最後の晩餐にはまだ早い


江北「とん喜多」

 浅草寺と共に浅草のランドマーク的存在が、地上28階建ての浅草ビューホテルで、建っている敷地は1982年(昭和57年)まで浅草国際劇場が在った場所、そこから道を一本挟んで隣にあったのが「河金」と云う名前の老舗洋食店だった。此の店の名物はロースかつ、グラムではなく「匁(もんめ)」で大きさを表示し、一番大きなものは百匁(375g)で、別名「わらじ」とも呼ばれていた。此の店は後継者不在により廃業してしまったが、暖簾分けした店が「河金」を名乗り、同じ台東区の入谷と千束で営業を続けている。
 先日、高田純次さんの街歩き番組を見ていたら、千束の「河金」を訪れ、この百匁のロースかつを注文していて、急にとんかつが食べたくなった(笑)。
 そこで小雨振る中を自転車で向かったのは、区内興野にある老舗とんかつ店「とん喜多」、ネット上での評判がよく、以前から一度行ってみたいと思っていた店だ。
 此処も店の場所を説明するのが難しい、公共交通機関なら日暮里・舎人ライナーの江北駅だが、車や自転車なら環七道路を西新井から鹿浜橋へ向かい、区立五中の近くで左折、扇大橋方面へ向かう途中に在る、周りに商店が少ない場所に突然立派な店が現れる感覚は、西亀有「ギャラリー」に似ている(笑)。
        200601-1.jpg
 我家から約40分で到着、家族経営と聞いていたので小さな店を想像していたが、実際には鉄筋3階建駐車場完備した立派な住居兼店舗、「とんかつビル」とでも呼びたくなる(笑)。
        200601-2.jpg
 時節柄持ち帰り弁当の販売もしている。
     200601-3.jpg
 11時開店だが15分過ぎに入店、既に食事中の客も居た、カウンター席に座って「おしながき」を見る。ロースかつは並(税込1,100円)と上(1,700円)の2種あり、確認したら肉自体は変わらず量の違いで、上は270gで揚げに20分かかるとの事、直前に観たTVの影響もあり、思い切って「上ロースかつ定食」をお願いした(笑)。
     200601-4.jpg
 卓上の調味料類、ソースは濃淡2種類あり、「オタフクお好みソース」の瓶に濃い方が入っている、後で使ってみたがスーパーで売っているオタフクソース程甘くなく、あれとは違う種類なのかも知れない。
        200601-5.jpg
 カウンターと座敷で席数は多く、車で来る家族連れにも対応している。周りに飲食店が殆ど無いからか、作業服を着た「ガテン系」の人達も入店して来る、とんかつにはスーツ姿より似合うと思う(笑)、弁当購入の客も数人。広い厨房内は中高年層の男性2人と女性1人、男性は兄弟か?でも髪の毛の量がかなり違う(笑)。店の開業年を調べたが判らなかった、スタッフの年齢からして、相当前からこの場所で営業している筈。
     200601-6.jpg
 20分以上待って到着した「上ロースかつ定食」。
     200601-7.jpg
 とんかつ部分UP、井之頭五郎氏なら鞄からメジャーを出し厚みを図る処だが(笑)、2cm以上はある。
        200601-8.jpg
 衣も厚い、肉は中心部までしっかり火を入れる、昔からのやり方。
 まずは真中から何も付けずに食べてみる、肉質は弾力とフレッシュさがあるので熟成はしていないと思う、銘柄は不明だが美味しい豚肉だ、脂の香りもいい。揚げ油は新しいみたいで、油臭さも感じないが、あえて云えば衣が少し厚すぎるかなと思った。
 薄いソース、濃いソース両方使ってみたが、こうしてしっかり揚げたタイプで、ご飯と一緒に食べる時は濃いソースの方が合うと思った。
     200601-9.jpg
 ご飯は炊き立てで美味しい、「旨いご飯を食べたかったら開店直後に行け」は鉄則(笑)。
        200601-10.jpg
 豚汁ではなく普通の味噌汁だが、出汁の香りが感じられ、最後まで飲める味噌汁。大根おろしが添えてあるが珍しい。漬物は白菜を刻んだもの。

 美味しいロースかつだが、270gは今の私には大きすぎた(笑)。前記事の「ル・スプートニク」でも感じたが、昔は満腹感が来る前に完食出来たが、今は途中で満腹感がやって来る、引き籠りの日常であまり動かないのも影響ある。
 家から自転車で片道約40分、往復で1時間20分なので、食べ過ぎのカロリー消費になればいいが、たぶん相殺は無理だろう。でも此の店はまた来てみたいと思った、でも次回は並サイズにしたい(笑)。
 「とんかつはソースより塩」と力説するとんかつフリーク達が好む店とは違い、昔ながらの厚い衣でしっかり揚げる揚げ物が好きな人に向いている。店全体は緩い安心感があり落ち着けた、西新井大師が近いので、少し足を延ばして寄ってみる価値あると思う。


  1. [ edit ]
  2. とんかつ・洋食
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
人はそれぞれに「見方、感じ方、考え方」が違います。私が美味と思ってもそう思わない人が居て当然です、味覚とはそれだけ不安定で不完全なもの、あくまでも筆者個人の嗜好による感じ方である事を承知の上で読まれてください。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに赤坂、麻布十番等。
混雑電車が苦手で加齢による朝型人間化のため、ランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

最新トラックバック

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -