最後の晩餐にはまだ早い


高原敏作「備前丸壷」

              121115.jpg

 食レポが続いたので、今回は口直しの意味も込めて(笑)、「焼物」の話をする事にしたい。画像は先日ネットオークションで落札した、備前の物故作家高原敏作の壺で、高さ17cm、直径20cmの丸型、丁度茶室の床等に花を飾るのに適当な大きさの物だ。

 備前焼はご存知の方も多いと思うが、岡山県備前市で焼かれる炻器(せっき:陶器と磁器の中間的性質を持つ焼き物)の総称で、遠く平安時代からからの歴史を持った、「六古窯」と呼ばれる日本古来より続く陶磁器産地の一つで、特徴は釉薬を使わずに焼成、窯の中で火の力によって生じる「窯変(ようへん)」と呼ぶ独特の模様が個々に違う事。桃山時代には茶の発展と共に茶陶として人気になったが、江戸時代以降は茶道の衰退と有田等による磁器生産が増加した事により人気が衰える。昭和になってから後に人間国宝となる金重陶陽らが桃山陶への回帰を目指し、芸術性を高めた器を製作、北大路魯山人等も高く評価した事から復興に繋がった。
 焼物好きは、最初は染付磁器あたりから収集が始まり、最後はこうした無文様、無釉薬の焼締陶器や白磁・青磁に行き着くと言われている、絵画で言えば具象絵画から抽象絵画の世界へ行く様な感じだ。

 この壺の作者、高原敏は昭和9年(1934)生れ、備前で最も歴史が古く金重陶陽を輩出した金重利陶苑で修行し、個人作家として独立後は陶歴を重ね受賞歴多数、息子の高原卓史も備前焼作家として活躍中だ、惜しくも昨年78歳で逝去してしまった。作風は男性的で豪快な作家が多い備前の中では、比較的優しく女性的な印象がする。実はこれが驚くほどに安く入手出来てしまった、ここに書くのを遠慮したくなる程の金額だった。

 長期デフレが蔓延するこの国だが、衣料品や食品、外食などの値段が安い事に目が行きがちだが、ここ20年で一番値段が下がったと感じるのが、骨董・中古品の書画や陶磁器類、TVのお宝鑑定番組では相変わらず馬鹿みたいな高額の鑑定が行われているが、現実はもっとシビアな世界で、値崩れ的に価格が下落している。特にネットオークションが頻繁になったここ10年は、以前なら数万円のレベルだった李朝や中国の陶磁器などは、物によっては数千円などという値段で取引されている、長引く不況で皆「買う」より「売る」になってしまった結果の様だ。
 日本の焼物でも値段がそれなりに付いているのは「人間国宝」の作家位で、他は惨憺たるものだ、骨董業の人に聞いたのだが、今は特に「お茶」を嗜む人が激減し、茶碗等の茶道具が売れず、売却に持ち込まれるのもこれらの品物が多いそうだ。

 コレクターとしては、昔ならとても買えなかった物が安価になるのは嬉しい事なのだが、器作家や流通業者はそれを売る事によって生計が成り立つ世界だ、考えたら喜んでばかりもいられない。料理も同じだが、作り手が精魂込め作ったものが適正な価格では売られないとなると、これは「文化」とは言えないし後継者も育たない。
 総理大臣や日銀総裁が変わってもデフレが続くのがこの国が抱える一番の問題、早急な対策をしないといけないと思う。

スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 器・骨董
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30