最後の晩餐にはまだ早い


亀有「めんこや 亀有店」

 今回記事にする「めんこや亀有店」は、去年12月に実家がある亀有に開店したうどん店で、「武蔵野うどん」を提供するチェーン展開店舗だ。都内に5店舗あり、幡ヶ谷に本店、五反田、京王閣(調布)、高円寺に続いての亀有店だが、他4店が東京西部なのに、何故亀有に飛んでやって来たのかは不明(笑)。面白いのが京王閣で競輪場内に店がある、定休日はレースの開催が無い日だそうだ。
 運営会社は㈱ドリームハーバー、「武蔵野うどん」については、ウィキペディアによると「東京都多摩地域と埼玉県に伝わるうどん、(中略)一般的なうどんよりも太く、色はやや茶色がかっている。加水率は低く塩分は高めである。コシがかなり強く、食感は力強い物でゴツゴツしている。」とある、冷たい「ざるうどん」にして食べるのが一般的との事。北関東は保水性の低い関東ローム層により米作にあまり適さず、昔から粉食の伝統があった。店名の「めんこや」とは「麺小屋」の事らしい。

        170704-1.jpg
 店の場所はJR亀有駅至近で、北口を出ると両さん像があり、右に曲がるとすぐ高架下に店が在る、隣はコメダ珈琲、同じ高架下には飲食店が幾つか並んでいるランチ激戦地だ。
 店は間口が狭く奥に伸びていて、カウンターはなく椅子席のみ16席。厨房内に二人従業員が居て、一人が配膳も兼務する。

        170704-2.jpg
 新しいので店内は奇麗だ、壁にはテレビ、腰板の前にはベンチシートではなく、居酒屋等でよくある壁付の畳席。

     170704-3.jpg
 券売機ではなく口頭注文なのでまずメニューを眺める、ウィキペディアの記載どおり、冷たいうどんが多い。

     170704-4.jpg
 値段は少し高めに感じたが、他店と共通?

 こうした店であまり悩んでいてもと思い(笑)、メニューの一番初めにあった「ぶったまうどん」(税込840円)を注文する事に。
 WEBページを見ると、チェーン店でも集中キッチンではなく、各店でうどんを打っているそうだ、この店も目立つ場所に打ち台があった。

     170704-5.jpg
 手打ちの生うどんはどうしても茹で上がりに時間がかかる、しばらく経って出来上がって来たのが「ぶったまうどん」。見かけは「ざるうどん」と云うより「つけ麺」そのもの(笑)、麺とつけ汁部分とに別れている。

        170704-6.jpg
 うどんは中太、ツヤがあって食べるとコシがあり喉越しも悪くない、関東の地粉だけではないと思うが、十分美味しい麺だと思った。

        170704-7.jpg
 つけ汁はおそらく鰹出汁と濃口醤油ベース、チャーシューみたいな豚肉と茹で玉子半分、モヤシと青ネギが入っている、豚と玉子なので「ぶったま」と云う事だ。
 うどんをこのつけ汁に浸けながら食べるのだが、鰹+醤油味は東京で育った私にとって、たぶん母乳の次に覚えた味(笑)、記憶を呼び覚まされるので、どこか懐かしくて美味。
 スタイルはつけ麺だが、つけ汁の脂分が少ないので私には好印象、その分背脂好きの若い人達にはもの足りないと思うかも知れない、でも「万人向けの味」などと云うのは、どっち付かずになり易いので、この路線は賛成(笑)。

        170704-8.jpg
 「茹で湯ご希望の方 お申し付け下さい」と貼り紙があったのでお願いする。蕎麦湯みたいものだが、つけ汁を割って飲むと、なかなか味のあるものだ。

     170704-9.jpg
 麺、つけ汁共に期待したより美味しかった(笑)、なかなか考えたなと思う、昔風な「ざるうどん」をそのまま出しても特に若い客層には受けない、そこで「つけ麺」のスタイルを踏襲して出したら、期待以上に受けたので店を増やしている、そんな事業展開なのだろう。

     170704-10.jpg
 印象が良かったので、しばらく経って再訪問し、「つけカレーうどん」(890円)を注文、カレーは鰹出汁の効いた昔ながらの「蕎麦屋のカレー」味で、これもなかなか良かった(笑)。
 
 駅から至近なので、もし亀有に行く事あれば、気軽に入れる事もあってお勧め出来る、夜は酒も飲める様に一品料理の用意もある。
 亀有は昔からラーメン店の激戦区だったが、最近うどん店が増えている、以前から北口にあり夜だけ営業の「琴ひら」(讃岐系)、住居を一部改造した店「菊屋」(讃岐系)、東京では珍しい富士吉田うどんの「五葵(いつき)」、亀有アリオ内には「丸亀製麺」(讃岐系?)まである、そしてこの店が加わり更にもう一店出来るらしい、うどん激戦区にもなりつつある(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -