最後の晩餐にはまだ早い


駒込「ふで春」

 この日は今年4月で退職した人の「お祝い会」を開催する事になった、本当はもっと前にする筈だったのが、ご本人にお孫さんが誕生した(我々の世代はもう孫です)事もあり、延び延びになっていたもの。伺ったのは駒込の割烹「ふで春」、初めての訪問になるが、今回は私が選んだ店ではないので気が楽(笑)。
 メトロ南北線とJRの駒込駅から商店街を通って歩き7,8分程、駒込は滅多に来ない場所だが意外と下町的な雰囲気が漂い、下町人間の私にはどこか懐かしい。

 店の外観は割烹と云うより「小料理屋」の様な雰囲気、店内は20席位だろうか、新鮮な魚料理が売りの店だそうだ、この日はあらかじめお願いしていた4,800円の献立からで、

・付き出し

              120821-1.jpg
・椀物 豆乳の冷しクリーム仕立て、じゅんさい、オクラ

              120821-2.jpg
・造り 鮑、鱧、鮪

             120821-3.jpg
                    120821-4.jpg
・焼物 子持ち鮎、沢蟹、茄子、茗荷、杏

                    120821-5.jpg
・揚物 海老、鮎、さつま芋、南瓜、ししとう
・茶そば

 食材の質は高い、造りの鮑は肉厚、鮪もこの価格帯の店では結構良い物だった、最後の茶そばもそうだが本山葵を使っているのは立派。今週から「子持ち」になったと説明のあった鮎、これも美味しい、特に前日のフランス料理での鮎と比較してしまうのだが、この魚はやはり塩焼きに優る調理法は無いのではと思う、でも鮎は一匹位で充分ですね(笑)。
 店内には主人自らが書いた「お品書き」が貼ってあり、これが全て食材の絵、どこか片岡鶴太郎氏描く魚の絵に似ている、このご主人は寡黙そうで厨房からは出て来ないが、食材にはかなり拘りがあると感じた、こういう店ではダラダラ飲んでいるより、とにかく出された物をいち早く食べ残さないのに限る(笑)。
 主人は料理を全て出し終わったら使った包丁を研ぎ出した、今は客がまだ居る時に包丁を研ぐ料理人は殆ど見なくなったが、下町にはまだ居た(笑)。

 上質な魚をいただき、日本酒を結構飲んでも一人7千円位、フランス料理ならビストロ価格だ、でも個人的には西麻布、広尾、神楽坂あたりで一人2万円払う和食店よりこの店位が「分相応」な気がするし、かえって落ち着いて好きだ(笑)。それに食材の質のレベルはそう変わるものと思えない。
 昔一緒に働いた仲間は「戦友」と云う感じがする、話題は老後の話が中心になっても、気持ちだけはいつまでも若く保ちたいものだ、また集まれる事を願って終了となった。
 駒込駅まで歩いて帰ったが、途中賑わっていたのは「立ち飲み屋」(笑)それも女性客が目立つ、今は一回7千円でも「高い店」になってしまうみたいで、客単価3千円が客が入る店か否かの分岐点になっている様だ、外食不況はまだ続いている・・。


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 日本料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -