最後の晩餐にはまだ早い


表参道「グラッシェル」(2017年5月)

 私が「表参道のスイーツパラダイス」と呼んでいる、アントルメグラッセ&生アイス専門店「グラッシェル」で、5月末に開催された夏の新作発表会に、ブロガーとして招待をいただいた。招待されたからにはレポートを書くのは当然の義務と思い、今回記事をUPさせてもらう事に。

     170602-1.jpg
 まさに新緑の季節だが、店前の植込みの緑も鮮やかで、此処で「目に青葉 山ホトトギス 夏アイス」(笑)。
 発表会場は2階のカフェスペース、平日の夕方だが満席で参加者の殆どが女性だった、シェフも女性なので、女性の感性で作った物を女性が評価紹介し、女性達が買い求めにやって来る、これが「女性達の世紀」と思う21世紀を象徴している(笑)。

        170602-2.jpg
 各席上には紙資料が置かれている、1枚目からして向日葵のイメージで、夏だなと思わせる。

        170602-3.jpg
 時間になり、本間シェフパティシェールの挨拶と説明が始まる。まずは新作のアントルメグラッセホール3種の紹介から。

     170602-4.jpg
 手前から奥へ「パルファン ダンファンス‘Parfume d'enfance’」「フェットエスティバル‘Fête estival’」「バルーンデテ‘Ballon d'ete’」

     170602-5.jpg
 試食用にそれぞれをカットしたもの、以下資料説明の概略と私個人の食べた感想を。

        170602-6.jpg
・フェットエスティバル(婦人画報コラボ商品)、ホール価格:4,500円(税抜)、販売期間:6月24日~8月31日
 商品名は仏語で「夏祭り」、向日葵の花の周りを飛ぶテントウムシとミツバチをあしらっている。タルト生地の中にアプリコットのコンポートをからめたバニラアイスとアプリコットソース、その上にミルクチョコレートのアイスを乗せ周りにはマンゴーアイス。長野「やまさ農園」のアプリコットを使用しているとの事。
 マンゴーとチョコレートの組み合せが意外で大胆、好き嫌いあるかも知れないが、私はいいと思った、インパクトある外観、見栄えがいいのでプレゼントに喜ばれると思う。

        170602-7.jpg
・バルーンデテ 4,000円、6月10日~8月31日
 従来の「バルーンデテ」はグラッシェルで一番人気だそうだが、それを夏用にバージョンUPしたもの。桃の風味のバニラアイスにフランボワーズを合わせたベリーソース、ライチ風味のアイスを重ね、ベリー、ライチ、桃のシャーベットを乗せた。
 これは桃とライチが主役、定番の美味しさに加え夏らしい爽やかさがある、色も形も女性に好まれそう、今年の夏は「花よりアントルメグラッセ」を贈るのがいいかも知れない(笑)。

        170602-8.jpg
・パルファン ダンファンス 3,600円、6月24日~8月31日
 チーズケーキをアントルメグラッセにしたいと考えたそうだ、レモン風味のバニラアイスの中にパイナップルのコンポート、レモンソースを流し、上にはクリームチーズとマスカルポーネのアイスを絞る。愛媛「山崎農園」のレモン、沖縄「玉城忠雄農園」のパイナップルを使用。
 個人的には今回これが一番気に入った(笑)、クリーム味とレモン&パイナップルの酸味が絶妙にマッチしている、爽やかでいながらコクがあり、このままレストランデセールにも使えそうだ。

 資料だけだが、「アンディヴィヴィエル グラッセ‘Individuels glac'es’」の商品名で、ミニサイズのアントルメグラッセがリニューアルされた事が紹介された。
 最後にカフェスペースで提供される季節の新商品「メロンパフェ」の紹介と試食があった。

        170602-9.jpg
・提供する状態の試作品(税別1,500円で販売予定)

     170602-10.jpg
・試食用サイズ

 本間シェフの説明によると、メロンは茨城「方波見農園」の「イバラキング」を使用。クープは下から ポルト酒のグラニテ、 レモン&ミントのジュレ、 マスカルポーネのアイス、メロンシャーベット、仕上げに生クリームを絞りメロン、メープルのパウンドケーキ、ポルトのジュレ、ミント&レモンで仕上げたとの事。
 まずはルビーポルトの香りが鼻に抜ける、続いてメロンの豊潤な香りと味、これらを上質なクレームシャンティが柔らかく包む。メロンとポルトは相性抜群だそうで、たしかジャン&ピエール兄弟が健在だった頃の「トロワグロ」のデセールに、メロンをくり抜きポルトと果肉を入れるスペシャリテがあったと思う。
 これは贅沢なパフェ、私が子供の頃メロンは高価で食べられず、「死ぬ間際なら食べられる」と信じていた(笑)、そのメロンを材料にした豪華版パフェが、今では1,500円で誰でも食べられる時代になった。ただアルコール分が高いので、子供やお酒に弱い人、これから運転をする人は控えた方がいいと思う、これぞ「大人のパフェ」だ。

 本間シェフ、招待ありがとうございました、長く生きていると良い事あります(笑)。またスーシェフで9月に水戸でパティスリー「le sucrier」を独立開業すると聞く小薗君、健闘をお祈りします。
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. スイーツ・和菓子・パン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -