齢層も高めに感じ「大人のレストラン」だなと思った。皿はベルナルド、カトラリーはさすがにクリストフルではないが、肉用にはライオールを使う、この辺りにも店主のフランスへのリスペクトを感じた。
 青山学院近くで、現在「モノリス」の場所に在った「アテスエ」の料理を思い出した、割と好きだった店で、私の記憶違いでなければオーナーシェフはリヨンで働いた事があり、優秀なメートレスが居た、料理には何処か共通点があると思った。
 店のWEBページでは「食べて美味しく、身体によい環境にも優しい。オーガニックな食材に拘った自然派フランス料理を」とコンセプトを主張している。料理の傾向は違うが、外苑前「フロリレージュ」が提唱する「サスティナビリティ」にも共通する考えで、レストランがこうしたメッセージを発信するのはいい事だと思う。

 店名の‘Plénitude’とは、「完全」「充実」を表すフランス語、開業後半年なので完全には足りないものがあるのは、料理長が一番承知していると思う、あくまでも目標と理解すべきで、あと半年位経って一周年を迎えた頃に一回目の充実が来そうな気がする、確認のためにもまた来てみたい店だと思った(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30