最後の晩餐にはまだ早い


麻布十番「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」(2016年3月)

 去年新規訪問した店の中では、料理とデザートが鮮烈だった点で三指に入れたいのが、麻布十番のイタリア料理「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」、ようやく2回目の訪問が出来た。
 今の東京は次々と新店が登場するので、定期的に訪れていた店に「行ってみたい店」を加えると、次の訪問が前回から1年以上経っていたと云う事もありがちだ、更には「今度行こう」と思っていたら、何時の間に閉店していたと云うケースもある(笑)。それだけ店の数に客の数が足りていなくて、熾烈な競争状態になっている。これからは決まった数の客を取り合うのではなく、今までレストランに来なかった客層を開拓する必要がありそうだ、少ないながら「子連れ客OK」の店も現れているのは、店側がそうした点を考慮して来たのだと思う。

 前回は予約しないでフリの訪問だったが、今回は前日に予約して行く事に。花粉症が酷くてマスクをしていたが、ガラス入りドアの前に立っただけで、オーナー兼サービスの渡邉氏が気付いてくれた、さすがは高級店の青山「サバティーニ」出身だけあって、一度でも来た客を忘れていない(笑)、プロは顔だけでなく身体全体の雰囲気で覚えるらしい。
 厨房に近い席に案内されて内野料理長に挨拶する、今回も前回同様に通常のランチメニューではなく「おまかせ」で事前にお願いをしていた、その内容は以下のとおり、

     160402-1.jpg
・アーティチョークの世界

        160402-2.jpg
・ローマ近郊の白、ソーヴィニヨン種

        160402-3.jpg
・マテ貝と白いんげん豆

     160402-4.jpg
・香草を巻いた豚のロースト、ポルケッタ

     160402-5.jpg
・オーナーが見せてくれた、一本焼き上がった状態

        160402-6.jpg
・桜海老と蕗の薹、ドライトマトのスパゲッティ

     160402-7.jpg
・苺のスープに溺れた水牛のモッツァレラ・

        160402-8.jpg
・チョコレートのヴァリエーション

        160402-9.jpg
・エスプレッソとキャラメル(もう一品あったが画像撮り忘れ)

 アーティチョークは伊語で「カルチョーフィ(Carciofi)」、ウィキペディアによると15世紀のナポリ近辺で本格的に栽培が開始され、その後ヨーロッパ全土に広がったとあるので、イタリアが本家本元になる、アスパラガスと同じく春を告げる野菜、フリットがまるで筍の天ぷらみたいで「春が来た」と思った(笑)。続くマテ貝と白いんげんの料理は野菜の扱いが秀逸。
 肉料理は豚の三枚肉をロール状に巻き、蜂蜜と白ビネガーで調味しながらローストしたと聞く、あとで夜用に焼いたものを見せてくれたが、この艶は頬ずりしたい程(笑)。古代ローマ時代には蜂蜜をよく料理に使ったと文献で読んだが、この料理も古代にルーツを辿れるのかも知れない。味は酢豚みたいに甘味と酸味のバランスで豚脂身の旨さを引き立たせる料理、添えられた野菜も美味だし、何を食べさせたいのか明確で「こんな料理が食べたかった」と思わず膝を打ちたくなる(笑)。
 これで終わりかな?と思っていたら、通常のイタリア料理の順番をあえて外して出たのが桜海老と蕗の薹のパスタ、海老の出汁が細いスパゲッティーに絡まり病み付きになりそうに旨い、乾麺でこれだけ感嘆したのは初めてかも知れない(笑)。
 ドルチェが美味しいのも特筆すべきで、この日の2品は客単価2万位の高級店で出しても通用しそうと思った、内野料理長が全て作るそうだが、優れた料理人脳とパティシェ脳を両方持てる人は意外に少ないものだ。

 内野拓料理長は1980年生れ、調理師学校は出ておらずイタリアでの修行歴もない、学生時代にアルバイトで飲食に関わった事から料理に興味を持ち、青山「サバティーニ」で料理人歴をスタート、そこでサービスをしていた渡邉氏と出会い、この店をオープンして5年になる。
 マンガが大好きで尊敬する人は鳥山明と公言するこの料理人、ポロシャツを着て料理する姿は現在でもアルバイト学生に見えなくもない(笑)、決して広いとは言えない厨房で作るのは、人真似でなく皿の上で小さくチマチマとしない料理とドルチェ、何か突き抜けているものを感じさせる、これは新世代の新感覚料理人が現れたなと思う (笑)。
 独立するにあたって、内野氏をパートナーに選んだオーナーの渡邉氏の眼力も凄い、前回来た時はこの料理人の実力ならピッツェリアではなく、十分リストランテで通用する筈だが?と思ったのだが、今回少し考えを改めた、1,000円のピッツァランチも出すし、客の要望次第ではこうした本格的なメニューも同時進行で対応できる柔軟性、これから東京で生き残るのは、こうした店なのかも知れないと思った。

        160402-10.jpg

 レストランでは初回の訪問で良くても、再訪問では「前回の方が良かったな」と思う事は多い、これはファーストインプレッションの新鮮さを超える事が難しいからではと思うのだが、今回再訪問して前回の料理印象を更に上回った、それだけこの料理人には将来性がありそう、現在第二店も計画中との事で、今後ますます楽しみな店になると思う、「グリグリ」「コティディアン」もあるし、やはり麻布十番に住みたい(笑)。


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

亀有「イタリ家食堂マルショ」

 葛飾西亀有にある「イタリ家食堂マルショ」は、2013年の11月に開業した地域密着型のイタリア料理店、店主と奥様(たぶん)二人で営まれている。
 亀有のイタリア料理店は、このブログでも何回か取り上げた「ティア・ブランカ」があるが、名前が知られると共に人気が上昇、特にランチタイムは地元のママさん達の集会所みたいになっていたので、足が遠のいてしまった。ベビーカーが並ぶ中で、中年親父が独りでパスタを食べているのは、正直云うと落ち着かなかった(笑)。
 超少子化時代に外食機会が少ない子育てママは応援したいが、それでも自分がその中に入ると「部外者」になってしまうので、これは遠慮した方がいいのかなと云う気持ちになる、この辺がサラリーマン&OLが客対象でない下町地域の外食、特にヨコメシ系店の難しい処だ。
 更に言うと、千円ランチをやればそれなりに客は入る、ただ殆どの人は水しか飲まない、客単価千円で20人来客があっても2万円の収入、そこから原材料費と人を雇っているなら人件費引いたら、利益は何千円でしかない、それならランチ営業は止め、夜から深夜営業にシフトして、アルコール類を飲んでもらい、客単価を上げようとする店も増えている、経営者としては正しい判断だと思う。
 そんな背景もあり、ランチ営業しているフレンチ&イタリアンを見つけるのは、特に下町地区では難しいのだが、この「マルショ」はたまたまWEB上で知った店、我家から自転車で行ける距離なので、平日休みにフリで訪れてみた。

        160121-1.jpg

 店の場所は常磐線亀有駅南口から綾瀬方面へ向かう途中、徒歩だと結構あるし、こう云っては失礼ながら、電車賃を払って来る客より地元客を想定していると思う、近くには意外な程に洒落たブランジェリーやカフェも開店しているので、亀有も昔と随分変わったと思う(笑)。
 店前にはチャイルドシートを取り付けた自転車が数台、「この店にも、やはりママさん集団?」と一瞬不安も覚えたがドアを開ける。
 店は手前にカウンター席とキッチン、奥は一段高くなっていてテーブル席がある、元は寿司屋か居酒屋だったのだろうか?

        160121-2.jpg

 先客はカウンター席に女性3人、奥のテーブル席に2人で、後から2人やって来た、予想どおり全員女性、ただ皆さん割と静かに食事をしているので、この中なら男子一人でも何とか気後れしないで済みそうだ(笑)、カウンター席に座らせてもらう。
 ランチセット(税込1,000円)は、サラダ+前菜盛り合せ+4種類のパスタorドリアから1品+コーヒー、これにランチケーキ(200円)を追加注文した。

        160121-3.jpg
・店の名前が入った特注カトラリーと、犬?の足跡をデザインしたレスト

     160121-4.jpg
・サラダと前菜盛り合せ

        160121-5.jpg
・スパゲッティボローニャ

        160121-6.jpg
・ミルクレープ

        160121-7.jpg
・コーヒー

 アンティパストミストは、この値段だから原価の高い物は使えないが、意外に盛り沢山で味も悪くない、いい加減に作ったものではない。
 続くボロネーゼは割と軽く仕上げてあり、日本の洋食屋で出る様なミートソースとは違う、残念ながら私はイタリアに行った事がないので、本場のボロネーゼがどんな物か知らないのだが、おそらくはこの店みたいな毎日でも食べられる、日常的な物ではないかと思う、最初は少し味が薄いかなと思ったが、食べ終わる頃には丁度いい塩梅だった(笑)。
 ドルチェまで作っているのかは不明だが、これはまあ普通でした、この値段なら文句は言えない(笑)、コーヒーは美味しかった。

 渋い雰囲気の漂う店主は40~50才位だろうか?前菜+パスタを食べただけだが、料理は真っ当で食べて美味しい、「なんちゃってイタリアン」では決してない(笑)。おそらくは何処かのイタリア料理店で働いていたのだと想像する、店のWEBページでは「"Marusho"(マルショ)とは店主の名前の一部からとったもので、全く深い意味はありません」とあるので、「丸」の字が付く名前みたいだ。
 客単価の望めないランチタイムも営業し、千円前後で提供しているのは、「食堂」を店名にしている事からも、地域に根付いて続けようとしているからではないか、こうした店はつい応援したくなってしまう(笑)、近くにあれば日常的に利用したい店だ。

     160121-8.jpg

 以前にもブログに書いたが、駅一つ毎に良いビストロとトラットリア、そして良いパン屋があれば、東京はもっといい街になると思うし、これからそうなる事を期待したいものだ。


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

麻布十番「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」

 南千住(浅草)のイタリア料理「パスティチェリア・バール・アルテ」がランチタイム営業を止めてからは、まともなイタリア料理店に行っていないなと、ずっと思っていた。イタリア料理で食べたいと思うのは、まず生パスタだが、調べてみると提供している店は意外に少ない、自家製だと原価はともかく手間がかかり過ぎるので、特にランチタイムには提供し難いと云う店側の事情があると思う。往復電車賃を払ってまで、茹でた乾麺を食べるのは気乗りしないので、同じ値段払うならと考えると、どうしてもフランス料理店へ行く事になってしまう。

 たまたまピッツェリアに勤めている料理人とFecebookを通じて知り合いになり、「いつか店へ行こう」と思っていたのだが、この日地下鉄に乗っている時に急に思い付いた、「そうだ、ピッツァも考えてみれば生パスタの一種(かなり強引だが)、専用釜で焼く事だし、わざわざ食べに行く価値ある筈だ」と、そのまま店へ向かう事にした、「一人だから、予約なしでも大丈夫だろう」と勝手に思い込んでしまった(笑)。

        150802-1.jpg

 店の名前は「ピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロ」、近年グルメスポットとして注目される麻布十番にある、十番商店街を六本木方面へ向かい、「豆源」がある交差点を左折してすぐの場所だ、半地下にある店舗のドアを開け、一人である事を告げると、厨房近くの席に案内された。昼前だった事もあり、予約なしでもセーフだったが、客はこの後続々と入店して来て満席になり、2回転するテーブルもあった、予想以上の繁盛店だ。
 まずは内野料理長に挨拶し、突然アポなしの訪問をお詫びする事に(笑)。その後席に戻ってメニューを眺める、ランチタイムは「Pranzo A」(税別1,000円)と「Pranzo B」(1,600円〜)の2種で、メインはパスタかピッツァのどちらかの選択になる。「どうしようか?」と悩んでいたら、それを察したのかサービスの男性が「ご希望でしたら、料理長のお任せでお出しする事も可能ですが?」と振ってきた、あとでこの人がオーナー兼サービスの渡邉氏と知ったが、そう云われたら断る理由はないと(笑)、そのお任せランチでお願いする事にした。

以下その料理を紹介したい、

        150802-2.jpg
・とうもろこしのフリット(画像ぶれています)

     150802-3.jpg
・アナゴの白焼、スモモと水ナスのサラダ、オレガノ、バルサミコ

        150802-4.jpg
・フォアグラムースのミルフィーユ、カンパリ蜂蜜

        150802-5.jpg
・ピッツァマルゲリータ

     150802-6.jpg
・ズッキーニのマリネ(ピッツァの口直し)

        150802-7.jpg
・桃のコンポートとジュレ、ソルベ、紅茶風味のグリッシーニ

     150802-8.jpg
・生チョコレートのタルトとビーツのヴァリエーション

     150802-9.jpg
・ブラッドオレンジの生キャラメルとドライいちじくのドーナッツ
・エスプレッソ

 若い料理人らしく、前菜では意欲的で斬新な料理が続く、「とうもろこしのフリット」は「フロリレージュ」や高橋料理長時代の「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」を連想する、次のアナゴ料理は夏向けで和食的な一品、フォアグラは現代スペインや北欧調の料理だ。
 専任のピッツァイオーロ(ピッツァ職人)が本格的な石窯で焼いたのは、ローマ風の「マルゲリータ」、この店はローマ風ピッツァを提供するが、ナポリと比べると生地が薄く平べったく硬めだ、ウェットなナポリに対してドライなローマと云う印象、特徴を一言でなら「都会的な軽さ」だろうか。定番のマルゲリータに使ったのは永田農法による緑健トマトと、イタリアから直輸入したモッツアレラ、特にトマトは鮮烈な酸味と旨味で、これは「イタリア人もビックリ」の味だと思った(笑)。
 特筆すべきはドルチェが良かった事、パティシェは置かず料理長が考えて作るそうだが、最近のフランス料理店で出る、細部に凝り過ぎた物ではなく、美味しさが直球で到達する、特にチョコレート&ビーツの一品は秀逸だった。

 サービスを担当するのがオーナーの渡邉氏で、内野料理長とは「サバティーニ青山」時代からのコンビとの事、この人「うちはピザ屋ですから」と謙遜するが、ただのピザ屋の親父ではない(笑)、肩の凝らないカジュアルな応対ながら、店内と客に気を配りツボを抑えた接客は、久し振りにプロのサービスマンらしい人物に出会ったと思った。
 経験豊富なサービス出身のオーナーと、研究心旺盛な若手料理人のコンビは、富士宮の「Bio-s」等もそうだが、店としていい結果を生む事が多いと思う。若い料理人はアイデアは溢れていても、それを実現する場所も資金も不足しがちだ。

        150802-10.jpg

 この店は「ピッツェリア」を名乗っているが、実力は充分リストランテだ、また行ってみたいし、現状で留まらずに次のステップも期待出来そう、在京グルメ達はマークすべき店だ。
 なお店名の「ジャニコロ」とは、ローマにある七つの丘の一つで、レスピーギの交響詩「ローマの松」中の第三曲「ジャニコロの松」でも知られている。
 それにしても麻布十番はいい店があり過ぎる、何とか宝くじを当て、近くへ引っ越したいものだ(笑)。



  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

綾瀬「イタリア食堂‘チャオCiao!!’」

 今回紹介するのは、地元に最近出来た生パスタを提供するイタリア料理店で、料理はともかく(笑)、サービスがとても良かったので、記事にしようと思った。
 店の場所は地下鉄千代田線綾瀬駅東口を出て南へ進み、居酒屋が並んだ道を出た場所にある。一階はわりと名前の知られたタイ料理店でその2階、「前は何の店だっけ?」と考えたのだが、どうしても思い出せない(笑)、飲食ではなかったかも知れない。

      150709-1.jpg

 店の入口に貼ってあった「生パスタ ランチメニュー」に惹かれて入った、市販の乾麺を使うパスタ専門店は地元にもあるが、生麺を使う店は珍しかったからだ。
 2階の扉を開くと、他にお客が居たので一安心(笑)、サービス担当の若い女性に一人である事を告げると、「お好きな席でどうぞ」と云われたので、窓側の2人席に座る事に、店内は意外に広く40席以上ありそうだ。

      150709-2.jpg

 席には本日のランチメニューを書いた紙が置いてある、それによると生パスタは、「オリーブオイルソース」「トマトソース」「クリームソース」「その他」の4分野に別れ、パスタ+ドリンクだと850円(税込)、それにサラダ、スープ、パンが加わると1,000円になる。
 何にしようか迷ったが、この店の生パスタの食感がどんなだかを知りたかったので、シンプルなオイル系ソースから「真あじとしし唐のアーリオオーリオ」を1,000円のセットで、更には「本日のデザート」(150円)もお願いする事にした。

      150709-3.jpg

 テーブル上には空瓶を使ってナイフ、フォーク、スプーンに加え箸まで入れてある、こうした処で箸を出す店が増えているが、ここは下町だしいい事だと思う。

      150709-4.jpg
 
 まず運ばれて来たのが、ひと皿の上に生野菜、パン、カップに入れた人参スープを盛った一皿、成程これなら食器をあまり使わなくて済む、いいアイディアだと思う(笑)。サラダにかかったドレッシングは酸味を効かせたタイプ、パンは自家製ではないと思うが普通に美味しい、人参スープも量は少ないながら味は良かった。

     150709-5.jpg

 続いて運ばれて来たのが「真あじとしし唐のアーリオオーリオ」、オーバル皿に盛られていて乾麺なら100g位か、まずは麺から食べてみるが結構太い、1.9mm位はありそうだ、まず噛んでみると「もちっと」した食感が強い、過去イタリア料理店で食べたパスタフレスカとは違う、どちらかといえば饂飩に近い感覚、でもこれはこれで悪くない(笑)。シンプルなソースは難しいのだが、鯵としし唐を使った味のバランスは及第点を付けられる、ただこの麺だとやはりクリーム系か肉系のソースに合いそうだ。確認した訳ではないが、おそらく店で作っているのではなく仕入れた麺ではないだろうか?

     150709-6.jpg

 デザートは「自家製」との説明があったチーズケーキ、これは「普通」でした(笑)。

      150709-7.jpg

 コーヒーはイタリア料理店でよく出て来るタイプ、デロンギのマシーンを使っているのかも知れない、値段の割には良かった。

 以上で合計1,150円、ブログに書いた「ハリム・ケバブ・ビリヤニ」みたいな破壊的?ランチと比べたら見劣りするかも知れないが、でもよく頑張っていると思う。
 料理とは直接関係ないが、ここのサービス担当の若い女性がとても気の付く人で、「パスタの量大丈夫でした?」「今日は雨の中いらしていただいて、ありがとうございました」等、邪魔にならない程度に話しかけて来る、この人は頭の天辺の斜め後ろ辺りから出て来るみたいな高い声、俗に言う「アニメ声」なのだが(笑)、この声でサービスされるのは、なかなかいい(笑)、綾瀬に置いておくのは勿体ない逸材、私が業界関係者なら思わずスカウトしたくなりそう(笑)。
 お金を払って店を出て行く時には、階段の上から「本日はありがとうございました、またいらしてください」と見送りまでしてくれた、千円ランチでここまでしてもらうと、かえって恐縮してしまう(笑)。

      150709-8.jpg

 飲食店の人材不足が指摘されるが、特にサービスの分野でその傾向が大きい、「この人のサービスなら、また此処へ来たい」と思わせる店が少なくなった、こちらが歳を取って感動に鈍くなったせいもあるが、昔に比べると相手の「個」が感じられず、事務的で無感動なサービスに当たる事が多くなった、でもこの日はとても気持ちのいいランチになった、彼女が居るならまた来てみたいと思ったし、飲食店で客にこう思わせるのは大事だ(笑)。
 


  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

南千住「パスティチェリア・バール・アルテ」(2014年11月)

 亀有のイタリア料理店「ティア・ブランカ」へ行った後は、同じ下町イタリアン繋がりで南千住(山谷)の「パスティチェリア・バール・アルテ」にも行ってみたくなった(笑)、私は基本的にイタリア料理よりフランス料理派だが、住んでいる城北地区にはフランス料理店は希少で、バルみたいな店はあっても夜だけ営業が殆どだ、それなので家から近くてランチタイムのヨコメシとなるとイタリア料理店へ行く事になる、行くからには「なんちゃってイタリアン」では困るから(笑)、本格的な店となるとやはりこの「アルテ」しかない。
 いつもどおり地下鉄日比谷線南千住駅で降りる、「地下鉄」だけれど南千住近辺では高架上を走るので文字どおり「降りる」事になる(笑)、スカイツリー方向に向かって歩くが、毎度の事ながら泪橋交差点の辺りは外国人が多い、1泊2~3,000円代の格安ホテルが点在しているからで、最近は英語表記の看板も出ている。円安のため世界中から観光客がやって来る現在の東京だが、日本人があまり「安全地帯」と思わない山谷界隈でも、世界の中では結構安全な街に見えるみたいだ、実際に歩いても今は特に心配のないエリア、でも午前中から怪しげなスナックが営業していて、大声張り上げカラオケをやっているのは「普通」ではないかも知れないが(笑)。

 12時少し前に店に到着しテーブル席に座るが、この日は女性客にデザートが増える「レディーズ・デイ」だったせいか、この後女性中心に来客が続きテーブル席は殆ど埋まった。
 奥様からメニューを渡されるが、後から出て来た相越料理長から「宜しかったら、おまかせでお出ししますが」との提案で、それでお願いする事にした(笑)。
 出てきたのは以下の料理、

 
     141121-1.jpg
・自家製カポコッロ(プーリア州の豚首肉のハム)とサルシッチャ

        141121-2.jpg
・秋刀魚のベッカフィーコ

        141121-3.jpg
・牛スジのペポーゾのストランゴッツィ

     141121-4.jpg
・カポネット(イタリア風ロールキャベツ)

        141121-5.jpg
・ドルチェミスト(チョコレートのポネ、ティラミス、カスタニャッチョ)

        141121-6.jpg
・エスプレッソ

 まず料理の色からして玄人向け(笑)、茶色ばっかりで日本人がイメージするイタリア料理とは相当違う。トマトの赤、ルッコラやイタリアンパセリの緑、パスタやモッツァレラの白を並べトリコローレにして、上からオリーブオイルを垂らし「イタリアンの一丁上がり」と思っている日本人は今でもいる(笑)、そんな事を思っている人達にまず見せて食べさせたい料理だ。
 「カポコッロ」はプーリア特産の豚首肉の生ハム、料理人は文献から学び自家製で作るのだがこれが独特の歯応えで、股肉のハムより旨いのでは?と思った(笑)。次の「ベッカフィーコ」は本来鰯で作るシチリア料理だが、旬の秋刀魚を使って作る、秋刀魚の脂と香りが食欲を刺激する。
 そしてこの店一番の魅力は低廉なランチでも生パスタが味わえる事で、この日はウンブリア州のロングパスタ、卵黄を使わないタイプだがやはり饂飩とは一味違う(笑)。肉料理は「イタリア風ロールキャベツ」の名前からトマト味の煮込みを連想したが、予想とは違いスープ(ブロード)で煮たもの、北部ピエモンテ州の料理で地味な外観ながら実に滋味深い(笑)。
 ドルチェが美味しいのは、元々ケーキ店のこの店なら納得。

 失礼ながら全体的に地味でビジュアル的には冴えないが、その分食べてみてとにかく旨いとしか言い様がない、「~地方料理」に拘らず、イタリアの各地方料理の良い所取りをしているが、日本で食べるのなら地方性やオリジンにあまり拘らなくてもいいのではと、私などはアバウトに考えてしまうのだ(笑)。
 腰の整体治療がこの後に控えていたので、アルコール類は止めてナポリの炭酸水で通していたが、ワイン好きな人ならこの料理の美味しさはきっと判る筈だ、そしてドルチェ好きな人にも勿論お勧めしたい(笑)。

     141121-7.jpg

 文化啓蒙にしても宗教の布教活動にしても、それがその地に根付いて初めて「文化」や「宗教」と呼ばれる、一代で廃れたら「昔、変な奴がいたな」で終わってしまう(笑)、山谷と云う辺境の地?で、これだけ直球勝負で骨太なイタリア料理が食べられる事を、他の人にももっと知って欲しいし、私自身も定期的に通いたいなと思っている(笑)。
 最近始めたイタリア惣菜の販売も好調との事、下町のイタリア食文化発信地として、続いて欲しい店だ。



  1. [ edit ]
  2. イタリア料理
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

オンクレ・トシ

Author:オンクレ・トシ
一般的に云う「グルメブログ」ではありません、店の点数評価等はしません。食の現場に集まる「人」を描きたいと思っています、もし読んで何か不快になる事があったとしたら、筆者の表現不足によるものでしょう。
出没地域は地元の東京足立・葛飾周辺、上野、秋葉原、たまに表参道、麻布十番等。
混雑電車が苦手なのと現在失業中によりランチ行脚がメインです。更新は週2回が目標。
ブログの品位を維持するため、コメント欄は承認制にしています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -