最後の晩餐にはまだ早い


竹ノ塚「雅知」&西新井「桔梗と空」

 緊急事態宣言下、「密」状態が避けられる自転車で行ける範囲の店、それも今迄利用していない店を幾つか回ってみたが、いい店もあったし、そうでない店もあった(笑)。ネット情報全盛時代に「人知れず営業している名店」みたいな処は、もう無いと思った。行ってみて「美味しい、誰かに教えたい」と思うのは正常な感覚で、そうした気持ちがなければブログは続けられない(笑)。
 今回紹介するのは、STAY HOME週間に訪れた区内のラーメン店2箇所、ラーメンは各自の好みを特に反映する食べ物だが、両店は割と万人向けの味で、行ってガッカリする人は少ないだろうと思い、地元店応援の意味を込め記事にしたい。

     200520-1.jpg
 まず一店目は、東武スカイツリーライン竹ノ塚駅西口に在る「らあめん 雅知」で、「がち」と読む。2014年10月の開業、尾竹橋通りに面していて、ブログ記事で紹介したベーカリー「市東製作所」の近く、此の日もパンを買いに行くついでに寄ってみた。
 WEB情報によると『数々の高級中国料理で18年修業した、店主が作り出す渾身のらぁめん』とあり、ラーメン専門店ではなく中国料理店出身の店主との事だ。
     200520-2.jpg
 11時半の開店直後に入店、初回なので無難そうな昼限定の「塩らーめんと肉ごはんのランチセット(税込850円)」を食券購入する。
 店内はカウンターのみで10席程、ひらがなの「ら」の字から上の点「`」を抜いたみたいな、不思議な形の作りと席配置。水はセルフ式だが、コップが磁器製品なのは好印象、どうもプラスチックのコップは好きではない。
        200520-3.jpg
 すり鉢が置いてあり、これで「でか盛ラーメン」(2,680円)を提供する、30分以内に一人でスープを含め完食すれば代金無料(笑)、反対側の壁には完食者の名前が記録と共に連ねてあるが、中には10分台の完食達成者が居て、多分人間ではなく河馬ではないかと思った(笑)。
     200520-4.jpg
 塩らーめん到着、見た目や具もシンプルそのもの、スープの味わいも見た目と同じで淡くアッサリ系、塩分もそんなに強くない。スープも麺も普通に美味しかったが、もう一息コクと云うかパンチが欲しいなと云う気もする、中国料理出身の料理人とラーメン専門店の料理人が理想とするラーメン味のベクトルは、少し違うのかも知れないと思った。
 私みたいな年寄ならこれでもいいが、若い人達には少し物足りなく感じるかも知れない。
        200520-5.jpg
 肉ごはん、これもほぐしたチャーシューと葱だけのシンプルなもの、ご飯の質も悪くなく普通に美味しい、塩らーめんが軽めなので、併せて食べれば満腹感が丁度いい。

 地元店探訪もう一店は竹ノ塚の隣駅、西新井駅西口側に在る「らーめん 桔梗と空」。
 2019年4月の開業、変わった店名の由来は不明だが、桔梗が淡麗醤油味で、空が濃厚煮干し味を表し、2種類の味わいが選べるのが特徴の店。
        200520-6.jpg
 店の場所は竹ノ塚駅西口からすぐで、以前ブログで紹介したカレー店「王子ムルギー」の並び、同じ細い道沿いに在る。
        200520-7.jpg
 こちらも食券方式だが、味わいが2種あると悩む、此処も初回なので無難そうな「特製淡麗醤油らーめん」(税込1,050円)にして、コロナ太り進行中のためご飯物は止めておいた(笑)。
     200520-8.jpg
 カウンターだけの8席でL字型に並んでいる。店は新しいので綺麗だ、左端の「しょうゆすこ」はバルサミコ酢、薄口醤油、ハラペーニョを混合した万能辛味調味料。
        200520-9.jpg
 箸は割箸、水はセルフでプラスチックコップ、これとガラス製が多く最近増えているのが真空断熱カップ、「雅知」の磁器使用は珍しい。
     200520-10.jpg
 出来上がった「特製淡麗醤油らーめん」、奥に大きな薄く切った煮豚と海苔が3枚ずつ立っている、長葱と水菜、手前に味玉と白い四角状の物は餅で、これが珍しい。
 スープは始めに魚介の香りが来る、4種類の醤油をブレンドして使っているそうで、全体的に味わいは濃い目、「淡麗」を謳ってはいるが結構濃厚だ(笑)。麺はストレートな中細麺、歯応えあり好きなタイプの麺。餅が意外な程にラーメンスープと合う。
 具が多いので完食すると結構食べ応えある、店主は別のラーメン店で働いていたそうで、一杯で満足できる充実感は「雅知」とは違うと思った。あくまでも個人的な嗜好だが、両店の中間ぐらいの味わいが丁度いいのかな?とも思った(笑)。
 ネット上で書かれているが、サービスはとても感じがいい、特に小柄なオバサマの接客は、この種の店では珍しい位に心温まるものだった。
 「雅知」「桔梗と空」共にとても真面目に作ったラーメンだと思う、それぞれの駅に行った時には、寄ってみて多分残念だと思わない筈だ。


  1. [ edit ]
  2. 麺・ラーメン
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
人はそれぞれに「見方、感じ方、考え方」が違います。私が美味と思ってもそう思わない人が居て当然です、味覚とはそれだけ不安定で不完全なもの、あくまでも筆者個人の嗜好による感じ方である事を承知の上で読まれてください。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに赤坂、麻布十番等。
混雑電車が苦手で加齢による朝型人間化のため、ランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

最新トラックバック

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -