最後の晩餐にはまだ早い


秋葉原「粋な一生」

 柴田書店が発行している料理人向けの月刊誌「専門料理」、8月号の特集が「独立開業のススメ」で、その中に「店名の由来、教えてください」と題した記事があり、書店で立ち読みしただけだが面白かった。特にフレンチやイタリアンは日本人には馴染みが薄い仏語や伊語を使うので、何処も苦労しているなと思った。フレンチでは一時料理人の名前を付けるのが流行ったが、最近では以前に戻って仏語の名詞を使う事が多くなったと思う。
 記事ではないが最近興味深いのがラーメン店の名前で、凝った文学的?な店名にするのが流行みたいだ、某ランク付サイトを見ても「一燈」「麦苗」「蔦」「吉左右」「饗 くろ喜」「金色不如帰」等々、地元には「陽はまたのぼる」と云う名前の店もある、そのうち「暗夜行路」とか「罪と罰」などと云う店も登場しそうだ(笑)。

 今回記事にするのが、その文学的店名を流行らせた一軒ではないかと思う、秋葉原の「粋な一生」。オープンは2005年12月で、現れては消える店の多いラーメン業界で、同じ場所で12年続くのは、もう老舗と呼んでいいと思う。「秋葉原、ラーメン」でWEB検索すると、ランキング上位に必ず名前が出て来る店だ。

        170813-1.jpg
 店の場所は秋葉原駅を昭和通り側で出て、通りに沿って御徒町方面へ向かい、革鞄店がある角を右折し直進して左側、目立つノボリと看板がある、三井記念病院の近くで、この辺りは「裏秋葉原」とでも呼ぶべきなのか、昔から秋葉原電気街とは違う雰囲気だった、私は馴染みのオーディオショップが近くにあり、入り浸っていたので懐かしい界隈。昭和通りの向かい側は「UDX」や「ヨドバシアキバ」の開店以降再開発が進んでいるが、こちら側はまだ静かだ。住所は千代田区ではなく台東区になる。

        170813-2.jpg
 今は朝型人間になったので、この店みたいに11時開店はありがたい(笑)、開店直後に入店したが、既にカウンターには先客が居た。食券方式なので何を食べるか迷う、塩、味噌、醤油と基本は三種類だが、「初訪問の店では食券機一段目の左端を選ぶのが無難」の鉄則?に従い、「塩ラーメン」(税込720円)に味玉子(100円)を購入しカウンター席に座った。

     170813-3.jpg

     170813-4.jpg
 卓上には各ラーメンの説明書きがあるが、食券買った後では遅いと思う(笑)。東京のラーメン店では数年来塩味がブームと感じているが、この店は流行元になった一軒とも云われる。

        170813-5.jpg
 厨房内は割と年齢高そうな男性が二人、店内は女性が一人で担当する、奥に麺が積んであるが、WEB情報ではラーメン好きならおそらく知らない人は居ないと思う、浅草開花楼の麺を使用しているとの事。開花楼は中華麺製造の技術を生かし、最近生パスタも作っていて、イタリア料理店で使っている処も増えている。

     170813-6.jpg
 味変アイテム、容器も中身も奇麗に整えてあり、厨房や店内の清掃も行き届いている。

     170813-7.jpg
 暫くしてやって来たのが塩ラーメン、塩味は透明タイプと白濁したスープ使用店に別れるが、ここは前者。具はバラ肉チャーシュー(煮豚)にメンマ、海苔に葱、水菜が入るのが珍しい。
 まずはスープを一口、鶏ベースで無化調だろう最初はあっさりしていて頼りなげだが、食べ進むうちに右肩上がりで頂点が来る、第一印象より後半戦勝負と云う感じだ、胡椒や粉唐辛子を入れると味が変化し「あなた好みになります」と云う印象(笑)。
 麺は中細で繊細系スープと合う、具はどれも良質、最後まで飽きないで食べられる。

        170813-8.jpg
 ランチタイムサービスのご飯、炭水化物過剰摂取だが止められない、品のいいやり方ではないが、最後のスープに入れ雑炊的に食べてしまう(笑)。
 噂に違わず美味しかった、何処も尖ってはいないが、食べ終わるとまた食べたくなるタイプのラーメンだと思った。

     170813-9.jpg
 そうした訳で、約一か月後に再訪問、この時は第2人気らしい「味噌ラーメン」(780円)にしてみた。
 容器の丼も塩とは変えている、赤・白・八丁の三種味噌をブレンド使用との事、麺も太麺を使っていた、注文の毎に鍋でモヤシを炒めスープを注いで味を調える、昔の作り方を踏襲している。スープは何処か懐かしい味、今から何十年前に初めて味噌ラーメンを食べた頃を思い出した、優しく温かく、これは真夏より冬に食べたい味と思った。

        170813-10.jpg
 塩・味噌・醤油と三種類の味を用意している理由を店主が書いている、これ読むとラーメンへの愛が伝わる、まさに「ラーメン食堂」だなと思った。
 この店もっと早く来るべきだった、また訪れたいと思う温かく美味しい店、いや食堂だった(笑)。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -