最後の晩餐にはまだ早い


東上野「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」(2016年8月)

 4月以降は理由が幾つかあり、外食は昼が中心になっているが、経験上「日本のランチのお得度は世界有数ではないか?」とも思っていた、例えばパリ市内で、昼千円の支払いで、椅子に座ってまともな物が食べられるかとなると、かなり難しい。せいぜいパニーニとかカスクルート、ファラフェルあたりがいい処だろう。これが北欧へ行くとパリよりもっと高いと聞くので、日本に住んで居てありがたいなと思うのは、ランチの豊富さだ(笑)。
 ただ千円ランチを何店かで食べてみると、やはり「玉石混交」だなと思う(笑)。ファミレスやステーキ、ハンバーグで全国展開をしているチェーン店も体験したが、不満は無いけれど感動も無い(笑)、個人経営店でも家族中心で、店舗も古くなって減価償却も終わったみたいな店の方が、味も概ね良くお得感は大きいなと感じる事が多い。
 そして東京全体で云えるのが中国系の人が営業する中国料理店と、インド・ネパール系の人が営業するインド料理店、この増加が止まらない事。ただ同業種が増えると、次は当然競争となって不人気店は淘汰される事になる、今の東京はこの段階に来ていると思う。

 私がブログで取り上げたのが理由ではないと思うが、既に何人かの料理人がビリヤニを食べに行ったと聞く、東上野のインド・ネパール料理「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」、皆は口を揃えて「あのコスパは凄い」と感心している(笑)、料理人だから大体の原価は判るだろうが、彼等から見ても飛び抜けていると思うそうだ。
 或る日突然そのビリヤニが食べたくなって、他に何の用もないのに、我家から地下鉄に乗って来てしまった(笑)。この店は年中無休で11時からランチタイムスタートするのはありがたい、思い立った時に定休日や、11時半や12時からのスタートだったりすると、待っている間にビリヤニで高揚した気持ちが萎えてしまう(笑)。

        160913-1.jpg

 店に付いたのは11時の開店直後、当然この日一番乗りの客(笑)、席に付いたと同時にインドorネパール系の店員に「ラムビリヤニ」と叫んだ?が、「チョットマッテクダサイ」とかわされた、暫くして別の男性が水を持ってきたので、改めて注文するが、さっきの男性は日本語が判らなかったのかも知れない(でも日本語ではないが(笑))。
 まず当日の料理内容を紹介したい、

        160913-2.jpg
・インド風サラダ

     160913-3.jpg
・インド風トマトスープ「ラッサム」

     160913-4.jpg
・「柔らかラムビリヤニ」(中辛、パクチー少な目(笑))

        160913-5.jpg
・ビリヤニには必須の甘くないヨーグルト「ライタ」

        160913-6.jpg
・「これサービスです」と出してくれた、キーマカレー

     160913-7.jpg
・豆粉で作る薄焼き煎餅「パパド」

     160913-8.jpg
・ホットチャイと、食べかけだがインドのリオレ「キール」

 これ全部で税込1,030円、もう一度云う1,030円です(笑)。「この後、何か宗教の勧誘でもあるのか?」と疑いたくなる位に安く、突き抜けている(笑)。
 サラダに入った人参は意外にも生、無問題で食べられるのですね(笑)、驚いたのは「ラッサム」に梅干が入っていた事、インド5000年の歴史は日本2700年?の歴史と融合した(笑)、それはともかくとして酸味を強調させるために、梅干を使ったセンスはこの料理人只者でないなと思った。
 ビリヤニは安定した美味しさだが、サービスで出たキーマカレーがよかった、このサービスは日によって違い、混雑時には出ない事もあるので、行くなら平日開店一番が狙い目(笑)。
 途中、ライタがなくなったのを見た店員が、「お替わりは?」と聞いて来たのでお願いした、ビリヤニにライタが約束なのは、何度か食べている内に理解した、これがあると味が単調にならず、量があっても食べられる。

 隣席はインド系と見えるビジネスマンらしき男性二人、彼等の食べ方を見ていると、「インド人は手で食べる」とも聞いた事あるが、ちゃんとスプーン&フォークを使っていた、この後商談ならカレー臭い手ではマズイのだろう(笑)。一人はサラダに一切手を付けず、ビリヤニも結構残していたので、無理して全部食べなくても失礼にはならないみたいだ、日本でも地方だと食べ切れない程料理が出る時あるが、無理して全部食べると「足りなかったのではないか?」と思われる事もある。
 人類の歴史上では、ご馳走とは「質より量」の時代が長く、その考え方はそう簡単には消えない、この店で次々とサービス的な品が多いのも、根底にはこうした思想?があるからかも(笑)。
 久しぶりの「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」だったが、やはりこのランチは頭一つ抜けていると思った、往復の電車賃使っても充実感は大きい、食べ終わった後も「また来たい」と思ってしまう(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

御徒町「ベジキッチン」

 上野~御徒町駅間にあるアメヤ横丁、通称「アメ横」は私が子供の頃から馴染んだ場所で、歳末になると父親に連れられ、恐ろしい位の人混みの中を、蛸や鱈子などの正月食材に買いに行った。
 社会人になってからも、勤め帰りに豆や昆布等乾物を買っていた、特に珈琲豆は地元で買うよりかなり安いので、勤めを辞めた今でも月一回位の割合で出かけている。現在は時間があるので、買物だけでは交通費が勿体ない、ついでに近辺でランチを食べる事にしているが、最近はそちらの方が楽しみになっている(笑)。

 上野・御徒町界隈でランチ処を探すとなると、フレンチ&イタリアンは殆ど無いので、どうしてもラーメン、トンカツ、カレー等から選ぶ事になる。中でもカレーはインド、ネパール、パキスタン系の人達が働く店が増えていて、「リトルインド」とでも呼びたい地域になりつつある、このブログでも取り上げた「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」や「アーンドラ・キッチン」はレベルの高い店だ。
 今回選んだ店は「ベジキッチン」で、店名のとおりベジタリアンも対応可の菜食インド料理店。調べると「ベジタリアン」と一言で括るのは難しく、動物・魚介以外はOKから、卵・乳製品・蜂蜜等一切採らない「ヴィーガン」まで多種ある、この店は基本肉・魚はNGで卵・乳製品はOK、アルコール飲料も提供するが、希望があればヴィーガンも対応可と云う姿勢みたいだ。

        160711-1.jpg

 店の場所は日比谷線仲御徒町駅近くで、昭和通りにある有名な「多慶屋」から秋葉原方面へ歩き、次の信号を左折して3本目の通り、飲食の居抜きだと思える2階建店舗で2014年の開業。
 昼11時の開店直後に入店し、1階のテーブル席に案内される、2階にも客席があり、WEB情報では1・2階合計で34席との事、とてもそうは見えないが(笑)。

     160711-2.jpg

 ベジタブルのインド料理店は多分初体験なのでメニュー選択に迷う、ランチセットはカレー1種の750円(税込)からあるが、せっかくだから種類を食べてみたい、「南インドランチ」(1,300円)か「ベジキッチンセット」(1,350円)で迷うが、「ほうれん草ナン」とデザートが付く事に惹かれて、後者をお願いする。

     160711-3.jpg

 カレーはホワイドボードに記されたものから3種選べるがよく判らない(笑)、あとは勘で「5種類の豆」「蒸したジャガイモ」「南インドの野菜」の3つを選んだ。
 店員はインド・ネパール系(たぶん)の4人でそのうち3人が厨房担当、話し声が大きく結構騒がしい(笑)。TV画面ではショップチャンネルをやっていたが、何時の間にかインド舞踏のビデオに変わっていた、これ他店でも見たパターン(笑)。

        160711-4.jpg
 まずはサラダからで、インド料理店ではお馴染みのサウザン・ドレッシングではなく醤油味、まあこれはいたって普通。

     160711-5.jpg
 そして登場したのがベジキッチンセット

        160711-6.jpg
 精進カレー3種、下からジャガイモ、野菜、豆だと思う

     160711-7.jpg
 ほうれん草ナンの上に乗るのはパパド

        160711-8.jpg
 パスマティライス

        160711-9.jpg
 セリモナ粉のデザート

        160711-10.jpg
 ホットチャイ

 本来ならミールスみたいに、盆の中でパパドやナンを千切りながら手で食べるのだろうが、手で混ぜるのは勇気が要る(笑)、日本的にナンを千切りカレーに付ける方法で食べた、ナンはあまり膨らまないタイプで歯応えあり、カレーはどれも美味しかったが、特に気に入ったのが5種類の豆を使ったダルカレー、次がジャガイモで野菜か。肉がないのに結構ボリューム感あるが、難を云えば味が少々単調、カレー1種だと飽きるかも知れない、2種類以上のカレーセットを頼んだ方が良さそう。
 セリモナ粉で作ったデザートは「甘くしたポレンタ」みたいで、なかなか美味、ホットチャイも濃くて好みだった。
 全体的には満足したが、以前ブログ記事にした、この店からそう離れていない「アーンドラ・キッチン」の「ランチ・ミールス」(1,290円)と比較すると、肉断ちをしていない凡俗な私には、どうしてもあちらに惹かれてしまう(笑)。でも肉嫌いの人も居るし、「今日は肉食べたくない」と思う日もある、暑く湿気の多い日本の夏に素麺ばかりでは身体が持たないから、インド4千年の知恵で生まれた精進なら元気になれそうだ(笑)。

 なおこの店主は、昭和通りを挟んだ近くの、通称「ひすいアベニュー」沿いにある、菜食インド料理「ヴェジハーブサーガ」の出身との事なので、そちらも近々訪問したいと思っている、上野・御徒町・秋葉原カレーランチ行脚はまだまだ続く(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

御徒町「アーンドラ・キッチン」

 この日も上野で用事があり、何処かでランチを食べてと思ったが、「山家」と「キエチュード」は先日行ったばかり、ラーメンを食べたいと思う日ではなく(笑)、そうするとこのブログではお馴染みの、「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」のビリヤニかな?と思ったのだが、ブロガーの宿命みたいなもので、過去何回か取り上げた店&料理は、どうも気乗りがしない(笑)。
 出かける前に「上野には他にもインド料理がある筈」と思いWEB検索したら、これが沢山出て来た(笑)、上野~秋葉原間は東京でもインド・パキスタン・ネパール系料理の激戦地になっているが、その中でも一番人気の店が「アーンドラ・キッチン」だった、取りあえず此処に行ってみる事にした、もし満席だったら近くには別のインド料理店もある。
 店の場所は上野よりJR御徒町駅に近い、この店がある辺りは昔から宝石・貴金属類の問屋・販売店が多く、宝石取引をするスリランカやインド系の人達向けの現地料理店があった、それが一時殆ど無くなり隣の秋葉原へ移っていた、これは秋葉原にIT関連のインド人が、多数働く様になったからとの説があったが、実際にそうだったのかは不明。その後再び上野~御徒町駅近辺にインド系料理店が増加している。

        160621-1.jpg

 開店時間は11時15分と云う中途な時間で、これに合わせて店前に行くと、まだ開いていなくて客だけが居た、そのまま待っていたら地下から店員が出て来て開店し、同時に3組が入店した。

     160621-2.jpg

 店奥の厨房に近い席に案内される、厨房内はインド・ネパール系の男性2人、店内は日本人男性が1人で対応する。
 WEBではこの店では「ミールスを食べるべき」との情報があった。「ミールス」について本気で説明すると長くなるから(笑)、ごく簡単に留めるが、主にインド南部で昼に食べられている盆に盛った「定食」の事。米やチャパティを数種のカレーと共に食べるのだが、食べる側の好みにより盆の上で混ぜるのが特徴、インドではバナナの葉を器にする地域も多い。

     160621-3.jpg
 その「ランチ・ミールス」(税込1,290円)を含めてランチは5種類、でも迷わずにミールスをお願いする事にした。

        160621-4.jpg
 厳格なインド料理店では禁アルコールの店もあるそうだが、此処は冷蔵庫の中にインドビールやインドワインらしき瓶があった。

        160621-5.jpg
 先に出て来たのがラッシー、本当はチャイを飲みたかったが、ランチ時提供はラッシーだけみたいだ、日本人向けにはカルピスを入れると聞いた事あるが、この店は不明(笑)。

     160621-6.jpg
 そして登場したのがミールスだ、真ん中にある白い薄焼き煎餅みたいな物がパパド、その下にチャパティ、よく見えないがパスマティマライスとインドの漬物ピッケルもある。

        160621-7.jpg
 カレー3種で、下からチキン、野菜、羊肉

        160621-8.jpg
 合っているかどうか不安だが(笑)、下からサンバル、ラッサム、ポリヤルだと思う。

 ミールスの正調な食べ方は、盆(ターリ)の中でライス&チャパティの上にパパドを細かく割り、そこへ小鉢(カトリ)に入っている各種カレーを、自分の好みで少しずつ加えて混ぜる、本場では手でやるそうだが、日本では手で食べるのは少々勇気が要る、周りを見回しても皆スプーンでやっているので、私もそれに倣った(笑)。
 日本のカレーライスみたいに、長時間煮込んで素材が手を繋ぎ合った味ではなく、食材、スパイス、チャパティ、ライスがそれぞれの特徴を主張し口中に入った後に混ざる印象、刺激があるのと同時に、自分の配合で味の変化が作れるのが面白い、食べ終わりまで飽きさせない。
 感覚的には韓国の「ビビンバ」に近いが、日本にはこうした食べ物はないと思う、もっとも、おかずからご飯まで全部一度に卓上に並べる旅館食は、形態的には「ミールス」と云えない事もないが(笑)。

 パスマティライスがなくなる頃には、「ライスお替わりいかがですか?」と訊いて来るしラッサムの追加もあった、インド系の人達の陽気な対応とは違うが、客席の進行状況を把握する男性のサービスは、なかなか優れたものだった。
 12時前には店内はほぼ満席に、1,290円のランチはサラリーマンには高額だが、内容は十分満足出来た。これなら「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」のビリヤニランチ(1,030円)と甲乙付け難いと思った、値段のお得さと店の雰囲気なら「ビリヤニ」、多彩で充実感ある食印象なら此処の「ミールス」と云う感じ、どちらも捨て難い。
 「カレーが食べたくなったら、上野&御徒町へ行きなさい」と云いたい(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

東上野「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」(2016年1月)

 俳句の季語なら「カレー」は夏で、「カレーうどん」は冬ではないか?と勝手に考えているのだが(笑)、私の場合は寒いと辛い物が食べたくなる。ただWEB上のこの記事を読むと、寒い季節に「カレーが食べたい」と思うのは、身体的にはあまりいい兆候ではないそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/9759260/
 まあ、あまり気にしない事にして(笑)、平日休みのこの日、足立税務署に還付申告に行ったのだが、これまでの暖冬をリベンジするみたいに寒い日で、刺激のある物が食べたくなった。最初思い付いたのは、此処からそう離れていない「鶴亀飯店」の担担麺だった、足が向かいかけたが「今日は麺ではない気分」と思い直し、「そうだ上野なら近い、あのビリヤニが食べたい」と閃いた(笑)。
 このブログでも紹介した、東上野の「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」へ向かう事にした、北千住から上野ならJRでも行けるが、地下鉄日比谷線の方が出てからが近い。

        160129-1.jpg

 11時の開店直後の一番客になってしまった、後から他の客がやって来れば、何でもないが、この日みたいに暫くの間一人だとあまり居心地はよくない(笑)。
 一応メニューを見るが、この日は「ビリヤニを食べる」と決めていたので初志貫徹、ただ前回は「柔らかラムビリヤニ」だったので、今回は「ホクホクチキンビリヤニ」にした、選べる辛さは中辛で、セットドリンクはホットチャイをお願いする。

        160129-2.jpg
 店内奥ではいつもの様に、大型プロジェクターでちょっと怪しげなインド舞踏を映している(笑)。

        160129-3.jpg
・まずはサラダから、お馴染サウザンドレンシングに辛みのあるスパイスが加わる。

        160129-4.jpg
・サービスのダル(豆)スープ、前回は一皿ずつ運んで来たが、今回は一緒だった。

     160129-5.jpg
・ホクホクチキンビリヤニ

        160129-6.jpg
・ビリヤニにはお約束の塩味ヨーグルトの「ライタ」

     160129-7.jpg
・サービスで、緑豆で作る「パパド」

        160129-8.jpg
・温かい甘い米のデザート「キール」

        160129-9.jpg
・ホットチャイ

 前回ビリヤニを注文した時は、これにキーマカレーがサービスで付いたが、今回は無かった、「おまけ」はその日によって変わるみたいだ(笑)。
 チキンビリヤニは、この店で他の客が一番注文しているラムビリヤニと比べると、軽くスパイスも控え目で食べ易い印象、午後から仕事のある人はこちらの方が向いていそう(笑)、おそらくは具とパスマティ米を一緒に炊くのではなく、それぞれの煮込みに炊いた米を合わせているのだと思う、でも十分美味しいし、ランチタイムにビリヤニが食べられるのはありがたい。
 初めはビリヤニにライタを合わせる意味がわからなかったが、これがラーメンに胡椒や、饂飩に七味とは逆の意味の「味変アイテム」なのだと理解した、スパイスを中和させて最後まで飽きずに食べられる。

 パパド、キール、チャイもちゃんと作ってある、厨房にはコックコート姿の外国人が3人見えた、最近はインドよりパキスタンやネパールの人が殆どだと聞くが、彼等を雇う人件費が安いとは言え、このマンパワーの充実は羨ましい(笑)。
 毎回ながらお腹一杯になりました、これで税込1,030円は何度体験しても安いと思う、最近意識して千円前後のランチ店を回っているのだが、今の処は此処と「ビストロ・アバ」(本郷)、「川国志」(春日)が私の活動エリアではベスト3(笑)。

     160129-10.jpg

 帰りも北千住乗換で帰ったのだが、北千住駅構内に「東京カレー屋名店会」なるフードコートが出来ていた、これは都内のカレー有名店が同一店舗で、各自のカレーを提供する形態店で、秋葉原、池袋、有楽町や東京ソラマチにも出来ている、この北千住店にも次々と客がやって来ていた。
 どうやらカレーはラーメンに次いで日本人の国民食になったみたいだ(笑)、それならと、これからこの業界に参入しようとしても、これだけ競合店が増えてしまったので、当てるのは相当厳しいかも知れないが・・。 

  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

札幌「Curry Power パンチ」(2015札幌食べ続け①)

 毎年恒例になった「札幌食べ続け」だが、今年は10月末になってしまい、秋から冬に替わろうとする季節、観光には向かないかも知れないが、食材は一年で一番旨味を増す時期だ。
 「無駄なお金は使わない、その分は食べる物に回す」がモットー?の私は、今回もLCC(格安航空会社)&安ホテル(笑)で行程を組む事にする。成田空港では急増するLCC向けに、今年第3ターミナルが開業した、今回初利用となるのでそのレポも含めたい。
 いつもどおり、京成電鉄(勿論スカイライナーではない)で「空港第2ターミナル」駅で下車、連絡バスもあるが今後のために場所を覚えておこうと、案内に従い第3ターミナルまで徒歩で向かう、この通路が事前情報どおりお金をかけていなくて、チープ感が漂っている(笑)、昔の小学校校舎と体育館をつなぐ「渡り廊下」みたいな感じ、此処を延々と歩く、私は普段よく歩いているので何とか行けたが、あまり歩かない高齢者には結構キツイかも知れない。

        151025-1.jpg

     151025-2.jpg

 歩く事15分、やっと着いた第3ターミナル、ここも噂どおりのチープな造りで、バブル時代にこんな建物造ったら相当非難されていた筈だが、今は「簡素で判りやすい」とデザイン賞を受ける、時代は変わったなと思う(笑)。個人的には安く行けるのならこれで十分だが。

     151025-3.jpg

 国内線出発は2階、このゲートへ行くまでにまた歩く、こうなるとロールプレイングゲームみたいだ、LCCの発着は遅れがちなので、ソファーは横になれる仕様にしてある。無機質なゲート内に並んだ「ガチャガチャ」がとてもシュールでSF映画的だった(笑)。

     151025-4.jpg
 飛行機に乗るための通路?もやはりチープ(笑)。

 新千歳空港着は12時過ぎ、そこからJRで札幌駅に向かって降りると13時を過ぎていた。ホテルには向かわず地図上を北上し、北15条にあるスープカレーの店「Curry Power パンチ」へ向かう事にした、昨年10月に開業し、今回食旅行の目的の一つだった店だ。
 店主はU君で、彼はこの店からそう離れていない某国立大学の、あまりの居心地の良さに8年間も在籍し(笑)、卒業後も札幌を忘れ難く戻って来て、遂にはカレー店まで出してしまった。私は共通の知人が居た事から知り合いになり、短期間だがフランスのレストランを一緒に回った事もある、その彼が店主ならば、行かない訳にはいかない(笑)。

        151025-5.jpg

 店は広い通りに面しているが、ラーメン店が隣にある他は何もない住宅地、客は殆どが車で来る、そのための駐車場は3台分確保している。入店は13時半、U君に挨拶しカウンター席に座らせてもらうが、この時間まで何も食べていなかったので、相当お腹が減って来た(笑)。

     151025-6.jpg

 メニューは9種類で、スープが3種(ノーマル、梅、イカスミ)から選べ、辛さとライスの量は各自が決める、私は事前情報で画像を見て「旨そう」と訴えるものがあった、「うまうまつくねベジタブル」をノーマルスープ、ジャブ(中辛)、普通盛ライスでお願いする事にした、これだと970円になる。

        151025-7.jpg
 テーブル上にはスプーン、フェーク、ナイフが置かれ客が各自で準備する、「L’AS」みたいなやり方だ(笑)。

        151025-8.jpg

 出来上がった「うまうまつくねベジタブル」カレー、まずはスープを啜るが、意外な程あっさりとしていて和風、ベースは鶏と昆布みたいだ、そこへスープカレー特有のスパイスが各種加わり、日本人とインド人が握手する(笑)。

        151025-9.jpg

 つくねは柔らか目でふっくらと仕上げてあり「鶏つみれ鍋」みたいな感覚、そして東京で食べるスープカレーと札幌スープカレーが最も違うのが野菜の質、旨味があって味が濃く、カレーの強さに負けない。

        151025-10.jpg

 ご飯はカレースープに合わせて、硬めに炊いてある、後から来た北大生は「特盛」を頼んでいたが、あれは人間の食べる量ではない(笑)。
 たぶんスープカレーが札幌で始まった頃は、こうした和風な味付けだったのだと推測する、それがリピーターや若い層にも受ける様、味や濃度を変えるうちに、スープタイプではないカレーと差異がなくなって行ったのでは?と思った。
 失礼ながら予想していたよりずっと美味しかった(笑)、U君ご馳走様でした。この味をコンスタントに出していれば大丈夫でしょう、子供からお年寄りまで楽しめる普遍性がある。
 すっかり気に入った私は、この2日後にもまた店を利用するのだが、それはまた別の記事で(笑)。


  1. [ edit ]
  2. カレー・エスニック料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -