最後の晩餐にはまだ早い


南千住(浅草)「パスティチェリア・バール・アルテ」

 前記事のとんかつ店が自転車で片道40分、これで少し自信が付いたから、運動不足解消も兼ねて、もう少し遠くまで行ってみようと思った、八潮市のリトルパキスタンにカレー食べに行きたかったが、近くても都県を跨ぐことになるので、埼玉県民から非難されてもいけない(笑)。地図の北ではなく南の方を見ると、墨田区、荒川区、台東区の一部が意外に近い、それで思い付いたのが、以前は何度か伺っていた、南千住(浅草)のイタリア料理&ドルチェの店「パスティチェリア・バール・アルテ」だった。
 数年前までは平日ランチタイムも営業していたが、その後諸事情により夜中心の営業形態へ変更、それもあってご無沙汰していたのだが、今回の緊急事態宣言により営業時間を変更、ランチタイム営業を復活したと聞き、近いうちに行こうと思っていた処だった。
 我家からだと荒川上の堀切橋、隅田川に架かる千住汐入大橋を渡る、あとは隅田川沿いを下流に向かって走り、白髭橋で右折すれば、店が在る台東区清川になる。私は子供時代を向島で過ごしたから知っているが、昔の隅田川は異様な臭いがあった、今はすっかり水が綺麗になり、サイクリングロードも整備され思っていたより快適、でも清川到着時は息が切れていた、マスク+自転車長距離は結構心肺負担になる(笑)。

        200605-10.jpg
 時節柄、テイクアウト商品も提供している。
 入店して相越料理長夫妻に挨拶するが、途中リタイアするといけないと思い、アポなしだったので驚かせてしまった、私は白髪が増えたがお二人とも以前と変わりなかった。
     200605-1.jpg
 久しぶりを詫びてテーブル席に座るが、店内が以前と少し変わっていた、店売りケーキ用の冷蔵ケースを縮小し、代わりにカウンター席を設置、奥の元カウンター席はメニューと酒類置き場に、よく頭をぶつけていたイタリア製の照明も小さなLEDに変わっていた。
 ランチセットは「ツナとポモドーロのスパゲッティ」か「木の子のリゾット」、これにサラダ、フォカッチャ、ドリンクが付いて900円(税別)は場所柄を考えても安い(笑)、この他に少し時間はかかるがアラカルトも一部可能との事で、黒板メニューの中から「もち豚バラ肉のビール煮込み」(1,300円)を追加でお願いする事にした。
        200605-2.jpg
 飲酒運転?になるといけないので、イタリア・リアルド産の炭酸水「Ferrarelle」(650円)。
        200605-3.jpg
 グリーンサラダ、何気ないものだが葉の新鮮さと、油と酢の扱いがいい。
     200605-4.jpg
 「ツナとポモドーロのスパゲッティ」、文字どおりの料理だが、パスタの茹で方、トマトソースの穏やかながら奥行きある味わいは、家では出せないプロの味と云う印象、量もしっかりあるのは嬉しい。
        200605-5.jpg
 自家製フォカッチャ、美味しい。
     200605-6.jpg
 続いて「もち豚バラ肉のビール煮込み」、これもしっかり量がある、炒めた玉葱の甘味とビールの微かな苦味が、豚バラ肉の脂の香りと味を引き立たせている、いきなり予約なしで来た客にこれを出せるのは立派、そして値段が安い(笑)。
     200605-7.jpg
 お腹一杯になったが、此処は元々洋菓子店からスタートした店なので「ドルチェ喰わぬは男の恥」(笑)、店売り用ケースの商品から選ぶ事に。
        200605-8.jpg
 ズッパイングレーゼ(税別400円)
 直訳すれば「英国人のスープ」、シロップで湿らせたスポンジとカスタードクリームを重ね、スープ状に柔らかく作るデザートだが、これは持ち帰り可能な状態にしている、オレンジの香りを付け、夏向けの爽やかな味わい。
 何故か続けて2品目を、「ドルチェは別腹」と勿論いただく事に(笑)。
     200605-9.jpg
 パスティエーラ(400円)
 ナポリ発祥のリコッタチーズと小麦の粒を使ったタルト、復活祭に食べるそうで、いかにも南イタリアらしい素朴な美味しさ。
 コーヒー
 久しぶりだったが、「アルテ」の料理もドルチェもやはり美味しいなと、地元や都心のイタリア料理店と比べてもそう思う、暫くはランチ営業続けるみたいで、今日で自信が付いたから、また自転車で来ようと思った。
        200605-11.jpg
 コロナ太りへのカロリー摂取過多の危険領域に突入したので、帰りも隅田川沿いを力走?するが、身体が重くなった後の亀走りなので、とてもカロリー消費には足りない、昔はあの場所に無かったスカイツリーや高い建物に笑われているような錯覚になる(笑)。
 脚と腰は痛くなったが、懐かしい風景と美味しい人達に会えた日だった。
 


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
人はそれぞれに「見方、感じ方、考え方」が違います。私が美味と思ってもそう思わない人が居て当然です、味覚とはそれだけ不安定で不完全なもの、あくまでも筆者個人の嗜好による感じ方である事を承知の上で読まれてください。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに赤坂、麻布十番等。
混雑電車が苦手で加齢による朝型人間化のため、ランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

最新トラックバック

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -