最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「ラ・リューン」

 このブログを始めてから5年半になるが、その間「行きたい」と思いながらも、行けないでいる店が幾つかある。現役時代から常に財布の中身は薄いので、一食2万円以上支払う高額店は最初から想定外だが(笑)、リーズナブルな店でも行き損ねている店がある、東京の東端に住んでいるので特に東京西側の店に多い。
 今回紹介するのはそうした初訪問の店、麻布十番のフランス料理「ラ・リューン‘La Luna’」で、この店も昨年まで私と定休日が同じだった事もあり訪れる機会がなかった。今回、店の常連客にお願いして、ランチタイムに同席させてもらう事が出来た、WEB上でも評判のいい店なので楽しみ、その気持ちが現れたのか、約束の12時より早く店に着いてしまった(笑)。
 店の場所は麻布十番駅を出て、環状三号線を十番商店街とは逆の方向へ進む、左側にある中国料理「富麗華」を過ぎたらガソリンスタンドのある角を左折してすぐ。以前は別の名前のフレンチで現在の料理長が働いて居たが、その後2002年に店を引き継いだと聞く。
 料理人は1973年生れの永田敬一郎氏、熊本出身で都内の「ラ・ブランシュ」「エブリーヌ」等で働いた後に渡仏、吉野建氏の「ステラ・マリス」開業時を手伝った後、主にプロヴァンスで働く、最後は私も訪れた事のあるヴェシーの「ジャック・デコレ」だったそうだ。

        170708-1.jpg
 小柄なマダムの案内で窓際の席に座る、窓外にはハーブ等の鉢植えが並び、道路からの目隠しになると共に、南仏的な雰囲気も表現している。
 ランチメニューは、A.2,800、C.3,800、D.6,000円の3種類でBは欠番(笑)、AとCはスープの有無と、肉料理が鶏か豚の違い、初回訪問と云う事もあり中間を取って?Cでお願いする事にした。
 料理は以下のとおり、

     170708-2.jpg
・雅鮎のフリット、クレソンの花

        170708-3.jpg
・自家製パン(美味しい)

     170708-4.jpg
・雲丹とトマトのソルベ、茄子の煮浸し、コンソメジュレがけ、ライム風味

     170708-5.jpg
・「ゆかり」みたいな味がする海老のビスキュイ

        170708-6.jpg
・淡路島産新玉ねぎのスープ

        170708-7.jpg
・シラスとフロマージュブラン

     170708-8.jpg
・岩手山高原豚のポワレ、ビーツのソース

        170708-9.jpg
・枇杷とアーモンド風味のソルベ、枇杷のグラニテ、福井の梅ピュレ

        170708-10.jpg
・スペシャルティコーヒー

 料理全体の印象から云うと、小細工なしの判りやすい直球勝負で、料理長がフランスで働いて居た1990年代の、本当に美味しかったフランスの料理を想起させる。複雑なテクニックや変わったスパイス等に頼るのではなく、上質な素材を丁寧に調理して繋がりある料理にしている、美味しいのか美味しくないのかも判らない料理では決してない(笑)、ストレートに旨さが伝わって来る。
 アミューズは旬の鮎を上手く使う、前菜の雲丹と野菜の料理は店のスペシャリテで安定の美味しさ、シラスの一品は料理長からの好意との事(笑)、正直に云ってしまうと、メニューの「豚」の文字にあまりテンション上がらなかったのだが、食べて納得した、これは美味しい豚だ。そしてガルニに使ったのは人参一本そのまま(笑)、1980年代生れの料理人ならまずやらないが、人参の旨味を感じるには一番いいやり方かも知れない。
 夏を感じさせるデセールは良かった、特筆すべきは自家製パンが美味しい事、今は各店の料理差が少なくなっているので、この二つで勝負が決まる気がする。

 料理長ともう一人の男性が調理し、店内はマダムが担当するが、居心地よい接客で寛げる。店の規模はもう少し小さかったが、好きな店だった牛込柳町の「ル・デッサン」の料理とマダムのサービスを思い出した、共通点があると思った。
 調理が終わって、挨拶に客席に出て来た永田料理長、痩身で飄々とした雰囲気で話す、フランスのレストランでもきっと戦力として重宝されたであろう事は、料理を食べれば想像出来る。
 今、麻布十番はフレンチ激戦区だ、現れては消える店も多くある中で、15年続いたのは、リーズナブルな価格設定に加え、やはり料理が良かったからだと思う、口コミやネット情報で高評価でも、一回来た客をリピートさせるには、料理の印象が何より大事だ。
 ‘La Luna’は「月」の事だから、本来は夜にもっと輝く店かも知れない(笑)、また訪れたいと思ういい店だ。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. フランス料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -